このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【今日の晩酌】人気のステーキサンドとカベルネ・ソーヴィニヨンをペアリング

【今日の晩酌】人気のステーキサンドとカベルネ・ソーヴィニヨンをペアリング

投稿者:ソムリエ 吉川大智(よしかわ だいち)

鉛筆アイコン 2021年7月10日

今回は近年SNSで話題のステーキサンドを作り、それに合わせて濃厚なカリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨンとペアリングした。ジューシーな肉汁とほんのり甘みのあるソースで挟んだステーキサンドとの相性は抜群だ。

  

1. 1. カリフォルニアの赤ワイン「Because,I'm Cabernet sauvignon from California

【セレクトワイン】
  • 商品名:Because,I'm Cabernet sauvignon from California
  • ぶどう品種:カベルネソーヴィニヨン
  • 原産地:カリフォルニア
  • アルコール度数:14.0%
  • 容量:750ml

Because,I'm Cabernet sauvignon from Californiaとは?

カベルネ・ソーヴィニヨンといえば、世界中で栽培されている赤ワインの代表的な品種だが、このカベルネ・ソーヴィニヨンはアメリカ・カリフォルニア産。黒果実系のジューシーで濃厚な味わいと、しっかりとしたタンニン由来の渋みが感じられ、カリフォルニアで育ったカベルネ・ソーヴィニヨンの特徴を非常によくとらえている。
じつはこのBecauseワインシリーズは、他にもさまざまな国や地域ごとに白ワインやスパークリングワインなど数種類展開されていて、全ての種類が1,000円台とリーズナブルに購入できる。そのため日々の晩酌として、デイリーワインとしてカジュアルに活用できるのがうれしいポイント。そしてエチケットの裏にはアロマのチェックシートがあり、初心者でも理解しやすいような工夫が施されている。ワイン初心者の人にも是非オススメしたいシリーズだ。

2. フードペアリングは「ステーキサンド」

今回はBecause,I'm Cabernet sauvignon from Californiaの濃厚でしっかりとした味わいの飲み口にあわせて、ステーキサンドをペアリングした。

【ステーキサンド】(2人前 調理時間:20分)

材料

  • ステーキ肉1枚
  • 食パン2枚
  • 粒マスタード適量
  • 赤ワイン10ml
  • 濃口醤油5ml
  • バター1片
  • オリーブオイル適量
  • 塩胡椒適量

作り方

  • 室温に戻したステーキ肉に軽く塩コショウを振っておく。熱したフライパンにオリーブオイルを少量入れ、片面を強火で焼く。肉の部位や厚さにもよるが、強火で両面をしっかりと焼き、アルミホイルに包む。
  • アルミホイルで10分寝かせる。
  • トースターでバターを塗った食パンを焼く。
  • フライパンに残った肉汁に濃口醤油、赤ワイン、はちみつを入れて軽くアルコールを飛ばすようにしてなじませる。
  • アルミホイルで包んだステーキをフライパンの中に入れ、ソースと絡める。
  • .焼けた食パンに粒マスタードを塗り、ステーキをはさんでカットしたら完成。

ポイント

用意するステーキはかみきれるようなサシの入った柔らかい赤身がオススメだ。粒マスタードとバターは厚めに塗ると味わいの濃いステーキサンドが生まれる。

3. Because,I'm Cabernet sauvignon from Californiaとのペアリング

肉自体のボリューミーな旨みもあるが、濃口醤油とはちみつで煮詰めたソースと粒マスタードの相性がとても良い。カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨンは牛肉の旨みに負けないタンニンがあるので、ステーキサンドとのペアリングはバッチリだ。

結論

フルボディで飲み口のしっかりしたカベルネ・ソーヴィニヨンは、牛肉との相性はとてもいい。シンプルにグリルしたビーフステーキでも良いが、巷で話題のステーキサンドは作り方も簡単なのでぜひ試してみてほしい。その際はバターと粒マスタードは必須なのでお忘れなく。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年7月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング