このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
茹でた枝豆

枝豆は虫が混入している可能性が高い?虫入りの枝豆の見分け方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2022年5月 3日

ビールに枝豆は、夏の風物詩である。そんな枝豆に何やら不吉な噂が流れている。なんと高い確率で虫が潜んでいるというのだ。今回はそんな枝豆と虫の関係を大調査。枝豆にはどんな虫がいるのか?食べてしまっても大丈夫なのか?など心配事をひとつひとつ解決していきたい。

  

1. 枝豆には虫が入っている可能性が高い?

枝豆
夏に旬を迎える枝豆だが、昨今では冷凍物も多く出回っていることから、年中食べることのできる野菜のひとつに数えられる。甘みがあり、食べやすく、多くの人に愛されている食材だ。そんな枝豆に虫が潜んでいるという噂が!その実態を解説していこう。

枝豆に虫が潜む理由

そもそも枝豆は虫がつきやすい植物である。家庭菜園で枝豆を育てている人ならお分かりだと思うが、無農薬で育てると虫食いの比率はかなりものである。虫は莢に穴を開けて中に入り、そのままそこに居座ることも多い。確かに莢の中は虫にとっても安全性が高いのだ。
また枝豆は莢に収まった状態で調理をすることも多い。すなわち食べるその時まで中身を見ないことも多い。虫が潜んでいることに気がつかないのだ。

枝豆の虫の種類

アブラムシ
カメムシ
ヨウトウムシ
メイガ
これらは枝豆にいる可能性がある虫である。多くの場合は、幼虫として潜んでいるいわゆる芋虫の状態だ。しかし、莢のなかで卵を産む可能性もある。

2. 枝豆にいる虫を食べたらどうなる?

秋の熟した大豆
実際に枝豆にいる虫を気がつかずに食べているケースもないとはいい切れない。しかし、それによる健康被害が起こる危険性は極めて少ないようだ。(※1)大量に農薬を散布すれば、虫食いを食い止めることができるものの、枝豆は莢に口をつけることもあり、推奨はされていないようだ。
また枝豆は大抵の場合、茹でる炒めるなど加熱調理を行った後に食べる。虫は大抵この加熱により殺菌されているとも考えられる。

3. 枝豆に虫が入っているかの見分け方

緑の大豆
健康被害に至らないとはいえ、枝豆についた虫を食べてしまうことはなるべく避けたい。
ここでは、枝豆に虫が入っている場合の見分け方について解説をしていこう。

穴が空いていないか確認する

虫は枝豆の莢に穴を空けて侵入する。このため、枝豆に穴が空いている場合は要注意といえよう。目視で穴が確認できる枝豆は、避ける、または手で莢を開いてみるといいだろう。茶色など、変色しているものも穴が空いたことによることも考えられるので、要チェックだ。

枝豆を水につける

枝豆を洗う際、水につけると浮き上がるものがある。これは穴空きによる可能性がある。こちらも莢を開いて確認するといい。
また莢の端をハサミでカットすると水洗いしたり、茹でた際に中から虫が出やすくなる。茹でているときに浮き上がる枝豆も虫食いの可能性があるので、取り除いて莢を開けてみるといいだろう。

豆を莢から出して調理する

どうしても虫を食べたくない!という場合は、莢からすべて豆を出して調理するのがおすすめである。ただし、枝豆は莢からむくと鮮度が一気に落ちるので、食べる直前、茹でる直前にむくのが正解である。

冷凍枝豆の場合

冷凍枝豆は流水解凍や電子レンジ解凍も可能だが、虫を除去することを重視するのなら、こちらもお湯で茹でるのがおすすめである。
手間はかかるが莢の端をハサミできる、浮いたものは莢を開いてみるなどの工夫をするとより虫を除去できる可能性は高まる。

茹で枝豆の場合

スーパーなどで販売されている茹でてある枝豆の場合は、もう一度茹でると柔らかくなりすぎてしまう。この場合は、熱湯にさっとくぐらせて、浮き上がった枝豆は取り除き、莢を開いてみるといいだろう。

4. 枝豆栽培の葉の虫食い対策

枝豆
家庭菜園で枝豆を育てると虫食いがひどいことがよくわかる。虫にとっても枝豆はご馳走なのだ。
虫食い対策として効果的なのは、キレイな土を使用すること。また肥料の与えすぎで葉が大きくなると風通しが悪くなる、隠れる場所が多くなるなどの原因から、害虫被害に遭いやすいので注意が必要である。

結論

枝豆には虫食いの可能性がある。一見、恐ろしいようにも感じられるが、これはどんな野菜であっても起こりうること。自然の恵をいただくということは、そういうことなのである。枝豆に入っている虫を食べてしまっても、食中毒を起こす危険性は少ない。丁寧に下処理をして食べるといいだろう。
(参考文献)
  • ※1:帯広畜産大学「虫残存枝豆についての情報提供と消費者反応」
    https://core.ac.uk/
  • 更新日:

    2022年5月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧