このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

圧力鍋の掃除方法。圧力鍋は重曹を使って洗う?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月 3日

手軽に本格的な料理を作ることができる圧力鍋。短い時間で煮込み料理などができる重宝な鍋であるが、パーツが多く掃除しにくいという難点もある。とくに鍋の内側が焦げ付いたり、蓋のパッキンににおいがついてしまったりすると掃除をするのが億劫になるものだ。今回は、簡単にできる圧力鍋の掃除方法を解説する。

1. 圧力鍋の焦げは重曹で掃除

まずは圧力鍋の内側や電気式圧力鍋の内側が焦げ付いた場合の掃除方法を確認しよう。

鍋の内側にできた焦げを落とす方法

用意するもの
・重曹
・水

手順
1.水と重曹を10対1の割合で圧力鍋に入れ、火にかける。電気式圧力鍋の場合は電源を入れて加熱をする。
2.重曹水が沸騰したら火もしくは電源を止め、指で触れられる温度まで鍋が冷めるのを待つ。
3.重曹水を捨て、やわらかいスポンジで汚れをこする。
4.鍋全体を水ですすぎ、よく乾燥させる。電気式圧力鍋は外鍋を濡らすことができないため、本体から取り出した内鍋のみをすすぐ。

重曹水を入れた状態で火にかけると、泡が出るので圧力鍋の蓋は閉めないようにしよう。

アルミ製の場合は中性洗剤で掃除をしよう

アルミ製の圧力鍋に重曹を使うと黒ずんでしまうことがあるため、焦げをお湯でふやかしてから中性洗剤を使って掃除しよう。
誤ってアルミ製品に重曹を使ってしまった場合は、鍋に水とクエン酸か酢を入れて、弱火にかけるとよい。黒ずんだ部分が薄れてくれる。

重曹でも落ちない汚れの場合

重曹でも落とせない白っぽい汚れは水垢の可能性がある。水垢はアルカリ性のため、同じアルカリ性の重曹では落としにくい。水垢を落としたい場合は酸性の酢やクエン酸を使おう。圧力鍋にクエン酸か酢に水を入れたら火にかけ、沸騰させる。電気式圧力鍋の場合はスイッチを入れて沸騰するまで加熱する。圧力鍋の内鍋が冷めたら本体から取り外し、中性洗剤とスポンジで汚れを洗い流すとよいだろう。

2. 電気式圧力鍋の蓋を簡単に掃除する方法

電気式圧力鍋の蓋は細かい部分が多いため、パーツごとに適切な掃除方法で汚れを落とそう。

電気式圧力鍋外蓋の掃除方法

通常の圧力鍋の外蓋は、食器用中性洗剤とスポンジで丸洗いできるが、電気式圧力鍋の場合は外蓋が取り外せないことが多い。蓋が取り外せない場合の掃除方法は以下の通りだ。

用意するもの
・食器用中性洗剤適量
・やわらかい布2枚

手順
1.水で薄めた食器用中性洗剤を、やわらかい布に含ませる。
2.布を固く絞って蓋の汚れを拭きとる。
3.乾いた布で汚れと洗剤を拭きとる。

電気式圧力鍋本体の外側も、ほとんどの機種で上記の方法で掃除できる。指や布が届きにくいパーツの隙間には、布の代わりに綿棒を使って掃除をするとよい。

電気式圧力鍋内蓋の掃除方法

電気式圧力鍋の内蓋は取り外せることが多いので、食器用中性洗剤と水で丸洗いしよう。
隙間に食材などが残っている場合は、竹串や綿棒を使って取り除く。洗った後は布で水気を拭きとり、よく乾燥させてから圧力鍋本体に取りつけよう。

調理後鍋が触れる程度まで冷めたらすぐに掃除するといい。

パッキンも定期的に掃除を

内蓋に使用しているパッキンに、においがついてしまうことがあるので、重曹と、クエン酸か酢を使って定期的に掃除しよう。水をはった鍋にパッキンを入れたら、重曹小さじ1杯と、クエン酸か酢小さじ1杯を入れて混ぜ、20分ほど火にかける。冷めた後にパッキンを水ですすいだら、よく乾燥させてから本体に取りつける。
通常の圧力鍋のパッキンも、同様の方法で掃除することができる。

3. 圧力鍋を長持ちさせるために

圧力鍋を長く使うためには、日ごろから汚れをためないようにすることが大切だ。普段から心がけておきたいポイントを紹介する。

固いものでこすらない

金属製のヘラや尖った串などを使うと圧力鍋の内側を傷付けてしまい、焦げ付きやすくなることがある。調理の際は木べらなどの鍋を傷つけにくい調理器具を使い、掃除のときには、金属製のたわしなどの硬い材質のものは使わないように気をつけよう。

料理を入れたままにしない

料理の中に含まれる水分や塩分などによって、鍋の内側を傷めてしまうことがある。調理後はすぐに中身を別の容器に移し替えて鍋を洗う習慣をつけよう。

水分を残さない

水滴が残っているとサビの原因になってしまうことがある。掃除後は圧力鍋に水分を残さないようにしよう。乾かすときは蓋を逆さにして本体の上に置いておくよい。空気が通り、においの防止にもなる。

電気式圧力鍋の場合、使用後は本体も拭き掃除を

電気式圧力鍋の本体は水で丸洗いすることができないため、汚れがたまりがちだ。水に濡らして固く絞った布などを使って、こまめに拭き掃除をしよう。汚れがこびりついてしまって落ちにくい場合は、水で薄めた食器用中性洗剤を布に含ませて圧力鍋本体を拭き、最後に別の布で乾拭きして洗剤を拭き取るとよい。

電気式圧力鍋の電気コードも掃除しよう

電気式圧力鍋を使用している場合は、電気コードのホコリも定期的に掃除しよう。とくにプラグにホコリがたまっていると、発火の原因になることがある。使用前後に乾いた布などで、ホコリや汚れを拭きとるようにしよう。

結論

圧力鍋を使った後は掃除も忘れないようにしよう。圧力鍋のパーツは水でよく洗い、電気式圧力鍋の取り外せないパーツは布や綿棒を使って拭き掃除をしておく。焦げや油汚れがひどい場合は重曹やクエン酸などを使えば汚れを落としやすくなる。きれいな状態を保って、圧力鍋を長持ちさせよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ