このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビール

【ビールの賞味期限】過ぎても飲める?捨てずに活用する方法も紹介!

投稿者:ワインエキスパート 白川茜

鉛筆アイコン 2022年2月23日

ビールはお酒だから賞味期限がないのでは?と考える人もいるが、ビールには賞味期限が記載されている。しかしその期限を過ぎてしまったからといって、すぐに流してしまわないで欲しい。この記事ではビールの賞味期限がどのくらいかや期限を過ぎるとどうなるのか、また賞味期限切れのビールを有効活用する方法について紹介する。

  

1. ビールの賞味期限はどのくらいなの?

ビール
まずはビールの賞味期限がどのくらいなのかについてみていこう。

ビールの賞味期限と消費期限の違い

一般的にビールに記載されている賞味期限とは、その商品が美味しく楽しめる期間を表している。この日付を過ぎてから飲んでしまっても、体に害を及ぼすといったことはない。一方で腐敗が進みやすい商品に記載のある消費期限は、その商品が安全に消費できる期限を表している。消費期限が切れている商品を口にすることは安全面、健康面でのリスクに繋がるため注意してほしい。

ビールの賞味期限は製造から9ヶ月ほど

アサヒ、キリンなどの身近に見かけるビールの場合、賞味期限は製造から9か月となっている。クラフトビールや輸入ビールの場合はそれよりも短い賞味期限であったり、何年も熟成可能なこともある。入手した場合はそれぞれの賞味期限を確認しておこう。

ビールのタイプによる賞味期限の違いは?

同じビールであれば瓶でも缶でも樽に入ったものでも、賞味期限は同じだ。しかし美味しく楽しめる期間には差があり、缶ビールが6か月、瓶ビールが3か月、樽ビールの場合は3日~1週間となっている。ビールを選ぶ際はこの違いにも気を付けてみてほしい。

2. 賞味期限切れのビールの特徴

ビール
次は賞味期限が切れてしまったビールにはどんな特徴があるのかという点をみていこう。

臭いや香り、味の変化

賞味期限が切れると、ビール本来の風味が感じられなくなっていく。酸味が出てきたり水っぽい味わいになったりといった変化も出てくる。

泡立ちの変化

ビールの命ともいえる炭酸も、賞味期限が切れ時間が経過するとともに抜けていってしまう。泡立ちが悪くなり、キレやのど越しといった清涼感も感じられなくなる。

3. 賞味期限切れのビールはいつまで飲めるの?

ビール
次は、賞味期限が切れてしまったビールがいつまでなら飲める味わいなのかについてみていこう。

賞味期限間近のビール

賞味期限内のビールなので、風味の変化などはあまり感じられないだろう。もちろん保存状態に大きく左右されるので、日なたに長期間置いていた場合などは味の劣化が感じられるかもしれない。

賞味期限が1~2カ月過ぎたビール

1か月ほど賞味期限が過ぎている程度であれば、大きな味の変化は見られないことが多い。2か月を過ぎたもの、とくに瓶ビールの場合は風味の劣化が感じられるようになる。

賞味期限が6カ月過ぎたビール

賞味期限が切れて半年経ったビールは、炭酸が弱くなっていたり酸味が感じられるようになる。しっかり冷やせば飲めるという意見もあるが、無理をして飲むのは避けたいところだ。

賞味期限が1年過ぎたビール

賞味期限から1年以上過ぎてしまったビールは、濁りが見られ炭酸も抜けてしまっていることが多い。風味も落ちており美味しく飲むのは難しいと感じる人がほとんどだ。

賞味期限が2年以上過ぎたビール

賞味期限から2年以上経過すると、ほぼ炭酸が感じられずビール本来の風味から遠ざかったものになる。泡立ちはほぼなくなり、酸味も強くなっている可能性が高い。

4. ビールの正しい保存方法

ビール
ビールの賞味期限は9か月と長めだが、正しく保存しないとそれを縮めてしまうことになりかねない。次はビールを美味しい状態で楽しむための、正しい保存方法についてみていこう。

冷蔵庫の場合

冷蔵庫はビールの保存に適しているが、気を付けてほしいポイントが2点ある。1点目はビールが冷えすぎてしまわないようにすることだ。ビールの置き場所によってはビールが凍ってしまうことがあり、そうなると賞味期限内であっても味が落ちてしまう。2点目は、塩や醤油はアルミを腐食することがあるため、缶ビールの場合はそういったものの近くで保存しないようにすることだ。

常温保存の場合

ビールは常温保存も可能だが、極端に暑い場所や寒い場所には置かないようにしよう。日光が当たる場所は避けるようにし、冷暗所で保存するようにしてほしい。また、洗剤など香りの強いものの近くに置くと香りが移ることがあり、賞味期限内でも風味が変わることがあるため気を付けよう。

5. 賞味期限切れビールの活用方法

掃除
賞味期限が切れてしまって味も飲めそうにない、といってすぐに捨ててしまわないでほしい。最後に賞味期限切れのビールを有効活用する方法を紹介する。

料理に活用

ビールは飲むだけでなく、料理でも活躍するお酒だ。肉料理の下ごしらえとして、肉をビールに漬け込んでおくと肉が柔らかくなる。また、揚げ物を作るときの衣作りにビールを使うとサクサクした食感になるのでぜひ試してほしい。賞味期限を大きく過ぎたビールは風味が悪くなっていることがあるため、問題ないか確認してから使うようにしよう。

掃除に活用

ビールはアルコールや酵素を含んでおり、油汚れを落としやすくしてくれる。コンロ周りなどキッチンの油汚れや窓、床などを掃除するときにぜひ使ってほしい。

肥料として活用

ビールに含まれる成分は植物の栄養になるため、肥料として活用することもできる。根に直接かからないよう土にビールをかけるようにしよう。飲めないくらいに味わいの落ちたビールでも問題ない。

結論

ビールは賞味期限が長く、賞味期限が切れてしまっても色々と使い道のあるお酒だ。もちろん正しく保存して美味しい状態で飲むのが一番だが、賞味期限切れでも飲めるケースや活用方法があることを覚えておいてほしい。賞味期限切れビールの活用方法は飲み残しビールでも有効なので、最後の一滴まで無駄なく使いたいものだ。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年2月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧