このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
週末に作り置き!@@アレンジ自在のしっとり鶏ハム

週末に作り置き!
アレンジ自在のしっとり鶏ハム

レシピ提供者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年12月11日

鶏ハム(とりはむ)は簡単に出来て美味しいという人気のメニュー。数日間保存もできるため、常備食材としても優秀な一品だ。サラダにのせたり、麺類のうえにトッピングしたり、パンに挟んでサンドイッチにしたりといろいろな料理に活用できる。忙しいお父さんに是非試していただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
Step1

鶏肉に砂糖、塩の順にすりこむ

鶏ムネ肉はキッチンペーパーで水気を取り、皮や脂身を除く。厚みが均一になるように観音開きにしたらまず砂糖をすりこみ、10分程度置いてから塩をすりこむ。最後に、おろしにんにく、おろし生姜をすりこもう。塩をすりこむと鶏肉から水分が出てきてしまうので、手早く準備するのがポイントだ。

この記事もcheck!

Step2

<子どもと一緒に!>くるくる丸めてラップで密封!

広げたラップのうえに鶏ムネ肉2枚を少し重ねて置き、直径7~8cmの筒状に丸める。ラップをしっかり巻きつけ形を整え、空気が入らないように両端をきつくねじる。さらに端が緩まないようもう1枚ラップを巻く。加熱したときに破裂しないよう、爪楊枝で穴を2~3ヶ所開けておく。鶏肉をくるくる丸めるのは子どもも楽しんで出来る工程だが、ラップを巻く作業は大人がやろう。

この記事もcheck!

Step3

レンジ加熱後は余熱調理

600Wで5~6分加熱する。加熱後は余熱で全体に火が入るため、ラップをしたままレンジの中に1時間ほど置いておく。大きめの鶏肉の場合は加熱時間を半分に区切り、3分たったら裏返すようにするとまんべんなく火が通りやすい。竹串をさし、赤い汁が出てこなければ火が通ったサイン。十分に冷めてからラップを外す。

この記事もcheck!

完成!

食べやすい大きさに切り、器に盛れば完成だ。この時、十分に冷めてから切るようにすると形が崩れにくく、肉汁も流れ出にくい。別の記事で低温調理法についてお伝えしたが、今回は子どもも安全なよう、しっかりと火が通るレンジ調理でのレシピをご紹介した。

材料 材料

3~4人分

  • 鶏ムネ肉2枚(300g)
  • 砂糖3g
    ※鶏肉の重量の約1%
  • 3g
    ※鶏肉の重量の約1%
  • おろしにんにく小さじ1/2
  • おろし生姜小さじ1/2

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >