このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ワインセラーの適切な温度って?目的別の温度やおすすめの製品を紹介

ワインセラーの適切な温度って?目的別の温度やおすすめの製品を紹介

投稿者:ワインエキスパート 白川茜(しらかわあかね)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2021年2月11日

ワインセラーでワインを保管する際に、まず気になるポイントがワインセラーの設定温度ではないだろうか。飲むときの温度は白ワインなら冷やして、赤ワインなら常温でといわれているが、目的がワインの保管や熟成の場合はどうだろう。またワインセラー内の湿度など気をつけたいポイントはほかにもある。ワインセラーの設定温度やほかに注意するべき点、温度設定の簡単な製品などについて解説する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ワインセラーの適切な温度調整は?

まずは一番気になるワインセラーの温度調整について見ていこう。

ワインセラーの温度:長期保管・熟成が目的の場合

一般的にワインを保管するときの温度は、赤、白、スパークリングなど種類に関係なく12~15℃が最適だ。ワインを入手してから1か月以上~数年に渡って保管・熟成させる予定であれば、常にワインセラーの温度を12~15℃に保っておく必要がある。白ワインやスパークリングワインは飲んでおいしい低温度で保管しがちだが、ワインの低温劣化に繋がってしまうため避けるようにしたい。

ワインセラーの温度:短期保管が目的の場合

飲むときの最適な温度は白ワインやスパークリングで5~12℃、赤ワインで12~18℃といわれている。ワインセラーの利用目的がワインの購入から1か月以内の短期保管であれば、飲むワインに合わせた温度で保管して大丈夫だ。できるだけ飲む前日に飲みたい温度に庫内温度を調整する、または適した温度のセラーへ移すなどをした方がよい状態でワインを楽しめる。

外気温によるワインセラーへの影響

夏の暑い日や寒冷地の冬など、ワインセラーを設置した場所の外気温も注意するべきポイントだ。寒冷地で室温が10℃を下回るような環境の場合、加温機能のついているワインセラーでなければ適切な保管温度に調整できない。また外気温が30℃をこえるような環境だと、安価なワインセラーの場合は適切な温度まで冷却できないこともある。住環境に合わせたワインセラーを選ぶことも重要だ。

2. ワインセラーの温度以外に重要なことは?湿度はどう?

ワインセラーの温度がわかったところで、ワインセラーを使ううえで注意したい、温度以外のポイントについても見ていこう。

ワインセラーの湿度設定

まず、温度以外で気をつけたいのがワインセラーの湿度だ。コルクで栓をしているワインの場合、湿度が低すぎるとコルクが乾燥して空気が中に入ってしまい、ワインの酸化に繋がってしまう。ワインの適切な保管には65~80%の湿度が必要だ。湿度を保つ機能のついたワインセラーであれば問題ないが、安価なものはそうでない場合もある。湿度に違和感があるときは、ワインセラー内に除湿剤や水を入れたコップを置くなど適切な湿度を保つ工夫を心がけよう。

光はワインの大敵!庫内灯やセラーの置き場所に注意

ワインを長期熟成させる場合、LEDなどの光が当たることがワインの劣化に繋がってしまう。ワインに室内灯やセラーの庫内灯が当たりすぎないようにすることもポイントだ。UVカットのガラスを使っている、ワインに影響のない庫内灯を採用したワインセラーかどうかもチェックしておきたい。

3. ワインセラーの温度設定が簡単なおすすめの製品は?

最後に温度設定が簡単なワインセラーのおすすめを紹介する。

さくら製作所 FRUNIEL SAB-90G-PB

タッチパネルでドアを開けずに温度調節ができる、24本収納可能な国産ワインセラーだ。上段下段で異なる温度設定が可能で、熟成用ワインと飲む予定のあるワインを分けて保管できる。加湿機能や加温機能も備わっており、安定した温度、湿度でワインを保管できる。5年のメーカー保証がついているのも嬉しいポイントだ。

フォルスタージャパン HOME CELLAR FJH-56GD

18本収納の小型でありながら、2種類の温度設定が可能なワインセラーだ。温度調整は簡単なタッチパネル式になっており、庫内温度に異変があればアラームやエラー表示で教えてくれる。ガラスのドアはUVカット加工がされており、光によるワインへの影響についても安心だ。コンパクトで置きやすいサイズだが、スパークリングワインなど大きめのワインボトルや日本酒の一升瓶も収納できるようになっている。

結論

ワインセラーの温度調整は保管期間や目的に合わせて行うことが重要だ。季節による外気温の変化や置く場所の照明と湿度など、気をつけたいポイントはたくさんある。ワインセラー任せにしすぎず適切な調整を行って、ワインライフをより充実したものにしてほしい。
  • 更新日:

    2021年2月11日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ