このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

主役はチーズタッカルビ!相性のいい献立やアレンジ方法について

投稿者:
ライター平野夏希(ひらのなつき)

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年3月 4日

とろとろのチーズに鶏肉や野菜をからめて食べるチーズタッカルビ。ボリュームがあり家庭でも手軽に作れることから、毎日の食卓やパーティーシーンで人気を集める料理だ。そんなチーズタッカルビを主役にするとき、そのほかの献立を何にしようか悩む人もいるだろう。今回はチーズタッカルビに合う副菜やスープと、チーズタッカルビのアレンジレシピを紹介しよう。

1. チーズタッカルビに合うおすすめ副菜

チーズタッカルビを主役にするなら、副菜はさっぱりしたものや味の主張が強すぎないものがおすすめだ。チーズタッカルビを食べるときの箸休めのような存在になる副菜を用意しよう。
冷たい副菜でいえば、冷奴やサラダ、酢の物など。チーズタッカルビと比べてさっぱりとした味わいなので、一緒に食べることで飽きがこなくなる。その中でもサラダは具材のバリエーションが豊富。使う具材を変えればいろいろと楽しめるだろう。
また、煮物や焼き物などのあたたかい副菜もチーズタッカルビに合うおすすめの副菜だ。ここで肉や魚を使うと、主役であるチーズタッカルビに負けないボリュームのある副菜になってしまうので、野菜を中心にするのがポイントだ。カボチャの煮物や焼き野菜のマリネなど、見た目の彩りも意識しながら副菜を選ぼう。

2. チーズタッカルビに合うおすすめスープ

チーズタッカルビ自体がボリュームのある料理なので、具材の少ないスープと合わせるのがおすすめだ。あっさりとした味わいの、チーズタッカルビを引き立てるスープを選ぶといいだろう。
チーズタッカルビと相性のいいスープとして最初におすすめしたいのが味噌汁。和風のスープの中でもあっさりとした味わいが特徴だ。豆腐やなめこの味噌汁など、少ない具材でも美味しく食べられるものを選ぼう。
洋風のスープなら、トマトを入れたコンソメスープはいかがだろうか。コンソメと皮をむいたトマトを合わせれば、酸味が効いたあっさり味のスープが完成する。もちろんトマトなしのコンソメスープでもいいが、チーズタッカルビの味が濃い分、トマトの酸味があれば口がさっぱりしてより食が進むだろう。
ほかにも、中華出汁や鶏ガラをベースにしたスープもおすすめだ。中華味のスープは濃い味のものが多いが、薄味に作ったほうがチーズタッカルビに合うので気をつけよう。

3. チーズタッカルビのアレンジレシピ

アレンジ次第でいろいろ楽しめるチーズタッカルビ。ここではとくにおすすめしたいアレンジレシピを紹介していこう。
まずはメインの具材を変えるアレンジ方法。チーズタッカルビといえば鶏もも肉を使うのが一般的だが、よりさっぱりとした口当たりにしたい場合は、鶏むね肉を使ってはいかがだろうか。鶏もも肉とは違った食感を楽しむことができるうえ、肉自体の価格もリーズナブルなので節約したい人におすすめだ。ほかにも、豚肉や魚介に変えても美味しく食べられる。メインの具材を変えることで、味わいも見た目もガラッと変わるだろう。
また、具材ではなく味付けをアレンジする方法もある。基本のチーズタッカルビにトマトを加えれば、酸味が効いたさっぱりとした味わいになる。トマトはそのまま切ると食べたときに口の中に皮が残ってしまうので、湯むきするなどひと手間加えることで完成度を高めよう。ほかにも、カレー粉を加えればパンチの効いた風味豊かな味わいになる。カレー粉がない場合、レトルトカレーを少量加えてもいい。基本の味付けに何かを加えることで、チーズタッカルビの新しい美味しさを発見できるだろう。

結論

一品でもじゅうぶん食べごたえのあるチーズタッカルビだが、献立に工夫すると食卓をより華やかに演出できる。副菜やスープと一緒に食べることで食卓がより華やかになり、満足度の高い料理に変わるだろう。いつもの味わいに飽きたら、ぜひアレンジレシピにも挑戦してほしい。チーズタッカルビのメインの具材や味付けを少し変えるだけなので、いろいろと試しながら自分好みのアレンジを見つけてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ