このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アップルパイのカロリーに注意!簡単にできるカロリーオフレシピ紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月12日

サクサクのパイの中に、甘く味付けされたりんごをたっぷり使用した、歴史あるスイーツアップルパイ。ボリュームのある食べごたえと独特な形状が、幅広い年代から愛されているスイーツでもある。美味しすぎてつい、食べすぎてしまうアップルパイだが、含まれているカロリーや糖質はご存知だろうか。今回は、アップルパイに含まれる、カロリー・栄養・糖質・カロリーオフの食べ方について紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アップルパイに含まれているカロリー

アップルパイには、砂糖やバターなど高カロリーの原因となる材料が豊富に使用されている。そのため、アップルパイのカロリーは高く、1人分が約304kcalといわれている。少しカロリーが高めなので、1度に何個も食べるのは避けたほうがよいだろう。
最近では、アイスクリームがのったり、中にカスタードが入っていたりするアップルパイも存在する。美味しさがプラスされて、絶品であることは間違いないが、その分カロリーも大幅に増大するので注意が必要だ。カロリー制限中の人は、1日あたりに食べる量を減らすなど、工夫が必要である。

2. アップルパイで摂取できる健康によい栄養素

アップルパイに使用されるりんごの皮には、「ペクチン」といわれる栄養素が含まれている。ペクチンは美容効果を秘めた栄養素で、皮膚のたるみやむくみなどに作用してくれる効能を持つことが知られている。ほかにもペクチンは、腸内のビフィズス菌の働きを促してくれる。便秘気味の人にはぜひ摂取していただきたい。
また、りんごを加熱することでオリゴ糖と呼ばれる成分が増加する。オリゴ糖は、腸内環境を整える作用を持っているのでおすすめ。アップルパイは体に内面と外面両方にとってありがたい栄養素が豊富に含まれているのだ。

3. 食べすぎ注意!アップルパイに含まれている糖質

アップルパイの材料を見ると、糖質が高いスイーツだということがわかる。糖質は31.7gといわれている。ダイエット中や体重を気にしている人にはとても痛々しい数字かもしれない。この数値は、ショートケーキやミートパイなどと同等だ。頻繁に摂取することは避けたほうがいい値といえる。
また、市販で販売されているアップルパイは、より多くの甘味料が使用されているため、さらに高い糖質値となってしまう。1日、1週間の献立を考慮し、アップルパイを摂取するタイミングを図ってほしい。

4. 簡単に作ろう!アップルパイのカロリーオフレシピ

アップルパイをカロリーオフで食べたい場合は、手作りが必須といえるだろう。カロリーオフのアップルパイを作るポイントについて紹介していく。

甘味料を減らす

使用する砂糖などの甘味料を減らすことは、カロリーや糖質の軽減に直結する。甘みのあるりんごを選定することで、多少砂糖を減らしても違和感なく食べることができるだろう。

パイ生地を代用

パイ生地を餃子の皮や春巻きの皮などに変更するだけでカロリーを抑えることができる。1個あたりの大きさも小さくなるので、食べすぎを防止するという意味でもよいだろう。また、調理時間も短縮できるので、おすすめの調理方法だ。

結論

あまり知られていなかったかもしれないが、ポテンシャルを秘めたアップルパイ。カロリーオフの食べ方を実践することで、甘さあり、ボリュームあり、満足感ありの贅沢なスイーツへと変貌する。たまにはカロリーなどを気にせず、カスタードやアイスクリームがトッピングされたアップルパイを食べる日を設けてもよいだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ