このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
リースリングの特徴は?産地や合う料理、おすすめのワインも紹介!

リースリングの特徴は?産地や合う料理、おすすめのワインも紹介!

投稿者:ソムリエ 垣内悠里(かきうちゆり)

2020年11月18日

豊かなアロマと透明感のある繊細な味わいのワインを生む高貴な品種、リースリング。ドイツを中心に冷涼な産地で高品質のワインが生産されている。和食との相性もよいリースリングの特徴や産地、おすすめのワインなどを紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リースリングとは?味わいや香りなど基本的な特徴についてご紹介

ドイツやフランスのアルザス地方が主要産地のワイン用白ブドウ、リースリング。甘口から辛口まで味わいはバラエティに富み、世界的に高い評価を得ている。透明感あふれる上品な口当たりのためさまざまなシーンで重宝されており、レストランやバーなどで見かけることも多いだろう。

高級ワインを生む高貴な品種

リースリング(英語・フランス語:Riesling)は素晴らしいワインを生む高貴な品種として世界で広く知られている。生産量はあまり多くないが、白ワインではシャルドネと人気を二分する存在だ。アロマティックな品種のためシャルドネとは違って樽熟成で香りづけすることはほとんどない。また、豊かな酸味をもっているので長期熟成能力もある。

ブドウの特徴

リースリングの房は小ぶりで果実も小さい。黄緑色の果皮は完熟するにつれて斑点が現れる。耐寒性がとても強く冷涼な気候を好み、痩せた土壌での栽培に適しているのが特徴だ。

香り・味わい

リースリングは極甘口のようなとても甘い味わいのワインから、辛口、発泡性までさまざまなタイプのワインを生み出す。どのタイプでもしっかりした酸味が感じられ、華やかな香りと豊かな果実味をもったエレガントな味わいなのが特徴だ。また、産地や熟成などによってはペトロール香といわれる石油のような香りが出る場合もある。

2. リースリングの主な産地は?産地ごとの特徴や違いについて解説

リースリングは品種の個性がそのままワインに現れるため、産地によって味わいも多様に変化する。ここでは代表的なリースリングの産地を紹介しよう。

ドイツ

ドイツはリースリングの原産地であり、世界最大の産地でもある。甘口のワインでも広く知られているが、現在では高品質な辛口ワインの生産が増えている。モーゼルとラインガウはリースリングの生産量が多く、それぞれキャラクターの異なる素晴らしいワインを生み出す。モーゼルのワインはすっきりした酸味やミネラル感があり、繊細で透明感あふれる味わいが特徴だ。一方、ラインガウのワインは果実味が豊かで、エレガントながら力強さも兼ね備えている。

フランス

フランスではアルザスがリースリングの名産地として知られている。ドイツとの国境に位置し、ワインもドイツの影響を強く受けている。造られるワインの種類も辛口から甘口、スパークリングワインまで幅広い。味わいは果実味と酸味のバランスがとれ、ミネラル感が豊かなのが特徴だ。

アメリカ

アメリカでは冷涼なワシントン州とニューヨーク州で良質なリースリングが栽培されている。アメリカで最大のリースリング産地であるワシントン州は、栽培の歴史も長い。ニューヨーク州では現在、州を代表する品種としてリースリングの人気が高まっている。また、甘口や辛口だけでなく半甘口タイプのワインも人気が高い。

オーストラリア

オーストラリアでは、南オーストラリア州のイーデン・ヴァレーとクレア・ヴァレーがリースリングの名産地として知られている。味わいは酸味が比較的穏やかで、力強さと上品さを兼ね備えているのが特徴だ。

3. リースリングに合う料理は?おすすめの飲み方も合わせて確認

リースリングは辛口から極甘口までさまざまなワインを生み、相性のよい料理も幅広い。好みに合わせていろんなシーンで楽しもう。

相性のよい料理

辛口のリースリングは白身魚や牡蠣、エビなどの魚介類をシンプルに調理した料理との相性がよい。カルパッチョやムニエル、天ぷらなどもおすすめだ。肉類ではベーコンを使ったキッシュ、ソーセージとキャベツやじゃがいもの煮込み、塩味の焼き鳥も合わせやすい。極甘口のリースリングは食後のデザートとして楽しんだりスイーツと合わせたりするとリッチな味わいが口の中に広がって特別なひとときを満喫できるだろう。

飲み方

ワインは飲むときの温度は味わいに大きく影響する。辛口のリースリングは7~13℃、甘口のリースリングは5~8℃を目安に冷やして飲もう。またワインを飲むグラスはリースリングのさわやかさをより楽しむために縦長で口がすぼまった形がよいだろう。

4. リースリングで造られたおすすめワインをご紹介

ここでは主な産地から代表的なリースリングのワインを紹介する。気になったワインはぜひネット通販などで取り寄せてみよう。

ラインガウ・リースリング・トロッケン・カビネット

販売元:エノテカ株式会社

長い歴史をもつドイツの名門ワイナリーが、高品質のリースリングを生むラインガウで造るワイン。果実味と酸味、ミネラル感がリッチで上品な味わいだ。口当たりがよいのでワインを飲み始めたばかりの人もぜひトライしてほしい。

トリンバック リースリング

販売元:株式会社 ワイングロッサリー

フランスのアルザスを代表するお手本のようなリースリング。味わいはさわやかで芳醇な果実味が広がり繊細だ。すぐに飲んでも美味しいが瓶内で熟成させてから楽しんでもよいだろう。

サーモン・ラン リースリング

販売元:GO-TO WINE

世界のTop100ワイナリー(2019)にもランクインするニューヨークのワイナリー。ほんのりと果実の甘みを感じるフレッシュでフルーティーな味わいで幅広い層から人気を得ている。和食との相性がよいので日々の食卓で気軽に楽しめるだろう。

ファルケンベルク マドンナ ゼクト リースリング

販売元:サントリーホールディングス株式会社

100年の歴史をもつワイン「マドンナ」が生誕記念で生産したリースリング100%の甘口スパークリングワイン。華やかな香りとフルーティーな味わいが楽しめる。甘口ワインが好きな女性へのプレゼントとしても人気の1本だ。

結論

リースリングはフローラルなアロマや果実味、すっきりした酸味が心地よく白ワインの中でも人気の品種だ。極甘口や辛口、スパークリングワインとバラエティ豊かなので、普段飲みから特別な時間まで幅広く活躍してくれるだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ