このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エゾイソアイナメ

ドンコは美味しい魚?特徴とおすすめの食べ方・捌き方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2022年5月 6日

ドンコという言葉から、魚を思い出す人もいればしいたけをイメージする人もいるだろう。本記事では、魚のドンコについて説明する。魚のドンコにも淡水魚と海水魚の2種が存在し、特徴を異にしている。海水魚のドンコは肝も含めた美味しさが有名である。ドンコとはどのような特徴を持っているのか。料理法やさばき方も含めて見てみよう。

  

1. ドンコとはどんな魚?

ドンコ
ドンコと呼ばれる魚には2種ある。
  • 硬骨魚綱スズキ目ハゼ科の淡水魚
  • タラ目チゴダラ科チゴダラ属の海水魚
本記事で触れるのは後者の海水魚であるが、ドンコというのは通り名である。実際にどのような魚であるのか詳しく説明する。

ドンコの特徴

海水魚のドンコは、正式名をエゾアイナメという。北海道から九州まで広く生息する魚であるが、東北周辺に多い。ドンコという呼称のほかに、クゾウやノドグサリと呼ばれることもある。ドンコは全長が最大で40cmほどに成長し、赤褐色を呈している。膨らんだ腹部、2基の背びれが特徴である。バクテリアと共生している関係から、腹部が青白く光る性質がある。5~8月によく釣れる魚である。

ドンコの味は美味しい?

ドンコは非常に水分が多い魚であるため鮮度が落ちやすいというデメリットがある。そのぶん身も骨も柔らかい。繊維も少ないために鮮度が落ちてくると身が崩れる傾向にある。ドンコは癖のない身よりも肝の美味が愛される魚である。実際、肝を使った料理法が数多く存在する。

2. ドンコの食べ方は?おすすめ料理

鍋料理
身だけではなく肝まで美味しいドンコ。その特徴を生かして美味しく食べたいものである。海の幸の佳味を実感できるドンコのおすすめ料理を紹介する。

ドンコ汁・ドンコ鍋

ぶつ切りにしたドンコと肝を加えた汁物は、ドンコのおすすめ料理の筆頭である。味噌仕立てにしたドンコ汁や鍋は、昆布などの出汁をきかせて海鮮の美味を凝縮させてみよう。味噌仕立てのドンコ汁ならば根菜を加えて、鍋ならば豆腐やその他の魚介類も加えてじっくりと味わってほしい。

ドンコの煮付け

釣ってきたドンコの食べ方に困ったら、王道の煮付けにしてみよう。淡白な味わいのどんこも、甘辛く煮るとメリハリのきいた美味しいおかずやおつまみとなる。刺身や空揚げなど、通常の釣魚と同じような食べ方もおすすめである。

ドンコの刺身

水分が多いドンコは、釣ってすぐに刺身にするよりは昆布締めにすると身が引き締まり味わいも深くなる。肝と味噌で身を和えてタタキにすると漁師風に楽しめる。

ドンコのフライ・ムニエル

子どもがいる家庭なら、ドンコを洋風に調理すれば食べやすい。前述の唐揚げのほか、さつま揚げにしたり、あるいはシンプルにムニエルにしてもよいだろう。身が崩れないよう、鮮度が高いうちに調理するのがコツである。

3. ドンコの捌き方と注意点

ドンコ
初心者の太公望でも釣ることができるドンコは、どのようにさばけばいいのだろうか。ドンコは鱗も落としやすい魚であるため、自宅での処理も難しくない。ぬめりと鱗をしっかり落としたあとは腹部に切れ目を入れて内臓を取り出す。ドンコの場合はこの肝が美味しさの秘訣なので、傷をつけないように処理するのがコツである。頭を切断し、身の部分は3枚におろすかぶつ切りにする。

ドンコの食中毒の危険性

釣りの楽しみは病みつきになるといわれているが、注意すべき点もある。ドンコなど海の魚を釣った場合、魚に寄生している虫を摂取することで中毒になる可能性があるのだ。(※1)激しい腹痛や嘔吐を伴うこうした中毒を予防するために、ドンコは釣った後も冷蔵の状態で家に持ち帰るのが基本である。鮮度が落ちたなと感じた場合は、生食は避けて加熱することを心がけよう。いずれにしても、釣った魚は鮮度を保ち早めに消費するのが基本の基である。(※1)

4. ドンコの飼育方法

釣りをする人
同じドンコつながりで淡水魚のドンコにも触れてみよう。淡水魚のドンコは大変な美味として知られているうえ、家庭で飼育が可能な魚である。近年はブサかわいい魚として秘かなブームとなっているドンコ、川で釣るだけではなくペットショップでも購入できる。ドンコの食べ物は小エビなどの甲殻類で、上手に飼育すると10年近い寿命を保持できるという。なつく頃には人工の餌でも問題ないため、飼育も難しくない。海と川のドンコ、同名ながらまったく異なる特徴が興味深い。

結論

ドンコと呼ばれる魚には2種ある。いずれも美味しい魚であるが、海水魚のドンコは淡白な白身と美味しい肝の料理でよく知られている。夏季によく釣れるドンコは、自宅でさばいてドンコ汁や鍋にすると美味しい。水分が多い魚であるため、鮮度には注意が必要である。いっぽう淡水魚のドンコはペットとしても人気がある魚である。いずれのドンコも太公望には縁の深い魚であることでは共通しているといえるだろう。
(参考文献)
  • 更新日:

    2022年5月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧