このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ドイツのビールはどんな種類がある?おすすめのグラスも紹介

ドイツのビールはどんな種類がある?おすすめのグラスも紹介

投稿者:日本酒ナビゲーター 大京寺諄(だいきょうじしゅん)

鉛筆アイコン 2022年2月16日

ドイツでは厳しい基準のもと多くのビールが生産されている。本記事ではドイツで愛されるビールの種類やビールのスタイルに合わせたグラス、おすすめのおつまみを紹介する。普段は日本のビールを飲んでいるという人も本記事を参考に購入を検討してみてほしい。

  

1. ドイツのビール文化とは?

並んだジョッキビール
ドイツといえばビールというイメージを持っている人も多いのではないだろうか。ドイツビールにはビール純粋令という法律があり、厳しい基準でビールの質が守られている。ドイツビールは大きく上面発酵のヴァイツェンやケルシュ、下面発酵のピルスナーやドルトムンダーに分けられる。ここでは上面発酵、下面発酵それぞれのドイツビールでおすすめの銘柄を紹介する。

ガッフェル「ガッフェル ケルシュ」

1302年からの長い歴史を持つ醸造所。上面発酵のケルシュのなかでもキレのある味わいで柔らかい苦みが楽しめる。

フレンスブルガー「フレンスブルガー ピルスナー」

ピルスナータイプでホップの苦みが特徴的なドイツビール。辛口の飲み口は食事との相性もよく晩酌にもおすすめだ。

2. 有名なドイツビールを知りたい

並んだジョッキビール
ドイツビールは先述のように上面発酵、下面発酵でいくつかのスタイルがある。それぞれのスタイルで多くの銘柄が造られている。ここではドイツビールの銘柄のなかで特に知名度が高いものを紹介していく。

エルディンガー「エルディンガー ヴァイスピア」

小麦を使用したヴァイェンビール。フルーティーな香りとさわやかな味が楽しめる有名な銘柄だ。

ビットブルガー「ビットブルガー プレミアムピルス」

世界中のレストランやホテルで採用されるドイツNo.1のシェアのピルスナービール。ホップの苦みとキレのある口あたりが楽しめる。

3. ドイツビールに合うグラスやジョッキ

ジョッキビール
ドイツビールを飲むときはビールのスタイルに合わせたグラスを選びたい。たとえばヴァイツェンを飲むときはグラスの下部がすぼまった形状がおすすめだ。泡が長持ちしフルーティーな香りが長く楽しめる。ここではドイツビールを飲むときにおすすめのグラスをおすすめのビールの種類と併せて紹介する。

松徳硝子「うすはり グラス タンブラー 2個 セット L 木箱」

使い勝手のよいストレートな形状のビールグラス。うすはりのグラスは飲み口が柔らかくピルスナーやラガービールを飲むときに使いたい。

シュピゲラウ「クラフトビールグラス スタウト」

ドイツで造られる老舗のガラスブランド。ドイツビールのなかでもスタウトに最適な形状。軽くて丈夫なつくりで長く使えるビールグラスだ。

4. ドイツビールにピッタリのおつまみ

ウインナーとビール
ドイツといえばビールとソーセージというイメージを持つ人もいるのではないだろうか。ソーセージはドイツビールに合う代表的なおつまみだ。焼いたソーセージにケチャップとカレー粉をまぶせばカリーヴルストと呼ばれるドイツでも愛されるおつまみになる。ジャーマンポテトやきのこの炒め物、チーズもドイツビールのおつまみにおすすめだ。

結論

ドイツはビール大国ともいうべきビール文化の盛んな国で、さまざまなスタイルのビールが生産されている。上面発酵、下面発酵とそれぞれ異なった風味が楽しめるので、今回紹介した銘柄で気になるものがあれば試してみてほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年2月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧