このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
毛ガニ・タラバガニ・ズワイガニの違いと料理別の選び方説明できる?

毛ガニ・タラバガニ・ズワイガニの違いと料理別の選び方説明できる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年1月30日

料理の世界には、似て非なる調理法、食材、加工法が多く存在する。今回お届けするのは、毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ。みなさんはその違いをご存知のだろうか? 違いが明確にわかるよう、それぞれの特徴をお届けしていこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 毛ガニとは

クリガニ科の毛ガニ。その名の通り、毛が生えていることからこの名がついたと言われている。甲羅の大きさは、15cmほど。東日本では、特に人気の高い、ポピュラーなカニの1種である。色は茶色で、茹でてもさほど赤くならない。

味わいは?

ズワイガニなどに比べると個体自体が小さいこともあり、ボリューム感に欠ける印象があるが、身は甘みが強く、繊維質でほぐれやすい。蒸すか茹でて食べるのが基本で、蟹味噌に身をつけて食べる人も多い。足はもちろん、甲羅の下にもたくさん身が詰まっている。

蟹味噌とは何のこと?

毛ガニは蟹味噌が美味しいことでも知られている。では、蟹味噌とは一体何かご存知であろうか?答えは、カニの肝膵臓。肝膵臓とは、膵臓が肝臓内に組み込まれた臓器のことを指す。蟹味噌目当てにカニを食べるという人がいるほど、珍味として知られている。

2. タラバガニとは

タラバガニ科のタラバガニ。全身に棘のような突起があり、ゴツゴツとした印象で色は紫がかった茶色。茹でるとオレンジになる。甲羅の幅が25cmほどで、他のガニと比べるとかなり大きい。太い足は4対で8本、小さな足が1対で2本。合計10本の足がある。タラバガニ科で食用として漁獲されているものは3種で、タラバガニ、ハナサキガニ、アブラガニである。

味わいは?

主に食べるのは太くしっかりとした足の部分で、たっぷりとボリューム感のある身が詰まっている。食べ応えがあり、淡白な味わい。タラバガニの蟹味噌はほとんど食べない。インパクトのある見た目は華やかさがあるので、正月や晴れの日のメニューに並ぶことも多い。

実はヤドカリ科

実は、タラバガニはカニという名がついているが、生物学上はヤドカリの仲間に分類される。正式名は、節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目タラバガニ科タラバガニ属。エビとカニの中間のような存在だといわれている。

3. ズワイガニとは

ケセンガニ科のズワイガニ。甲羅の大きさは、オスで13cm、メスで8cmほど。5対10本の細く長い足が特徴で、見た目は明るめの褐色や茶色。前出の2種よりは、リーズナブルな価格で取引がされている。国内で漁獲されるのは、ズワイガニのほか、ベニズワイガニ、オオズワイガニがある。茹でると鮮やかなオレンジ色になる。

味わいは?

細長い足に詰まった身を食べるのが基本。甘みがとても強く、味わいも濃厚。刺身として食べることもある。ちなみに一般的に食べられているズワイガニは、そのほとんどがオス。メスは身というよりは、内子と呼ばれる卵巣や外子と呼ばれる卵を食べるもの。この内子と外子は珍味として知られている。

多彩なブランドガニ

ズワイガニには、島根や鳥取で漁獲される松葉ガニ、福井で漁獲される越前ガニなど、ブランド化したものが多いのも特徴。メスはセイコガニ、コウバコガニと呼ばれることがある。

4. 上手な選び方

味によるチョイス

とにかくボリュームのある味とルックスを楽しむのなら、タラバガニ。カニ本来の味わいを楽しむのなら、ズワイガニ。味噌とほろほろほどける身を楽しむなら、毛ガニが吉。どのカニもお酒、特に日本酒との相性が抜群。

料理によるチョイス

毛ガニは、調理は最低限にとどめ、そのまま身を食べるのが正解。鍋にする場合は、足に身の詰まったタラバガニやズワイガニを選ぶといいだろう。生で刺身にする場合は、ズワイガニが吉。

結論

高級食材として知られるカニ。せっかく食べるのなら、用途や好みに合わせて選びたいもの。しっかり学んで最高のカニを美味しくいただこう!

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2018年10月 8日

  • 更新日:

    2020年1月30日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ