このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ちくわ】の正しい保存方法。冷蔵、冷凍保存のコツを解説

【ちくわ】の正しい保存方法。冷蔵、冷凍保存のコツを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年12月20日

お弁当のおかずや酒肴に重宝するちくわ。原料はスケトウダラやトビウオなどの魚肉で、ヘルシーかつ値段も手頃な食材だ。冷蔵や冷凍保存のコツを押さえて、日々の料理に活用していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ちくわの保存方法・期間

ちくわは白身の魚肉のすり身を竹に巻き付けて、焼き目を付けて仕上げたもの。そんな製造工程から「竹輪」と呼ばれるようになり、様々な太さや長さのものがある。穴の中にきゅうりやチーズを詰めたり、磯辺揚げにしたり、おでんや煮物、炒め物にと幅広く使え、子供から大人まで老若男女問わず誰もが食べやすい食材だ。

食感は柔らかでありながら弾力もある。弁当箱の中では、すき間が狭ければ縮んで収まってくれるし、すき間が広ければ斜めにカットするとうまくスペースを埋めてくれる。

まさに弁当作りにはかかせない万能素材だが、賞味期限は冷蔵で1週間程度。開封後は酸化して傷みやすいため、2日~3日中に食べ切る必要がある。

2. ちくわの冷蔵のコツ

ちくわは、一般的に5本入りのものが多く売られている。あともう一品ほしい時のおかず作りに便利とはいえ、1度に全部使い切れないこともあるだろう。

しかしながら前述のように、開封後は冷蔵で2日~3日以内に食べ切るようにしたい。しかも、残ったちくわは乾燥しやすく、他の食材の匂いも移りやすい。そこでちょっとひと手間。1本ずつラップでぴっちりと包んで、ファスナー付き保存袋か密閉容器に入れて冷蔵庫にしまおう。

3. ちくわの冷凍のコツ

開封後に残ったちくわを、うっかり冷蔵庫の片隅に放置してしまい、あえなく処分したことがある人も多いのでは。使い勝手がよい食材だからこそ、余ったらすぐに冷凍するのが得策だ。約1カ月間の保存が可能になる。

じつは、水分の少ない練り製品のちくわは冷凍に向いている。凍らせても組織があまり変質しないからだ。未開封であれば袋のまま冷凍庫に入れてもOK。しかし開封した場合は傷みやすくなるので、1本ずつラップで包み、ファスナー付き保存袋に入れてフリージングしよう。

解凍後にすぐに調理できるよう、食べやすいサイズにカットしてからの冷凍もオススメだ。磯辺揚げなら、縦や斜めに2等分に。煮物なら、輪切りや斜め切りで2~4等分に。やや細かくカットしておけば、炒め物にも重宝する。それぞれ1回分として使う分量ごとにラップで小分けして包んでおき、まとめてファスナー付き保存袋へ。ファスナーを閉じる際は、空気をしっかり抜いて、酸化や乾燥、冷凍臭が付くのを防ごう。

4. ちくわの解凍方法&おすすめの食べ方

冷凍したちくわは、冷蔵庫で自然解凍することができる。火を通す場合は、半解凍の状態か、凍ったままでも調理可能だ。カットして冷凍したものは、炒め物、煮物、汁物など、直接フライパンや鍋に入れることができ、時短料理につながる。

かき揚げ、小松菜の煮浸し、きんぴらごぼう、卵とじ、お好み焼きなどの定番料理にちくわを加えれば、ボリュームがアップして満足度の高い一品に。また、ピーマンやインゲン、アスパラガス、ブロッコリーなど緑黄色野菜とも相性がよい。これらの野菜にちくわを加え、オリーブオイルやゴマ油でさっと炒めるだけで美味しい一品になる。

結論

ちくわは1年中店頭に並び、様々な食材と合わせやすい。冷凍してストックしておけば、急いで調理したい時に助かる。カロリーは低めだが、塩分がやや高いので食べ過ぎには注意しよう。

この記事もCheck!

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ