このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

包丁の研ぎ方の裏技。アルミホイルや茶碗で切れ味を一瞬で復活させる

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月17日

切れ味の悪い包丁は、食材本来の味を損なう原因になってしまうというし、その包丁で無理に切ろうとすると力が入りすぎて危ない。かといって、砥石を出して研ぐのも面倒という時にぴったりの裏技を紹介する。

1. 砥石が基本!包丁研ぎ

包丁は、砥石で研ぐのが基本であり最善の方法だが、砥石を使った本格的な研ぎをマスターするのは難しい。砥石の使い方を間違えると、かえって刃先をガタガタにしてしまうこともある。安心なのは、金物屋や包丁を買った店でプロに研いでもらうことだろう。
家庭用に包丁研ぎ器として手軽なシャープナーも多く販売されているが、刃先を鋭利に削って仕上げる砥石を使った研ぎに比べて、シャープナーでの研ぎは精度が低く、切れ味の持ちが短い。

2. 裏技は「アルミホイル」と「茶碗」

包丁を研ぎに出す時間もなく、砥石もシャープナーも持っていない。そんな時は、家にあるモノで急場をしのごう。

丸めたアルミホイルを使う

手順は一つ、丸めたアルミホイルを包丁で切るだけ。 これはアルミニウムの「構成刃先」という現象を利用したもの。包丁にできた細かい傷に削れたアルミホイルが入り込んで、ガタガタだった包丁の刃が滑らかになる。

茶碗の底を使う

茶碗を裏返すと丸い「糸底」という底面がある。そこに包丁の歯を当てて、手前に数回、裏返して手前に数回引くだけ。なるべくザラザラした糸底が望ましい。 ただしこれらの方法は、砥石で削って刃を鋭利にしているわけではないので、切れ味は持続しない。あくまでも応急処置として活用しよう。

結論

短時間で、かつ簡単に包丁の切れ味をアップすることができる裏技。包丁の切れ味が悪く困った時に、ぜひ一度試してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ