このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
解凍した冷凍豆腐

豆腐を冷凍して美味しく食べよう!冷凍・解凍方法とおすすめ料理

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2022年8月 7日

食材の中には、冷凍不可能なものもある。豆腐もそのひとつと思っている人も多いかもしれないが、実は豆腐も冷凍できるのである。ただし、通常の豆腐とは違う食感を持つようになるため、調理時には工夫が必要である。本記事では豆腐の冷凍について、その方法や料理法を紹介する。

  

1. 豆腐を冷凍するとどうなる?

解凍した冷凍豆腐
まずは、冷凍した豆腐がどのように変化するのかを見てみよう。いつも口にする豆腐とはどのような相違があるのだろうか。

冷凍すると肉のような食感になる

冷凍した豆腐は、内部に含まれる豊富な水分が氷となり、あのふわっとした食感の維持ができなくなる。しかし、スポンジのような硬めの豆腐へと変身し、これが肉のような味わいとなるのである。この原理は、高野豆腐と同じである。高野豆腐の別名が凍り豆腐であるのも理に適っているのである。

そのまま食べるとまずい

ちなみに、冷凍した豆腐をそのまま食べようとしても、まずくて食べられないだろう。冷凍することで豆腐の内部でさまざまな変化が起き、不愉快な食感と味ばかりが目立つようになってしまうのである。冷凍した豆腐は解凍し、調理をして食べるのが基本なのである。

2. 豆腐の冷凍方法

冷凍
豆腐の冷凍は未経験という人も多いだろう。豆腐の冷凍法にはいくつかの方法がある。まずは、美味しく食べるための正しい豆腐の冷凍法を見てみよう。

豆腐をカットして冷凍

豆腐を冷凍する場合、最も一般的な方法はカットしてから冷凍庫に入れる方法である。豆腐を一口大に切り、ひとつひとつラップにくるむ。これをバットに乗せて冷凍し、固まってから保存用の袋に入れておくのである。

豆腐をペーストにして冷凍

豆腐の冷凍方法には、ペーストにするという手もある。これは、離乳食の初期から活用できるため便利である。ペースト状にして冷凍する場合には、豆腐を湯通しした後にキレイにつぶし、冷凍用の容器に入れて冷凍庫で保存する。1回分ずつの量に分けて冷凍すると便利である。

冷凍に適した豆腐の種類

豆腐には木綿と絹ごしの2種がある。冷凍に向いているのはどちらの豆腐だろうか。実はどちらの豆腐も冷凍することが可能である。木綿豆腐は、冷凍することでより高野豆腐のような趣になる。絹ごし豆腐は、湯葉の層のような食感になる。絹ごし豆腐のほうが柔らかめであるため、高齢者や幼児向きといえる。

3. 冷凍した豆腐の解凍方法

電子レンジ
冷凍した豆腐の解凍方法も覚えておこう。解凍後の豆腐をどのように料理するかによって、解凍方法も多少異なる。その方法を紹介する。

冷蔵解凍や流水解凍

解凍後の豆腐を、ナゲットやステーキなどそのままの形状で料理する場合には、冷蔵解凍や流水で解凍する方法が向いている。食感を残したい場合には、食する前日に冷蔵庫に移して解凍するとよい。ナゲットなど、形状を残したい場合は、袋ごと流水に当てて解凍するとよいだろう。

電子レンジで解凍

そぼろやひき肉のように使いたい場合には、電子レンジで解凍するとよりしっとりと肉のような食感を料理に反映できる。ラップをしたままの豆腐を皿に乗せて、片面ずつそれぞれ2分ほど加熱する。ラップをはがした豆腐を冷水に浸し、調理前に手で水分を絞る。これを手で細かくすれば、ひき肉のように使えるのである。

4. 冷凍豆腐を使ったおすすめ料理

豆腐ステーキ
肉の代わりに使える冷凍豆腐。具体的にどんな料理ができるのか、いくつかの例を紹介しよう。

冷凍豆腐のそぼろ

冷凍豆腐の美味しさは、そぼろにすると生きる。手で細かくちぎった冷凍豆腐を、醤油、酒、砂糖、みりんなどを加えて炒める。生姜をきかせるとより美味しくなるだろう。卵のそぼろや青物も添えて、三食丼として楽しむことができる。

冷凍豆腐のハンバーグ

冷凍豆腐の食感を生かして、ハンバーグを作れば家族も喜ぶ。鶏のひき肉を加えて甘辛いタレで食べるハンバーグ、豆腐のふんわり感が魅力的な一品となる。大根おろしなども乗せて、和風のあっさりハンバーグを堪能できる。

冷凍豆腐のステーキ

通常の豆腐よりも硬い食感が特徴の冷凍豆腐、ステーキのように焼いても歯ごたえがよい一皿になる。照り焼きソースや好みの味付けにして、お弁当の一品としても重宝する。

冷凍豆腐のナゲット

冷凍豆腐の美味しさを発揮できる代表的な料理、それがナゲットである。卵や片栗粉で衣を作り、解凍した冷凍豆腐にまぶして揚げる。ケチャップをつけて食べれば、ボリューミーなメニューとして食べ盛りの子どもも満足するだろう。

5. 豆腐の冷凍保存期間

豆腐
冷凍した豆腐はさまざまな料理に応用できる。気をつけなければいけないのは、保存期間である。美味しく安全に冷凍の豆腐を食べるためには、どのくらいを目安に消費すればいいのだろうか。一般的に、冷凍した豆腐は3週間以内に食べきるのが基本とされている。冷凍することで茶色を呈することがあるが、これは問題ない。いずれにしてもより美味しく食べるために、早めの消費を心がけるようにしよう。

結論

豆腐が冷凍できることを知っている人は多くないかもしれない。豆腐は冷凍すると本来の食感を失い、別の味わいを持つようになる。そのままでは食べられないため、解凍してさまざまな料理に活用するのである。まるで肉のような食感になることから、女性やカロリーが気になる人にも人気がある冷凍豆腐、豆腐の新しい魅力をぜひ味わってみてほしい。
  • 更新日:

    2022年8月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧