このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
梅酒のノンアルコールはお酒が苦手な人でも楽しめる本格的な風味

梅酒のノンアルコールはお酒が苦手な人でも楽しめる本格的な風味

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年5月 6日

梅酒のノンアルコールは梅酒の風味はそのままにアルコールが含まれていないため、シーンを選ばずに楽しむことができる。本記事ではノンアルコールの梅酒について基本的な特徴や糖質、おすすめの銘柄を紹介していく。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 梅酒のノンアルコールとは?子供でも飲める?

梅のさわやかな香りが美味しい梅酒はアルコール度数が8度から15度程度と意外と高く、アルコールが苦手な人は飲むことができない。そのような人におすすめなのが梅酒のノンアルコールだ。ノンアルコールの梅酒はアルコール分が含まれていないにも関わらず、お酒のような複雑な旨みや香りも再現されている。健康に気を使っている人やアルコールを避けたいシーンで飲むのもおすすめだ。

梅酒のノンアルコールは未成年が飲んでもいいのか

梅酒のノンアルコールは、アルコールが含まれていないため未成年が飲んでも医学的には問題がない。しかし飲酒へ誘導する要因となるとして推奨されていない。各メーカーから梅ジュースの販売もされているので飲みたい場合はそちらを購入しよう。

2. 梅酒のノンアルコールの糖質はどれくらい?たくさん飲むと太る?

梅酒のノンアルコールは、糖質ゼロを謳っているものでない限り通常の梅酒と同様に糖質が含まれている。実は梅酒は糖質が高いお酒なので、ノンアルコールのタイプでも注意が必要だ。梅酒(ノンアルコールも含む)100mlあたりの糖質は、およそ20.7gとなっておりビールや日本酒の約6倍から7倍。糖質を控えるためにビールではなく梅酒のノンアルコールを選ぶ、といった飲み方はおすすめできない。

3. 梅酒のノンアルコールでおすすめなのはどれ?具体的な銘柄をご紹介

梅酒のノンアルコールはアルコールが含まれておらず、お酒が苦手な人にもおすすめであることを紹介した。次に具体的なおすすめ銘柄を紹介していく。炭酸が含まれているタイプなどさまざまな種類が販売されているので、スーパーやネットショップなどで好みに合わせて購入してみよう。

CHOYA「酔わないウメッシュ」

紀州産南高梅の梅を100%使用した本格的な味わいが楽しめる梅酒ソーダ。人工甘味料などの添加物を使用していない梅本来のやさしい風味が楽しめる。

サントリー「まるで梅酒なノンアルコール」

梅酒の風味を追求した深みのある味わいと豊かな香りが楽しめるノンアルコール梅酒。ロックやソーダ割りなど好みに合わせて飲んでみよう。

カルディ「とろり梅酒ノンアルコール」

南高梅の果肉入りでとろりとした口あたりが楽しめるノンアルコール梅酒。食卓が華やぐようなお洒落なパッケージデザインも嬉しいポイントだ。

4. 梅酒のノンアルコールはお店でも飲める?

近年、梅酒だけでなくノンアルコールのお酒の需要は高まっており、居酒屋でも取り扱いを行っている。ただし、ノンアルコールはビールのみしか扱っていないというお店もあるので、ノンアルコールの梅酒を飲みたいときは事前にウェブサイトなどで訪問予定のお店のメニューを確認しよう。

ノンアルコールの梅酒は市販のものと同じ?

居酒屋などで提供されるノンアルコール梅酒は、ほとんどが先述のような市販の梅酒だ。好みのノンアルコール梅酒がある場合は、店舗で提供している銘柄を確認できると安心して楽しめるだろう。

結論

梅酒のノンアルコールはアルコールが含まれている梅酒と風味がとても似ており、アルコールが苦手な人や控えている人におすすめだ。ただし未成年がノンアルコールのお酒を飲むことは推奨されていないので注意しよう。
20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年5月 6日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ