このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チーズフォンデュ

"アレ"を入れるだけでチーズが分離しない!?意外すぎるアレの正体とは?チーズフォンデュの簡単な作り方も紹介

投稿者:ライター 麻生実希(あそうみき)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年9月 7日

好きな具材にチーズをからめて味わうチーズフォンデュ。熱々でトロトロのチーズと具材の相性を楽しめる料理だ。今回は、チーズフォンデュを家庭で簡単に美味しくできる作り方やコツ、選ぶ具材のポイントについてお伝えしていこう。きっと誕生日やホームパーティーなどでも役立つはずだ。

  

1. チーズフォンデュの作り方のコツ

ピザ用チーズ
美味しいチーズフォンデュになる作り方と、作る際にありがちな失敗を防ぐコツを解説していこう。

チーズ選びについて

チーズフォンデュの作り方において、要となるのがチーズ選びだ。一言でチーズといっても、プロセスチーズやピザ用チーズなどさまざまな種類がある。本格的なチーズフォンデュの作り方ならば、「エメンタールチーズ」や「グリュイエールチーズ」を用いる場合が多い。国によっても異なるが、このような変わり種チーズを揃えるのはハードルが高いだろう。
そこで、家庭で手軽にチーズフォンデュ作りを楽しむなら、「ピザ用チーズ」がおすすめだ。ピザ用チーズにも種類がいくつかある。モッツァレラチーズやゴーダ―チーズでできたピザ用チーズや、これらをミックスさせたピザ用チーズも売られている。好みでチョイスしていこう。
チーズフォンデュでは、チーズの組み合わせにより味の深みを増すことができる。ピザ用チーズをそのまま使ってもよいが、カマンベールチーズやブルーチーズなどをチョイ足しすると、より本格的なチーズフォンデュの作り方に近づくだろう。

失敗しないためのコツ

チーズフォンデュを作る際、起こりがちな失敗の1つにチーズの分離が挙げられる。このチーズの分離を防ぐには、コーンスターチや片栗粉をチーズにまぶしておくことが大切だ。ピザ用チーズを使う場合、チーズ全体に粉がつくようにしておこう。この対策を講じてもチーズが分離してしまいそうなときは、少量のワインや水で溶いたコーンスターチや片栗粉を加えるとよい。かき混ぜていくと、チーズがまとまりやすくなるはずだ。この作業は鍋を火にかけたまま行おう。
そのほか、チーズがうまく溶けないというトラブルも起こりやすい。チーズフォンデュの詳しい作り方については後ほど紹介していくが、チーズフォンデュに使うワインを十分に温め、チーズを数回に分けて入れるとうまく溶けていくだろう。

2. チーズフォンデュの簡単な作り方

チーズフォンデュ
チーズフォンデュの作り方を調べると、白ワインを使用していることが多い。しかし、子どもと一緒に食卓を囲む場合や、家にワインがない場合もあるだろう。そこで、ワインなしで、かつ簡単にできるチーズフォンデュの作り方を解説しよう。

材料と手順

<材料>
  • ピザ用チーズ(溶けるタイプ)
  • 牛乳(白ワイン)
  • 片栗粉(コーンスターチ)
  • にんにく
  • パン、ベーコン、きのこなど好みの具材
<手順>
下ごしらえ
  • ベーコンは焼き、きのこは塩コショウでソテーし、食べやすくカットしておく
  • パンをカットし、好みでトーストしておく
  • ピザ用チーズに片栗粉をまんべんなくまぶす
  • にんにくの断面を鍋に押しつけて香りを出す
  • 牛乳を火にかけ、温める
  • 弱火にして、チーズを3回に分けて入れる。
  • チーズが溶けるまで焦がさないように混ぜる
  • チーズに具材をからめて食べる
チーズフォンデュは、卓上のコンロや電磁調理器などを使い、弱火で温めながら食べるのがおすすめの作り方だ。

3. チーズフォンデュの具材の作り方

チーズフォンデュの食材
ここまでは、チーズフォンデュのチーズについて、失敗しない作り方を重点的に説明してきた。ここからは、チーズフォンデュのなかでも具材に焦点をあてて、美味しい作り方を説明していこう。

具材のポイント

チーズフォンデュに使う具材は、チーズと合いそうなものであればとくに種類は問わない。定番はやはり、バゲットだろう。チーズフォンデュに入れるバゲットは、軽くトーストするのもおすすめの作り方だ。
そのほか、具材はじゃがいも・ブロッコリー・にんじん・きのこが合う。華やかにするなら、ミニトマトやパプリカを使ってみてもよいだろう。種類によっては下ごしらえが必要な野菜もある。じゃがいもやにんじん、ブロッコリーは少し固めに茹でて食感を残しておくのがポイントだ。きのこはソテーしておくのを忘れずに。
肉系の具材では、ウインナーやベーコンなどがおすすめ。チーズとの相性がバツグンだ。肉系でもあっさりと食べたいなら、サラダチキンを使うとよい。市販のものを使えば、より簡単に仕上がるだろう。
チーズフォンデュには魚介類を入れた作り方もある。エビやタコ、イカなどとチーズが絡むとたまらなく美味しい。魚介類は炒めたり茹でたりして、しっかりと火を通しておこう。
生の肉や魚介類は火を通しておくことを念頭に置き、自分好みのチーズフォンデュを楽しんでほしい。

結論

チーズフォンデュは、身近なピザ用チーズを使えば簡単に楽しめる。チーズフォンデュの本格的な作り方ではワインが必須となるが、牛乳で代用してもよい。幅広い種類の具材が合うのもチーズフォンデュの魅力。今回ご紹介したコツを参考にしながら、子どもから大人まで楽しめるチーズフォンデュを、ぜひ家庭でも取り入れてみてほしい。
  • 更新日:

    2022年9月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧