このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビールケースについて詳しく解説!サイズや種類から購入方法など紹介

ビールケースについて詳しく解説!サイズや種類から購入方法など紹介

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

鉛筆アイコン 2021年6月26日

ビールケースとは、主に酒屋で見かけることが多い、瓶ビールを運搬するためのプラスチックケースのことを指す。一般家庭に置かれていることはあまりないだろうが、意外にさまざまな用途として使えることもあるアイテムである。本記事ではビールケースのサイズなどの基本的な特徴をはじめ、どこに売っているのか、またその活用法などについて詳しく解説していこう。

  

1. ビールケースにはどんなサイズ・種類がある?

はじめに、ビールケースのサイズや種類について解説していこう。あまりサイズや種類について意識してビールケースを見る機会はないかもしれないが、この機会にぜひ、豆知識として頭に入れておこう。

ビールケースの主なサイズ

ビールケースの主なサイズは、瓶ビールのサイズによって異なる。633mlの容量の大瓶の場合、ビールケースのサイズは横450mm・縦350mm・高さ300mmとなっている。次に500mlの容量の中瓶の場合、ビールケースのサイズは横450mm・縦350mm・高さ270mmと、高さ以外は大瓶と変わらない。最後に334mlの容量の小瓶の場合、ビールケースのサイズは横450mm・縦370mm・高さ255mmとなる。こう見ると小瓶のビールケースのサイズが最も大きく見えるが、その理由は収納本数にある。大瓶・中瓶のビールケースは20本入りだが、小瓶のビールケースのみ30本入りとなっていることが特徴だ。

ビールケースの種類

次にビールケースの種類についてだが、ビールの銘柄によってビールケースの色やデザインは変わるものの、ほかにとくに大きな違いは見られない。メーカーによって、独自のビールケースを採用しているわけではないと覚えておこう。

2. ビールケースはどこに売っている?

本項では、ビールケースはどこで購入できるのかという点について解説する。ビールケースが欲しいという人は、購入方法をしっかり押さえておこう。

ビールケースの購入方法とは

ビールケースは、銘柄の入ったものがケース単品で販売されることはない。それはもちろんホームセンターをはじめ、通販サイトを通したとしても見られない事実である。では、ビールケースは一体どのようにして購入できるのだろうか。まずひとつが、無地のケースを購入するという方法である。無地のケースにはビールケースに類似した種類も多く、通販サイトを中心に購入可能だ。ただし、その多くにはボトルの仕切りがついていないため、仕切りを別で用意する必要があることを覚えておこう。次の購入方法は、瓶ビールをビールケースごと購入するという方法である。出費はかさんでしまうものの、メーカー純正のビールケースが新品で手に入るので、日頃のビールの消費量が多い人にはおすすめの方法である。

3. ビールケースにはどんな使い方がある?

ビールケースには、瓶ビールの運搬以外にもさまざまな活用法が存在する。シンプルな活用法からアレンジ方法まで、本項ではビールケースの便利な活用法について解説していこう。

ビールケースの使い道を確認

ビールケースは人が乗っても壊れない頑丈な作りになっているので、日常生活のさまざまなシーンで活躍する便利アイテムだ。ちょうどよい高さであることから軽作業中の踏み台代わりにもなり、とくに洗車など少し高さが欲しい場面で重宝するだろう。また、ビールケースの高さは椅子としてはもちろん、重ねれば机としてもちょうどよく、実際に椅子や机としてビールケースを導入する飲食店も存在する。こうするだけで、どこか昭和レトロな雰囲気作りも演出してくれる優れものだ。

インテリアにおすすめのビールケースとは

インテリアにおすすめのビールケースとは、一体どのようなものなのかと疑問に思う人は多いだろう。実はその答えとは、ミニチュアのビールケースである。100円ショップでも販売されており、実は隠れたインテリアアイテムとして人気の商品なのだ。ほかには、ビールメーカーのノベルティとして、ミニビールケースがついてくることもある。缶を収納できるサイズ感がかわいく、このあたりはコレクターズアイテムとしても人気が高い。

4. ビールケースを安く手に入れる方法は?

最後に、ビールケースを安く手に入れる方法について解説する。前項で紹介した購入方法では、いくら新品であるとはいえ、どうしても安く購入できるとはいえない。では、ビールケースを安く手に入れる方法はあるのだろうか。

ビールケースを安く手に入れるコツ

ビールケースを安く手に入れたいなら、オークションサイトやフリマアプリなどを利用してみてはいかがだろうか。これらのサイトでの取引は一般取引になるので、メーカー純正のビールケースが出品されることも多い。中には現行のビールケース以外に、昭和の時代に使用されていたヴィンテージ品などが出品される前例も見られ、コレクターからも人気がある。ほかの方法を挙げるなら、近場の酒屋に出向いてみてはいかがだろうか。意外にも快く低価格で譲ってくれたという話もよく聞くので、一度訪ねてみるのも手だろう。

結論

普段何気なく目にするビールケースには、ビール瓶の種類によって異なるサイズがあり、またさまざまな便利な活用法があることや、オークションサイトやフリマアプリでも購入できることなどを知ってもらえただろう。メーカーによって異なるビールケースをコレクションするもよし、インテリアとして活用するもよし。人それぞれのスタイルで、ビールケースを活用してみてほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年6月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ