このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ひれ酒は旨みが楽しめる飲み方!日本酒の贅沢な飲み方に挑戦しよう

ひれ酒は旨みが楽しめる飲み方!日本酒の贅沢な飲み方に挑戦しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年8月 2日

ひれ酒は日本酒の熱燗にふぐのひれを入れて旨みを抽出する贅沢な日本酒の飲み方だ。通常の日本酒の熱燗よりも温度を高くし、しっかりとひれの旨みを引き出すことがポイントで、飲み方にも独特の手順がある。この記事ではひれ酒の基本的な飲み方やひれ酒初心者が迷うポイントを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ふぐのひれ酒の正しい飲み方とは?

ふぐのひれ酒は体を温めながら楽しむことができる贅沢な日本酒の飲み方だ。ふぐのひれを炙り、焼き目をつけたら日本酒の熱燗に入れる。蓋をして3分ほど蒸らせばひれの旨みがしっかりと抽出されたひれ酒ができあがる。特徴的な飲み方として、蓋を開ける際にライターなどの火を近づけて程よくアルコールをとばしてから飲むことも多い。

ひれ酒は熱燗の温度に注意

ひれ酒の飲み方の注意点は、通常の熱燗よりも温度が高い約70度から80度の日本酒を使用することだ。これによってひれから旨みが抽出されやすくなる。

2. ひれ酒のおかわりの飲み方

居酒屋などでひれ酒を注文した際に初心者が迷うのが、おかわりをした際の飲み方だ。ひれ酒は日本酒を足すことで繰り返し楽しむ飲み方ができる。おかわりをする際はひれからでる旨みが少なくなってしまわないように、一杯目である程度旨みを抽出したらひれ酒からひれを取り出しておく飲み方をおすすめする。

3. ひれ酒の飲み方の疑問を解決!

ひれ酒の飲み方の基本はひれを熱燗に入れて旨みを抽出することだが、いくつか疑問が残る。ここでは実際にひれ酒の飲み方でよくある疑問を解決していく。

火をつける飲み方は必須か

熱燗にひれを入れて3分ほど蓋をして蒸らした後に火をつけるという手順がある。この手順は必須ではない。アルコールを少し飛ばすことで口当たりが柔らかく飲みやすいひれ酒になるので、好みに応じて火をつけよう。

ひれは取り出すべきか

ひれ酒に入れたひれはそのまま入れておく飲み方でもよいが、2杯目以降も楽しみたい場合には取り出すことをおすすめする。取り出しておくことで、2杯目以降でも旨みがしっかりと感じられるひれ酒になる。

ひれは食べてもよいのか

ふぐにはふぐ毒と呼ばれるテトロドトキシンが含まれている。ひれ酒用に販売されているひれはテトロドトキシンなどがないことを確認しているため、食べても問題はないが、商品ごとのガイドラインに従うことが無難だ。居酒屋などで提供された場合には念のため店側に確認をすると安心だ。

4. 市販のひれ酒の美味しい飲み方

ひれ酒はひれなどを購入して自宅で熱燗につける飲み方だけでなく、市販のひれ酒を購入することでも楽しむことができる。市販のひれ酒のおすすめの商品や飲み方について紹介をする。

下関酒造株式会社「とらふくのひれ酒」

天然とらふぐの取扱量日本一の山口県下関市にて製造されるひれ酒。下関では「福を呼ぶ」という意味を込めて、ふぐを「ふく」と呼ぶのだ。これはカップがついた商品のため、専用の酒器を用意することなく手軽に楽しめる。ひれ酒に塩を少々加える飲み方をすれば、さらに旨みが増すので試してみてほしい。

株式会社魚重「とらふぐひれ酒セット」

下関の地酒とふぐひれがセットになった商品。自分でひれ酒を作る工程を楽しみながらも手軽に飲むことができる。化粧箱に入った商品のためギフトとしても嬉しいひれ酒だ。

しらたき酒造株式会社「ふくのひれ酒 本醸造」

辛口の本醸造酒を使用したひれ酒。ひれの旨みや香りを十分に抽出した後に取り除いているため保存性の高いひれ酒だ。飲み方は通常の日本酒のように熱燗をするだけなので、簡単に楽しむことができる。

結論

ひれ酒はふぐのひれを使用し、熱燗に旨みを抽出した贅沢な日本酒の飲み方だ。何度かひれから旨みが抽出できるので、熱燗を追加すればおかわりが可能な点も嬉しい。自宅でもふぐのひれを炙って日本酒の熱燗に入れれば作れるが、市販のひれ酒を購入すればより手軽に挑戦できる。瓶のほか、温めればすぐに飲めるカップ入り商品もあるので、ぜひ自分好みの飲み方でひれ酒を楽しんでみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >