このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビールのおすすめを種類別に紹介!お気に入りの銘柄を見つけよう

ビールのおすすめを種類別に紹介!お気に入りの銘柄を見つけよう

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

鉛筆アイコン 2021年6月25日

ビールは世界中で愛飲されているお酒であり、非常に多くの銘柄が流通している。国産の銘柄だけでも多くの種類が販売されているため、飲みはじめの場合はどの銘柄を選べばよいのか悩んでしまうものである。本記事ではビールのおすすめの銘柄について種類別に解説する。初心者でも飲みやすい銘柄や、海外銘柄のおすすめをはじめ、おすすめのおつまみや、プレゼントにぴったりの銘柄まで、じっくりと紹介していこう。

  

1. ビールで初心者にもおすすめの飲みやすい銘柄は?

はじめに、ビール初心者の人におすすめの飲みやすい銘柄から紹介する。本項で紹介する銘柄は、いずれも近場のスーパーマーケットやコンビニでも簡単に手に入る銘柄なので、まずは気軽に手にとってみてほしい。

キリンビール「キリン一番搾り」

「キリン一番搾り」は、キリンビールを代表するビールの銘柄である。日本全国の多くの飲食店でも飲まれている、いわば日本のビールの定番だ。原料には副原料を一切使用せず麦を100%使用しており、できあがった麦汁でもとくに美味しいところだけを抽出する、一番搾り製法を用いて造られている。雑味がなくコク深い麦本来の味わいが特徴で、主要メーカーのビールの銘柄の中でもとくに飲みやすいと評判だ。これからビールを飲みはじめる人にぜひおすすめしたい。

サントリー「ザ・プレミアムモルツ」

「ザ・プレミアムモルツ」は、サントリーを代表するビールの銘柄である。一般的に流通するビールの中でも高級志向とされる、プレミアムビールを代表する銘柄としても知られている。ホップの華やかな香りとクリーミーで心地よい泡が特徴で、ビールの味わいをじっくりと楽しみたい人におすすめだ。また、苦みが抑えられているため、ビール特有の苦みが得意でない人にとっても飲みやすいだろう。

2. ビールで海外銘柄のおすすめは?

続いて、ビールの海外銘柄のおすすめを紹介していこう。日本でも海外のビールは流通量が多く、国産のビールとは異なるさまざまな種類の味わいが楽しめる。本項で紹介する銘柄は、海外のビールの中でもとくに広く流通している種類なので、見かけたことがある人は多いだろう。国産のビールに飲み慣れたら、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

アンハイザー・ブッシュ・インベブ「バドワイザー」

「バドワイザー」は、アンハイザー・ブッシュ・インベブが販売するビールの銘柄である。アメリカを代表するプレミアムラガービールとして世界中で流通しており、すっきりとした味わいとキレのよさが特徴だ。居酒屋メニューをはじめさまざまな料理との相性がよく、安く手に入りやすいので、海外のビールを初めて飲むという人にもおすすめしたい。

キリンビール「ハイネケン」

「ハイネケン」は、オランダを代表するビールの銘柄として知られており、190ヵ国以上で流通するなど、世界でもトップクラスの販売数を誇ることでも有名だ。日本ではキリンビールが販売している。独自開発の酵母であるハイネケンA酵母を使用して造られており、フルーティーでバランスのよい風味が楽しめる。さっぱりと飲みやすいので、ライトな飲み口のビールを好む人におすすめだ。

3. ビールに合うおすすめのおつまみは?

ここまでビール初心者の人におすすめの銘柄や、海外銘柄のおすすめを紹介してきたが、せっかくビールを飲むのであれば一緒におつまみも楽しみたいものである。本項では、ビールに合うおすすめのおつまみをいくつか紹介していこう。

定番のおつまみと合わせる

ビールに合うおつまみの定番は、ポテトチップスや柿の種などのスナック菓子や、サラミやビーフジャーキー、チーズやミックスナッツなどが挙げられる。基本的には好みのおつまみを選べばよいが、塩味の効いたおつまみと合わせるのがおすすめだ。

いろいろな料理と合わせる

ビールに合うおすすめの料理といえば、唐揚げやフライドポテトなどの揚げ物をはじめ、餃子や焼き鳥など、定番の居酒屋メニューとの相性がバツグンだ。口に残る油っぽさもすっきりと流し込めるので、ついつい飲みすぎてしまった経験がある人も多いだろう。ほかには漬物類や刺身類、鍋物やサラダなど、どのような料理とも好相性なので、自分の好みの料理と合わせてビールを美味しく楽しもう。

4. ビールでプレゼントとして喜ばれるおすすめの銘柄は?

最後に、数あるビールの種類の中でもプレゼントにおすすめしたい銘柄を紹介する。せっかくビールをプレゼントとして贈るのであれば、高級感のあるクラフトビールがおすすめだ。普段飲むビールとはひと味違った味わいを大切な人に届けてみよう。

都光「イネディット」

「イネディット」は、スペインの老舗ブルワリーであるダム社が製造するビールの銘柄である。日本では都光が販売している。スペイン語で「前例がない」を意味するイネディットという言葉通り、確かに感じられる上質な味わいと高級感あふれる香りが特徴だ。まるでワインのようなボトル入りで、シンプルで洗練されたデザインが印象的なこのビールを特別な日のプレゼントにぜひおすすめしたい。

コエドブルワリー「COEDOビール」

「COEDOビール」は、埼玉県川越市に本社を置くビール工房である、コエドブルワリーが販売するビールの銘柄である。日本のクラフトビールの中でもとくに洗練されたビールであると称えられ、それぞれ異なる個性を持つビールが豊富にラインナップされている。飲み比べギフトセットも販売されているので、プレゼントとしてビールを贈る際は検討してみよう。

結論

ビールには普段よく目にする銘柄以外にも、海外銘柄やプレゼントに適した銘柄があるなど、非常にバラエティ豊かであることを知ってもらえただろう。日頃好んでビールを飲む人も、これからビールを飲みはじめる人も、ぜひ本記事でおすすめしたビールを参考にいろいろな銘柄を手にとってみてほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年6月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ