このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コインランドリーでカーペットを洗濯するには?注意点も徹底解説!

コインランドリーでカーペットを洗濯するには?注意点も徹底解説!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2021年1月15日

カーペットのお手入れにお悩みではないだろうか?ご家庭で洗いづらいものはコインランドリーが便利だが、中には洗えないカーペットもあるため見極めが肝心だ。コインランドリーで洗えるカーペットかどうかの見分け方、上手に洗うコツ、時間や料金目安などをまとめたので参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コインランドリーで洗濯できるカーペットとは?

コインランドリーで洗濯できるカーペットかどうかは、素材やサイズなどによって変わってくる。ひとつの判断基準として次のようなポイントをチェックしよう。

まずは洗濯表示を確認する

ウールやシルクといった繊細な素材は、コインランドリーでは洗わないほうがよいだろう。それ以外の素材で「水洗い可」のマークがあれば洗っても問題ない。ただし乾燥機を使うなら「タンブル乾燥可」かどうかも確認しよう。残念ながら手洗いもNGの「洗濯不可」マークのカーペットはクリーニングに出すことになる。なお洗濯表示については、消費者庁のサイトに詳しく書かれているので、一度目を通しておくとよいだろう(※1・※2)。

洗えるカーペットのサイズは?

洗濯機の容量はコインランドリーごと、あるいは機種ごとに異なる。おおよそ「1帖=12キロ」「2~3帖=15キロ」「6帖=22キロ」を目安に洗濯機を選ぼう。6帖を超えるとコインランドリーでは洗えないことがあるため、事前に確認することをおすすめする。

「洗濯容量」と「乾燥容量」の基礎知識

コインランドリーの洗濯機には「洗濯◯kg」「乾燥◯kg」などと書かれているのが一般的だ。この場合の重量は洗濯物、つまり本稿でいえばカーペットが乾燥した状態での重さを指す。「洗濯乾燥機」においてよくあるのが、洗濯容量よりも乾燥容量のほうが小さいパターンだ。洗濯のみであれば洗濯容量に合わせればOKだが、乾燥まで済ませるのであれば小さい方(ほとんどが乾燥容量)に合わせるのが正解なので覚えておこう。

2. コインランドリーでカーペットを洗濯するメリット・デメリット

そもそもコインランドリーでカーペットを洗濯するのにはどういったメリットやデメリットがあるのだろうか?利用する前に正しく把握しておくことも大切だ。

メリット

  • ご家庭で洗えないサイズのカーペットも洗える
  • 高温の乾燥機でふわふわに仕上がる
  • 高温の乾燥機でダニ退治ができる
  • 短時間で洗濯から乾燥まで済ませられる など

デメリット

  • コストがかかる
  • 持ち運ぶのが大変
  • 必ずあいているとは限らない
  • 終わるまでその場を離れられない など

やはりコインランドリーがおすすめ

たしかにデメリットはあるが、コインランドリーを使ったほうがうれしいメリットが多い。たとえばご家庭では洗濯が難しいサイズのカーペットも手軽に洗えるので、いままでのお手入れでは落とせなかった汚れがキレイになる。加えて、高温の乾燥機にかければ短時間で乾かすことができるうえふんわり仕上がる。熱の力で生きたダニを死滅させられるのもメリットだ。やはりカーペットはコインランドリーで洗濯することをおすすめしたい。

3. コインランドリーでカーペットをキレイに洗濯するコツ

それでは、実際にコインランドリーでカーペットを洗濯する方法を見ていこう。まずは用意するものからだ。

用意するもの

コインランドリーでは、洗剤を自動投入するタイプの洗濯機が増えた。そのため基本的には洗剤を持参する必要はないだろう。だが手動投入しなければならない機種もある。とくに初めて行くコインランドリーの場合、機種やシステムが分からないこともあるだろう。不安なら念のため持参したほうが安心なので、オシャレ着用中性洗剤を用意しておこう。また可能であれば、折りたたんだカーペットが入るサイズの洗濯ネットあるいは麻の紐などを用意しておこう。

事前の準備

コインランドリーに持ち込む前に、カーペットの表面が外側にくるように2つ〜3つ折りにして筒状に丸め、洗濯ネットに入れておこう。洗濯ネットは必須ではないが、回っている間にバランスが崩れたり広がったりするのを防げるため、効率よく洗濯できるはずだ。大きめのネットが手に入らなければ、同じように折りたたんで麻の紐で数箇所、ほどけないようにきつく縛ってから洗う方法もある。

洗濯方法

コインランドリーでも、洗い方は衣服など一般的な洗濯物と同じだ。カーペットを入れてコインを投入し、スタートボタンを押そう。なお、洗濯機は大きめを選ぶのが効率よく洗うコツだ。ジャストサイズや小さめの洗濯機だと、効率よく洗浄液が行き届かないおそれがある。またドラム式の洗濯機は洗濯物を「持ち上げて叩きつける」という叩き洗いでキレイにするのだが、ギュウギュウに詰め込むとうまく叩きつけられないおそれがある。

乾燥方法

洗濯乾燥機であればそのままでOKだが、そうでない場合はカーペットをネットから取り出して乾燥機に入れよう。時間は30〜40分を目安にし、乾ききっていないようであれば再度100円単位などで乾燥をかけて様子を見よう。

効率よく乾燥させるコツ

大きめの乾燥機を選び、途中で一度裏返すとよい。たとえば40分400円だとしたら、200円分だけ先に回して停止したら裏返し、残りの200円分を回すといったやり方だ。また少しでも効率よく乾かすため、余熱のある乾燥機があれば積極的に使おう。

4. コインランドリーでカーペットを洗う際の時間と料金目安

料金設定は、コインランドリーによって異なる。また、カーペットのサイズで選ぶ洗濯機や乾燥機が違うため料金や時間も変わってくる。ここでは、一般的なコインランドリーを使ってカーペットを洗濯する場合の料金と時間の目安を紹介する。

洗濯乾燥機の時間と料金目安

  • 3帖:1時間1,200〜1,500円
  • 6帖:1,500〜1,800円

洗濯機と乾燥機を分けた場合の時間と料金目安

  • 中型:洗濯1時間800円+乾燥機40分400円=1,200円程度
  • 大型:洗濯1時間1,200円+乾燥40分500〜600円=1,700〜1,800円程度

クリーニングよりもリーズナブル

乾ききらない場合は追加で乾燥する必要があるが、カーペットをクリーニングに出した場合1帖あたり1,200円程度が相場になる。3帖であれば3,600円、6帖であれば7,200円が目安だ(多少は割り引かれるはずだが)。運ぶ手間などはあるものの、トータルコストでいえばコインランドリーの方が安く抑えられるだろう。

5. コインランドリーで洗えないカーペットのお手入れ方法は?

コインランドリーがNGのカーペットは、自力でキレイにするかクリーニングに出すかしかない。最後にそうしたカーペットのお手入れ方法についてもお伝えしておこう。

ご家庭でできるカーペットのお手入れ

掃除機がけは基本だが、それだけでは除去しきれない汗のにおいや生活臭といったものには、重曹を使うとよい。粉のままカーペットにまぶし、2〜3時間ほど(または夜寝ている間)放置し、掃除機で取り除けばにおいや汚れが取れる。食べこぼしといった汚れには、住居用洗剤を使おう。汚れにスプレーし、雑巾で拭き取るだけなので簡単だ。

無理をせずクリーニングに出すのもOK

重曹や洗剤を使ったお手入れでも、カーペットに染みついた頑固な汚れなどは完全に除去できない。コインランドリーよりもコストがかかってしまうが、1シーズンに1回などクリーニングに出すことをおすすめする。

結論

コインランドリーを使えば、カーペットを短時間でキレイにできるうえダニなども退治できて一石二鳥だ。重いカーペットを持ち運びするのは大変かもしれないが、仕上がりもふんわりしていて肌触りがよくなるなどメリットが多い。コインランドリーが近くにある方はぜひ試してみよう。

(参考文献)

この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年1月12日

  • 更新日:

    2021年1月15日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ