このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブランデーの豊かな香りを生かした美味しい飲み方を伝授!

ブランデーの豊かな香りを生かした美味しい飲み方を伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年4月18日

今回紹介するのは、ブランデーの飲み方だ。ブランデーグラスを手で包み込むようにして飲むイメージがおなじみだが、手の体温が伝わるとブランデーの芳香が立ち、典雅な香りを楽しめるという。とくにこのように飲むべき!というルールはないが、ストレートや水割り、ホットなど、飲み方はいくつかあるようだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ブランデーの飲み方【ストレート】

最初に紹介するブランデーの飲み方は、ストレートだ。ストレートで飲むとブランデー本来の味や香りが楽しめる。とくに手のひらで包み込めるようなスニフターというチューリップ型のグラスに注いで飲むのがおすすめだ。注いだら軽く静かに回し、目で見て美しい色合いを楽しむこと。次に体温で温めて立ちのぼる芳香を堪能したら、ゆっくりとブランデーを口に含みまろやかな味を噛みしめてもらいたい。ゆっくりと流れる時間とともに五感を使い、大人ならではのドリンクスタイルを楽しむのがおすすめだ。

2. ブランデーの飲み方【水割り・ロック】

次に紹介するブランデーの飲み方は、水割りである。水割りは自分好みの割合で作れ、気取らずに味わえるのが魅力だ。作り方はグラスに氷をたっぷりと入れ、ブランデーを注ぎクルクルとかき混ぜる。グラスとブランデーが冷えたらミネラルウォーターを注ぎ、もう一度ステアすればOK。より香りを楽しみたければ氷は入れず、ブランデー1に対して水1の割合であわせれば風味を引き出せる。

次に紹介するブランデーの飲み方は、ロックだ。オンザロックスで飲むとブランデーの魅力をダイナミックに楽しめる。とくにグラスや氷にこだわるとより美味しく飲めるようで、ポイントはグラスが冷えていることだ。作り方はグラスに氷を入れブランデーを注ぎ、やさしくステアしブランデーと氷をなじませればOK。ゆっくりと味わうために硬くて溶けにくい氷を使用するとよい。

3. ブランデーの飲み方【ニコラシカ】

次に紹介するブランデーの飲み方は、ニコラシカだ。ブランデーをストレートで飲む方法としてニコラシカというカクテルスタイルもある。作り方はレモンの直径より小さく細長いリキュールグラスを用意し、ブランデーを注ぎスライスしたレモンをグラスの飲み口にのせ砂糖を盛ればOK。飲み方はレモンを2つ折りにし、噛みしめてからブランデーをひと口味わう。レモンの酸味や砂糖の甘み、ブランデーが口の中で一体になり、口直しとしてもおすすめの一杯だ。

4. ブランデーの飲み方【ホットブランデー・ブランデースプリッツァー】

次に紹介するブランデーの飲み方は、ホットブランデーだ。作り方はあらかじめ温めておおいたグラスにブランデーを注ぎお湯を足せばOK。ブランデーは温めるほど香りが強くなるため、より華やかさが増す。ただし香りのないアルコールをホットカクテルにすると、酒のにおいだけが鼻につくので要注意だ。温めたときのにおいが気になる場合は、好みでナツメグやコリアンダーのように香りが強いスパイスをふりかけると、においが気にならなくなるようだ。

最後に紹介するブランデーの飲み方は、バルで人気のブランデースプリッツァーだ。作り方はブランデーを炭酸で割り、オレンジのようなフルーツを入れればOK。フレッシュなフルーツのみずみずしい香りや炭酸のシュワシュワッとした感じがブランデーの美味しさをより引き立てるのが魅力のひとつ。ちなみに炭酸で割る場合は欧米で人気を集めているトニックウォーター割りがおすすめだ。

結論

ブランデーの飲み方をいくつか紹介したが、カフェ・ロワイヤルというブランデーとコーヒーの香り高い組み合わせにドラマチックな演出を加えた飲み方もある。作り方はあらかじめ温めておいたカップにコーヒーを入れ、角砂糖をスプーンにのせ、ブランデーをしみ込ませる。あとは角砂糖に火を灯し立ち上るブランデーの香りを楽しみながら、静かにコーヒーの中に沈めればOK。青い炎の美しさを堪能するため、部屋は暗くして味わってもらいたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ