このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クッキングシートがないときの代用品!ホイルやコピー用紙でも?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月15日

「お菓子を焼こうと思ったらクッキングシートがない!」そんなときは家にあるものでクッキングシートの代用ができる。お菓子づくり以外にも、クッキングシートを使う煮込み料理や蒸し料理での代用アイデアもご紹介するので、困ったときの参考にしてみてほしい。

1. クッキー作りではクッキングシートをアルミホイルで代用

クッキングシートというのは、表面がコーティングされてツルっとしている紙のことで、お菓子などをオーブンで焼くときに天板や型に敷いて使うものだ。焼きあがったお菓子がくっつかないので楽に取り出すことができ、天板や型が汚れにくいというメリットもある。

「クッキーを焼こうと思ったのにクッキングシートがない!」というとき、近所のコンビニにラップやアルミホイルはあっても、クッキングシートは置いていない場合もある。そんなときはアルミホイルをクッキングシートの代わりに使うことが可能だ。

まず天板の上にアルミホイルを敷き、バターやマーガリンなどの油脂を薄く塗って、その上にクッキーの生地をのせて焼こう。油脂の上から小麦粉をふるい、その上に生地を乗せればよりくっつきにくくなる。すでに表面がコーティングされているフライパン用ホイルがあれば油脂を塗る必要はないので、クッキングシートと同じように敷くだけでOKだ。もしアルミホイルもない場合は、天板に油脂を塗ってじかに生地をのせても、ある程度はくっつくのを防ぐことができる。

材料にバターを使っているお菓子の場合、アルミホイルにバターを塗っても香りが気にならないと思うが、例えばピザを焼く際にバターやマーガリンの香りを付けたくない場合は、バターの代わりにサラダオイルを塗るといいだろう。

2. ケーキ作りではクッキングシートをコピー用紙で代用

パウンドケーキやスポンジを焼くとき生地を型にそのまま流し込むと、焼き上がりにくっついて型から取り出せなくなってしまうことがある。この場合、型に合わせてカットしたクッキングシートを敷いてから生地を流し込めば取りだしやすくなるが、家にクッキングシートがないときはコピー用紙で代用することができる。

コピー用紙にはツルツルの面とザラザラの面があるので、ツルツルの面が内側になるように型に敷こう。燃えてしまわないか不安に思う人もいるかと思うが、オーブンの温度ではコピー用紙が発火することはほとんどない。ただしコピー用紙は食品用に作られたものでないため、ものによっては有害な物質が含まれている可能性もゼロではない。あくまでも緊急時の代用品として考え、加熱中はなるべく目を離さないようにしよう。

煮込み料理の落し蓋には?

肉じゃがなどの煮込み料理を作るときに、クッキングシートを落とし蓋の代わりに使っている人もいるだろう。クッキングシートをきらしたときの代用品として、アルミホイルやキッチンペーパーも落とし蓋として使うことができる。アルミホイルは一旦くしゃくしゃにして広げ、数か所穴をあけてのせればOKだ。キッチンペーパーは厚手のものを選べばついでにアクも取ることができる。

シューマイや蒸し野菜を作るときも、蒸し器にくっつかないようにクッキングシートを敷くとよいが、なければ代わりにレタスやキャベツ、白菜などの葉物野菜を敷くとよいだろう。

3. レンジやトースターでのクッキングシートはNG!

クッキングシートやアルミホイル、コピー用紙などを使ってお菓子を作る方法は、あくまでもオーブンを利用する場合に限られる。トースターや電子レンジでは、オーブンと同じように使えないものもあるので注意が必要だ。クッキングシートとアルミホイルのそれぞれの注意点を確認しよう。

クッキングシートをトースターで使うときは注意

クッキングシートの耐熱温度は約250℃である。オーブンでクッキーやケーキを作る際は、160~200℃の温度で焼くことが多いが、トースターはオーブンに比べて高温になることがあるため注意して使ってほしい。クッキングシートが天板からはみ出さないようにカットすること、包み焼きには使わないことなどのポイントを守ればトースターでも使用することが可能だ。トースターを使う場合、コピー用紙で代用するのは避けよう。

ホイルはレンジ使用NG!

これは一般的によく知られていることだが、電子レンジではアルミホイルを使ってはいけない。電子レンジは電磁波を照射して食べ物をあたためているので、アルミホイルなどの金属にあたると火花がでたり煙がでたりすることがあるからだ。最悪の場合だと電子レンジが故障する可能性もあるので、レンジを使う料理には代用にアルミホイルを使わないように気をつけよう。

結論

オーブン料理や煮込み料理、蒸し料理などいろいろな料理を作るときに活躍するクッキングシートだが、なければアルミホイルやコピー用紙、キッチンペーパーなどで代用することも可能だ。ただし条件によっては使えない場合もあるので注意してほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ