このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ラガービールはすっきりとしたのどごしが楽しめるビール!

ラガービールはすっきりとしたのどごしが楽しめるビール!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 3日

ラガービールは、日本では定番のスタイルですっきりとした味わいを楽しむことができる。ビールは大きくラガービールとエールビールに分けられるが、これは製造工程の発酵に違いがある。ラガービールは下面発酵と呼ばれる低温熟成を行うのに対し、エールビールは上面発酵と呼ばれる高音熟成である。ラガービールのおすすめ銘柄も紹介するので参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ラガービールとは?味わいや香り・意味や歴史などの基本的な特徴をご紹介

ラガービールは、19世紀以降世界的に主流となったビールの種類で貯蔵の工程で低温熟成がされたものだ。「ラガー」という言葉は貯蔵を意味するドイツ語が由来となっており、日本で製造される多くのビールがこのラガービールだ。

ラガービールの味わい

ラガービールは、柔らかくさわやかな味わいである。風味が強いお酒が苦手という人でも比較的飲みやすいビールで、すっきりとしたのどごしが楽しめる。

2. ラガービールはどのように造られる?製法を解説

ラガービールは下面発酵と呼ばれる製法によるビールで、すっきりとしたのどごしが特徴だ。10度程度の低温でじっくり発酵させることでクセの少ないさわやかな味わいになる。ラガービールの下面発酵という名前は、発酵の際に酵母がタンクの下に沈むことに由来する。

さまざまなラガービール

ラガービールにも種類があり特徴もさまざまだ。のどごしがよく飲みやすいピルスナーからシュバルツと呼ばれる黒ビールまで個性に富んだ味わいを楽しむことができる。

3. ビールにはどんな種類がある?ラガービールとの違いやそれぞれの特徴を解説

ビールには大きく分けてラガービールとエールビールがある。ラガービールは下面発酵と呼ばれる低温の発酵で造られ、発酵が進むにつれてタンクの底に酵母が沈んでいく。ラガービールは先述の通りピルスナーやシュバルツなどが代表的な種類だ。エールビールは上面発酵と呼ばれる高温の発酵で造られ、発酵が進むと酵母が上部に浮いてくる。スタウトやIPA、ペールエール、ヴァイツェンなどが代表的なビールだ。

4. ラガービールでおすすめの銘柄は?

最後におすすめのラガービールの銘柄を紹介する。日本で親しまれる定番銘柄のほかにも海外ビールでも美味しいものがあるのでスーパーや酒販店で探してみよう。

キリンホールディングス株式会社「キリンラガービール」

さわやかな香りときめ細かな泡が特徴のラガービール。飲み飽きしない美味しさで広く日本で愛されている。

おすすめ商品

サントリーホールディングス株式会社「プレミアムモルツ」

華やかな香りが楽しめるラガービール。きめ細かくクリーミーな泡にこだわりつくした日本のビールの定番。エールビールのシリーズでは「プレミアムモルツ香るエール」が販売されている。
おすすめ商品

ラーデベルガー「ラーデベルガーピルスナー」

ドイツで定番のラガービール。日本のビールと比較すると苦味が強くしっかりとしたコクを楽しむことができる。
おすすめ商品
  • 商品名:ドイツ国民が選んだビール顧客満足度No.1ビール ラーデベルガー ピルスナー 330ml缶×24本
  • Amazon商品ページはこちら

結論

ラガービールはビールの中でも下面発酵によって造られたものだ。すっきりとした味わいが特徴でのどごしを楽しむことができる。エールビールとの違いを知るとより楽しめるようになるので、スーパーなどでビールを購入する際には意識してみよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ