このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイエットの敵?味方?さばの味噌煮のカロリーと糖質量

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

しっかりとした味付けで食べ応えのある、さばの味噌煮。魚料理なのでヘルシーな印象もあるが、実際のカロリーはどれくらいだろうか。ここでは、さばの味噌煮に含まれるカロリーや栄養、糖質、またカロリーオフする食べ方について学ぼう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. さばの味噌煮のカロリーは高い?

さばの味噌煮は、まさば、ごまさば、太平洋さばといった、さばの種類によってカロリーが変わってくるが、1人前をおよそ160gとすると、カロリーは350kcal程度だ。味噌は1食分15gで約30~40kcalなので、カロリーのほとんどは、さばによるものだ。

まさばの旬は秋から冬で、脂がたっぷりと乗る。美味しさに比例してカロリーも上がってしまうのが、ダイエット中の人には気にかかるところだろう。しかし、さばは良質のたんぱく質なので、糖質が多く腹持ちが悪いものを食べすぎるよりも健全だ。そのため、さば自体のカロリーを気にしすぎる必要は、あまりないと言えるだろう。

2. さばの味噌煮は栄養の宝庫

ダイエット中だからと避けるにはもったいないほど、さばの味噌煮には豊富な栄養素が含まれている。さば含まれるDHAやEPAという不飽和脂肪酸は、コレステロール値などの血中脂質を正常に保つ働きをしてくれるのだ。さらにEPAには満腹感を高め、食欲を抑える効果も期待できる。

また、味噌の原料である大豆には、大豆サポニンが含まれており、摂取された脂肪が体内に吸収されることを抑制する働きがある。さばの味噌煮には、ダイエット中だからこそありがたい栄養がたっぷり入っているのだ。

3. さばの味噌煮の糖質

さばの味噌煮の糖質量は、1人前160gで約10g程度だ。100gあたりに換算すると約6.6gで、「100gあたり5g以下」という低糖質の基準にも近く、糖質の低い料理だと言える。

しかし注意したいのが、さばの味噌煮の味付けに使う味噌だ。味噌の中でも、白味噌は糖質が比較的高く、大さじ1杯で約5.8gもの糖質が含まれる。また、辛い味噌に比べて甘い味噌の方が糖質を多く含む傾向にある。糖質制限中は、味付け用の味噌に注意しよう。

4. カロリーオフする食べ方でさばの味噌煮ダイエット

上記の通り、さばの味噌煮はダイエット中にこそ積極的に食べたい一品でもある。さば自体をカロリーオフするのは難しいので、食べ方を工夫しよう。

最も気をつけるべきことは、白米の量だ。さばの味噌煮とごはんの相性はバツグンだが、ごはんは糖質の塊。ごはんを減らして、その代わりに、豆腐と一緒にさばの味噌煮を食べることで、たんぱく質の量が増え、糖質オフの効果をより発揮するだろう。また、しょうがのトッピングは毎回欠かさずに加えよう。しょうがは体を温め、体内のエネルギーを消費しやすくしてくれる。しょうがは、さばの味噌煮にぴったりの薬味なので、たっぷり入れて食べよう。

味噌のカロリーや糖質が気になる場合は、豆味噌を使うのがおすすめだ。豆味噌といえば赤色の八丁味噌で、味噌カツの味付けに使われている。豆味噌のカロリーは大さじ1杯で39kcal、糖質量は約1.5gと、味噌の中で格段に低い。一方で、塩分含有率は他の味噌よりも高いので、味付けの際には量に気をつけよう。

結論

さばの味噌煮のカロリーは高く思われるが、意外にも糖質量は低い。また、さばの味噌煮には健康効果の高い成分が豊富に含まれており、かつ腹持ちもよい優秀な一品だ。ダイエット中でも、カロリーや糖質をコントロールしながら美味しく食べて、健康な体作りに役立ててほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ