このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
すっきりさわやかで飲みやすい!ウォッカトニックの作り方

すっきりさわやかで飲みやすい!ウォッカトニックの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年4月17日

アルコール度数が高いウォッカも、ウォッカトニックにすると飲みやすいといわれている。では、ウォッカトニックとはどのようなカクテルなのだろうか。今回は自宅でも簡単に作れるウォッカトニックの魅力やウォッカトニックのアレンジ方法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウォッカトニックとは?

ウォッカトニックとは、その名の通りウォッカにトニックウォーターを混ぜて作ったカクテルのことだ。ウォッカとはアルコール度数が40度ほどある蒸留酒であり、飲みやすい味わいが特徴だ。さらにトニックウォーターとは、炭酸水などに柑橘類から抽出されたエキスや糖分をプラスした清涼飲料水のことだ。この2つを合わせることで、ウォッカのアルコール度数が低くなるとともに、炭酸の爽快さと柑橘類の香りや酸味が加わり飲みやすくなるのだ。

ウォッカトニックの味は?

ウォッカトニックは、とにかくすっきりとした飲みやすさが特徴だ。柑橘系の味わいのあるトニックウォーターを加えることで、さわやかな香りも楽しめる。もともとウォッカと柑橘系は相性がよく、ウォッカの持つ独特の苦みにさわやかな酸味がよく合うのだ。また、ほどよく甘さが加わることで、ウォッカが苦手な人でもとても飲みやすくなる。

2. ウォッカトニックの基本的な作り方

ウォッカトニックの基本的な材料は、まずウォッカとトニックウォーター、レモンやライムなどの柑橘類を用意する。レモンやライムがない場合は、ジュースなどでもいいだろう。作り方は、ウォッカをグラスに注ぎ、ライムやレモンを入れる。そこにトニックウォーターを入れ軽く混ぜたら完成だ。トニックウォーターの分量でアルコール度数も調整できるので、自分に合わせた濃さでウォッカを楽しめるのも魅力だ。ウォッカのストレートだと飲みにくさを感じていた人は、ぜひウォッカをトニックウォーターで割ってみてほしい。

3. ウォッカトニックを美味しく作るコツ

ウォッカトニックを美味しく作るコツは、まずウォッカとトニックウォーターの比率だ。好みの分量で作れるのがウォッカトニックの魅力でもあるが、トニックウォーターが多すぎるとせっかくのウォッカの味わいがなくなってしまう。おすすめの比率はウォッカ1に対してトニックウォーターが3だ。また、暑い夏場などはグラスに氷を入れて冷たくして飲むのがおすすめで、爽快な味わいが乾いた喉にしみわたることだろう。さらにトニックウォーターは種類によって甘さが違うので、選ぶトニックウォーターによって甘さを調整することも可能だ。ウォッカやトニックウォーターの種類を変えて自分好みのウォッカトニックを完成させてみるのもおすすめだ。

4. ウォッカトニックのアレンジ方法

ウォッカトニックのトニックウォーターをジンジャエールにアレンジしてみるのもいいだろう。ジンジャエールに変えることで、モスコミュールという名のカクテルになり、より甘く飲みやすくなるので酒が苦手な人でも飲みやすい。同じ炭酸でも種類を変えることで味わいが変わってくるので、ぜひ試してみてほしい。ほかにもウォッカをジンに変える飲み方もある。ウォッカとジンは同じ蒸留酒なので、同じような割り方で楽しむことができる。

結論

アルコール度数の高いウォッカをトニックウォーターで割ることで、さわやかで飲みやすいカクテルとして楽しむことができる。トニックウォーターには柑橘系のエキスも含まれているので、より爽快で酸味のある味わいが楽しめるのだ。またウォッカトニックを作る際は、割合や使うウォッカ、トニックウォーターの種類を変えることで、自分好みの味わいを楽しむことができるだろう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >