このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

甘みあふれるアップルパイを最大限に楽しむ美味しい食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月10日

ヨーロッパが発祥の地で、見ためにインパクトもあるスイーツアップルパイ。果物が好きな人にはとくになじみ深いスイーツだ。スーパーなどでも販売されているアップルパイだが、皆さんはどのようにしてアップルパイを食べているだろうか。今回はアップルパイの美味しい食べ方と、ダイエット中でも気軽に食べることができる食べ方について紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 歴史あるスイーツアップルパイの特徴

アップルパイはイギリスとオランダで昔からよく食べられていたスイーツであるが、アメリカに渡ったのをきっかけに世界中に広まった。そのアップルパイ、国ごとに形状が全く違うのである。日本・オーストラリア・アメリカ・イギリスなどでは形や大きさがさまざまだ。
パリッとしたパイ生地に、食感のよいりんごを加えることで、絶妙な感触と甘みを演出できるのが、アップルパイの最大の特徴。
コーヒーや紅茶との相性もよく、海外でもアフタヌーンティーのおともとして、スコーン・マフィン・ザッハトルテと並んで人気のスイーツである。
自宅でも作ることができるスイーツ。さまざまな形状のアップルパイを作ってみてはいかがだろうか。

2. 食べ方・楽しみ方が多用!アップルパイの美味しい食べ方

アップルパイといっても食べ方は多用にある。ここではアップルパイのおすすめの食べ方を4つ紹介していこう。

・温かいアップルパイ

オーブンで焼きたての熱々のアップルパイを食べる食べ方。冷めたものも再度オーブンレンジで温めることで温かいアップルパイを味わうことができる。アップルパイを温めることで、りんごの甘みをより引き立てることができ、甘い味わいを楽しむことができる。

・冷凍アップルパイ

冷凍したパイ生地で味付けしたりんごを挟んで食べる方法。りんごとパイ生地のシャリッとした感触がたまらない一品。シャーベット上にして食べるのもおすすめなので、ぜひ一度堪能してみてほしい。

・カスタードアップルパイ

アップルパイを作る過程でりんごと一緒にカスタードを入れ込んだ一品。りんごの甘さに加えカスタードの甘みもプラスされるので、より濃厚なアップルパイを楽しむことができる。

・アイスクリームアップルパイ

熱々のアップルパイにアイスクリームを添えて食べる食べ方。熱さと冷たさのギャップがクセになる一品で同時に2つの味を楽しむことができる。子どもからも大人気の食べ方だ。

3. カロリーオフで!アップルパイをダイエット中でも食べる方法

アップルパイを作るにあたり、多くの砂糖とバターを使用するとカロリーが高くなってしまう傾向がある。そのため、ダイエット中の人や、体重を気にしている人は気軽に食べることができないのが難点だ。
しかし、アップルパイを手作りすれば市販されているものよりカロリーオフして食べることができる。
市販のアップルパイは砂糖やバターが多めに使用されている傾向にある。そのため、作る過程で砂糖やバターの量を減らすことができる手作りアップルパイは、カロリーオフのアップルパイを作るのにうってつけだ。ローカロリーの甘味料を使ってお菓子を作ることも可能なのでチャレンジしてみてはどうだろうか。
自分の1日の摂取カロリーを考えたうえで、手作りアップルパイの砂糖とバターの分量を決め、作るとよいだろう。

結論

アップルパイはりんごもふんだんに使用されているので、とてもボリューミーなスイーツだ。少量でもお腹がいっぱいになるので食べ過ぎには注意が必要である。紅茶やコーヒーなど、合わせるお茶を変えるだけでも味わいが変化するといわれている。お茶だけではなく、合わせる調味料なども自分好みのアップルパイの食べ方を模索してみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ