このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シャンパーニュは世界最高の発泡ワイン!その魅力やおすすめを紹介

シャンパーニュは世界最高の発泡ワイン!その魅力やおすすめを紹介

投稿者:ワインエキスパート 白川茜(しらかわあかね)

鉛筆アイコン 2021年4月25日

シャンパーニュというと聞き慣れない名前のように感じるかもしれない。日本ではスパークリングワイン全般が広くシャンパンという呼び方で流通しているが、正確にはフランスのシャンパーニュ地方でワイン法に則って造られたものがシャンパーニュ、またはシャンパンである。この記事ではシャンパーニュの味わいや名前の厳密な意味、おすすめの銘柄などを紹介する。

  

1. シャンパーニュとは?味や香りなどの基本的な特徴を紹介

シャンパーニュとはフランスのワイン産地、シャンパーニュ地方とそこで造られるスパークリングワインの両方を意味する言葉である。ここでは分かりやすくするために地域の名前をシャンパーニュ地方、そこで造られるスパークリングワインをシャンパーニュと呼ぶことにする。まずはシャンパーニュの味わいや香りについてみていこう。

シャンパーニュの味わいや香り

シャンパーニュ地方はフランスワイン産地の中では最も北に位置する寒冷地で、シャンパーニュはその気候由来のきれいな酸味が感じられるものが多い。またワイン法で最低熟成期間が決められているため、ほどよい熟成感があるのも味わいの特徴だ。瓶内二次発酵という手のかかる方法で炭酸を造り出すため、きめ細やかな泡だちや強いガス圧、酵母由来のトーストのような風味が感じられるという特徴もある。

2. シャンパーニュとシャンパンは違う?その他の違いについても紹介

次にシャンパーニュとシャンパンなど言葉の違いについてみていこう。

シャンパーニュとシャンパン

日本ではスパークリングワインをまとめてシャンパンと呼ぶ人がとても多い。それだけシャンパーニュが高い認知度を持っているということである。正確にはブドウの中に巨峰やマスカットがあるように、シャンパーニュ、もしくはシャンパンとはスパークリングワインの中のひとつのタイプである。シャンパンはフランス語であるシャンパーニュの英語読みのことだ。シャンパン=スパークリングワインの総称として認識されているが、厳密にはシャンパーニュとシャンパンはフランスのシャンパーニュ地方でワイン法を守って造られたスパークリングワインだと覚えておいてほしい。

シャンパーニュとその他のスパークリングワイン

シャンパーニュはシャンパーニュ地方で造られたものに限定された名前だが、ヨーロッパではほかにもさまざまな名前のスパークリングワインがある。シャンパーニュと同じ製法で造られるものには、スペインのカヴァ、イタリアのフランチャコルタ、ドイツのゼクトなどがある。またフランスでシャンパーニュ以外の地域でシャンパーニュと同製法で造られるワインはクレマンと呼ばれている。

3. シャンパーニュのおすすめの飲み方は?

シャンパーニュは1本でオードブルからメインディッシュ、デザートにも合わせられる万能なワインだ。野菜、肉に魚などどんな素材も引き立ててくれるので、レストランでワイン選びに迷ったらシャンパーニュを選んでおけば間違いないという人もいる。飲み方は甘口であれば冷蔵庫くらいの温度にしっかり冷やして、辛口やフルボディのシャンパーニュであればそれより少し高めの6~8℃で飲むのがおすすめだ。できるだけ泡が抜けてしまわないようにスパークリングワイン専用のフルートグラスを使うようにしよう。

4. シャンパーニュのおすすめ銘柄は?

最後にシャンパーニュのおすすめ銘柄を紹介する。

テタンジェ「ブリュット・レゼルブ」

ワインショップやレストランで見かけることの多いシャンパーニュ、テタンジェ。140ヵ国で販売される有名銘柄でありながら、家族経営で丁寧なワイン造りを続けている。スッキリとしたドライな味わいでどんな料理にも合わせやすく、使い勝手のよいシャンパーニュだ。
おすすめ商品

ヴーヴ クリコ「ホワイトラベル ドゥミ セック」

見かけることの少ない甘口のシャンパーニュだ。シャンパーニュ特有のきめ細やかな泡立ちやブリオッシュのような香ばしい風味はそのままに、完熟果実のような甘味が感じられる。デザートと一緒に楽しむのにおすすめの1本だ。
おすすめ商品

クリュッグ「クリュッグ グランド・キュヴェ 」

シャンパーニュの帝王として世界中の有名人から愛される銘柄がクリュッグだ。木樽で一次発酵を行い、セラーや瓶内での長い熟成期間を経て出荷される。味わいは力強くもエレガントで、飲んだ人を虜にしてしまうシャンパーニュだ。
おすすめ商品

結論

記念日やお祝いなど、ハレの日の乾杯に使われることの多いシャンパーニュは、その高いクオリティからファンの多い飲み物だ。値段も高いイメージがあるが現在では3000円を切る手頃なものも出てきており、ちょっとした日の一杯として手が出しやすくなっている。まずは大手ブランドの人気銘柄から試してみて、シャンパーニュの深淵なる世界をじっくりと楽しんでほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年4月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ