このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
発泡酒を一覧でチェック!リーズナブルな価格の新ジャンルもおすすめ

発泡酒を一覧でチェック!リーズナブルな価格の新ジャンルもおすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年8月22日

発泡酒は麦芽比率が50%未満であるが、進化を続けビールと遜色ない味わいのものも販売されている。本記事ではビールよりも安価で、普段飲みに嬉しい発泡酒を一覧にして紹介していく。さらに新ジャンルのビールも一覧にまとめているので参考にしてほしい。

  

1. 発泡酒にはどんな種類がある?一覧にして紹介

発泡酒は多くの銘柄が販売されているお酒だ。ここでは主要ビールテイスト飲料のメーカーであるアサヒビール・キリンビール・サッポロビール・サントリーの発泡酒を一覧にして紹介していく。アルコール度数も合わせて一覧に記載するので、購入の際には参考にしてほしい。ただし一覧に記載の銘柄は、2021年4月現在製造しているものでタイアップ商品や限定販売の商品は除く。

発泡酒一覧

アサヒビール

「アサヒスタイルフリー<生>」 アルコール度数4%
「スタイルフリーパーフェクト」アルコール度数6%
「アサヒ本生ドラフト」アルコール度数5.5%
「アサヒ本生アクアブルー」アルコール度数5%

キリンビール

「淡麗極上<生>」アルコール度数5.5%
「淡麗グリーンラベル」アルコール度数4.5%
「淡麗プラチナダブル」アルコール度数5.5%

サッポロビール

「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」アルコール度数5%
「サッポロ 北海道生搾り」アルコール度数5.5%
「クローネンブルグ1664ブラン」アルコール度数5%

サントリー

該当なし

2. 発泡酒の新ジャンルは?一覧にして紹介

発泡酒の中でも新ジャンルと呼ばれるビールテイスト飲料も各社から販売されている。発泡酒と比較しても安価なものが多く、家計にも優しい新ジャンルを一覧にして紹介していく。アルコール度数も合わせて一覧に記載するので、購入の際には参考にしてほしい。新ジャンルは発泡酒よりも種類が豊富なので飲み比べをしてみるのもおすすめだ。ただし、一覧に記載の銘柄は2021年4月現在製造しているもので、タイアップ商品や限定販売の商品を除く。

新ジャンル一覧

アサヒビール

「アサヒ ザ・リッチ」アルコール度数6%
「アサヒ 極上<キレ味>」アルコール度数5%
「クリアアサヒ」アルコール度数5%
「クリアアサヒ 贅沢ゼロ」アルコール度数6%
「アサヒ オフ」アルコール度数3~4%
「アサヒ アクアゼロ」アルコール度数4%
「アサヒ オリオンサザンスター」アルコール度数5%

キリンビール

「キリン のどごし<生>」アルコール度数5%
「キリン のどごし STRONG」アルコール度数7%
「キリン のどごし ZERO」アルコール度数4%
「キリン のどごし <超爽快>」アルコール度数5%
「本麒麟」アルコール度数6%
「キリン 濃い味<糖質0>」アルコール度数2.5~3.5%

サッポロビール

「サッポロ 麦とホップ」アルコール度数5%
「サッポロ 麦とホップ<黒>」アルコール度数5%
「サッポロ 麦とホップ<赤>」アルコール度数6%
「サッポロドラフトワン」アルコール度数5%
「サッポロホワイトベルグ」アルコール度数5%
「サッポロ GOLD STAR」アルコール度数5%

サントリー

「金麦」アルコール度数5%
「金麦<ザ・ラガー>」アルコール度数6%
「金麦<糖質75%オフ>」アルコール度数4%
「ジョッキ生」アルコール度数5%
「クリアゴールド」アルコール度数5%

3. 発泡酒の麦芽比率はどれくらい?種類ごとに一覧にして紹介

発泡酒とビールの違いは原料に使用している麦芽比率にある。ビールの麦芽比率は50%以上。一方の発泡酒は、麦芽比率が50%未満もしくは使用する副材料の割合が5%を超えるものであることとなっている。上記一覧に記載した発泡酒は麦芽比率の詳細が非公表であるが、50%未満であるため発泡酒のジャンルとなっている。

新ジャンルと発泡酒の違い

一覧で記載したとおり各社から多くの新ジャンルビールが販売されているが、新ジャンルは発泡酒に麦由来のスピリッツを加えるか、麦や麦芽以外の原料を使用してつくられたものだ。新ジャンルではビールの風味が物足りないという人は発泡酒を試してみよう。

副原料

副原料はビールの個性をつくりだすために使用されるもので、果実やハーブなどさまざまな風味付けが可能だ。一覧に記載したような一般的な発泡酒だけではなく、地方では特産品を副原料に使用したビールなども販売されている。

結論

発泡酒は麦芽比率が50%未満のものであるが、ビールと似た豊かな風味が楽しめるお酒だ。一覧に記載した商品でも、それぞれアルコール度数や味わいが異なる。いくつか飲み比べをして好みに合わせた発泡酒を探してみるのもよいだろう。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年8月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング