このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カラフェにワインを注げばちょうどよい量でおしゃれに楽しめる!

カラフェにワインを注げばちょうどよい量でおしゃれに楽しめる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年2月19日

カラフェはガラスなどでできた容器で、ワインや水を注いでピッチャーとして使用することができる。本記事ではカラフェの基本的な使い方、デキャンタやピッチャーとの違い、おすすめのカラフェの商品を紹介していく。ひとつ持っておくと便利なアイテムなので、これまで使ったことがない人は参考にしてほしい。

  

1. カラフェとは

カラフェはフランス語で「水差し」を表し、水やワイン、アイスコーヒーなどを入れて食卓を彩る透明のガラス容器だ。カラフェは飲食店などではピッチャーとしても使用されていることも多い。蓋付きのカラフェと蓋がついていないカラフェがあるので用途に応じて選びたい。

2. カラフェの基本的な使い方をご紹介

カラフェの基本的な使い方はデキャンタやピッチャーのように使用することだ。カラフェの容量は500ml程度のものが一般的なのでハウスワインなどを飲む分だけカラフェに移して食卓におけば食卓に彩りが加わる。おしゃれというだけでなく、空気に触れさせることでワインの香りや味を開くという効果も期待できるので、少量のワインを飲むときにはカラフェを使用してみてはいかがだろうか。

3. カラフェとデキャンタ・ピッチャーの違いは?

カラフェはワインや水などを入れて食卓を彩る容器として紹介したが、似ているものにデキャンタがある。デキャンタはカラフェとは異なり、主にヴィンテージの赤ワインに用いられる。年代物の赤ワインはボトルの底に澱(おり)が沈殿しているため一度デキャンタに移し替えることで取り除く。また、ワインを酸素に触れさせることでまろやかな味わいに変化させるのもデキャンタを使用するポイントだ。

カラフェとピッチャー

カラフェと似ているものにピッチャーがあるが、カラフェがフランス語で「水差し」であるのに対しピッチャーは英語で「水差し」を意味するため同義と考えてよい。

4. カラフェのおすすめをご紹介!

カラフェについて理解したところでおすすめのカラフェ商品を紹介する。店舗やオンラインショップでリーズナブルな価格で購入できるものも多くあるので購入の際には参考にしてほしい。

KINTO「OVAウォーターカラフェ」

シンプルなデザインで片手でも使いやすいように計算された使い勝手のよいカラフェ。お手入れのしやすさもバツグンで長く使いたくなるような商品。

無印良品「カラフェ」

シンプルながら洗練され、おしゃれなデザインが光るカラフェ。花瓶として使用することもでき、サイズ展開は大小の2種類。用途に合わせたものを購入しよう。

IKEA「カラフェふた付き」

便利な蓋付きのカラフェ。シンプルで飽きのこないデザインで日常的に使いたくなる。1Lの容量は2人で使いたいときにもちょうどよく、使い勝手のよいサイズだ。

結論

カラフェはワインだけでなく水やアイスコーヒーを注ぐなどさまざまな使い方ができる容器だ。デキャンタと似ている点もあるが、ワイン以外にも映えるため日常的な使いやすさはカラフェの方が一枚上手。普段からワインを飲むという人はカラフェに移し替えて、食卓をおしゃれに彩ってみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年2月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング