このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ヘルシーと噂のパイタンスープ(白湯)のカロリーや栄養バランスは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年4月16日

パイタンスープ(白湯)は、カロリーが少なくヘルシーなイメージがあるスープだ。しかし、実際にパイタンスープ(白湯)にどれくらいのカロリーがあるのか知っているという人は少ないはず。この記事では、ヘルシーだと言われているパイタンスープ(白湯)の、カロリーや栄養について紹介していく。

1. パイタンスープ(白湯)のカロリーはどれくらい?

中華におけるさまざまなスープ

中華料理には、4種類の湯(タン)=スープがあり、そのうちのひとつがパイタン(白湯)だ。パイタンは白く濁ったスープで、鍋やラーメンのスープとしてもよく利用されている。最近ではさまざまなメーカーから、パイタンスープ(白湯)の素も登場しているので、それらのカロリーを見てみよう。

パイタンスープ(白湯)のカロリー

たとえば、最近話題になっている鍋用のキューブ状固形スープ。あるメーカーから販売されているパイタンスープ(白湯)のキューブのカロリーは、1個(1人前)あたり30kcalとなっている。それほど高カロリーではないように思える。具材を選べば、ヘルシーな鍋になるだろう。

別のメーカーの白湯スープの素は、1袋35g(2人前)で64kcalだ。顆粒タイプのスープの素も販売されていて、100gあたり220kcal程度となっている。レシピにもよるが、1人分で大さじ1~2程度(10~20g程度)を使うことが多いので、1人前のカロリーは30~40kcal程度だ。

このようにさまざまな素をチェックしても、パイタンスープ(白湯)自体のカロリーは非常に低いと考えられる。とはいえ、使う料理によっては、カロリーが高めになることもある。代表的なものはラーメンだ。パイタンスープ(白湯)を使ったラーメンはヘルシーではあるが、それはあくまでもラーメンの中ではという条件があり、ラーメン自体のカロリーが高めであることには注意が必要となる。

2. パイタンスープ(白湯)はどうやって作る?栄養バランスは?

パイタンスープ(白湯)がヘルシーであることはわかったが、栄養が十分に摂れるのかについても、気になるところだ。パイタンスープ(白湯)の栄養について知るために、まずはその材料や作り方を見ていこう。

肉の旨みがたっぷり溶け込んだスープ

パイタンスープ(白湯)の材料は、豚や鶏の骨、足、背脂など。これらを強火でぐつぐつと煮込むことで、白濁したスープができあがる。豚や鶏の足にはコラーゲンが含まれているので、女性にとって嬉しい美容成分が、たっぷりと含まれているのだ。ただし、野菜などを一緒に煮込むわけではないので、栄養のバランスが整っているとは言えないだろう。

とは言え、できあがったパイタンスープ(白湯)をそのまま飲むことはまずなく、基本的にはなんらかの料理のベースとして使われる。パイタンスープ(白湯)の栄養も気になるところではあるが、それを使った料理全体での栄養バランスを考えれば大丈夫だろう。たとえば、鍋や野菜スープなどは野菜をたっぷり摂ることができるので、栄養バランスもよいだろう。

3. 低カロリーなパイタンスープ(白湯)は糖質も少ない?

近年は、糖質制限が流行していることもあり、パイタンスープ(白湯)の糖質量が気になる人もいるだろう。低カロリーだが高糖質な食材もあるため、カロリーが低いからといって安心はできない。

パイタンスープ(白湯)は上述したように、豚や鶏の骨・足・背脂などを煮込んで作る。肉類はそもそも糖質量が非常に少ない食品なので、パイタンスープ(白湯)の糖質量も、ほとんど気にする必要はないだろう。

前項で紹介したように、各メーカーから販売されているパイタンスープ(白湯)の商品にしても、1人前の糖質量は2~4g程度だ。野菜などのエキスも含まれていてこの数値なのだから、パイタンスープ(白湯)自体の糖質量が少ないことは明白だろう。

4. パイタンスープ(白湯)をカロリーオフするおすすめの食べ方

前述の通り、パイタンスープ(白湯)自体はカロリーが低くヘルシーだが、使う料理によってはカロリーが高めになることもある。低カロリーなパイタンスープ(白湯)を活かすために、カロリーオフする食べ方を紹介しよう。

ヘルシーな具材を合わせたスープ

パイタンスープ(白湯)のカロリーオフする食べ方としては、野菜スープや卵スープといったスープ系がおすすめだ。白菜や玉ねぎ、人参、卵、長ねぎなど、さまざま栄養も摂ることができるので、健康にもよいだろう。

具沢山のヘルシー鍋もおすすめ

もっとボリュームが欲しいという人におすすめなカロリーオフする食べ方は、パイタンスープ(白湯)の鍋。ただし、鍋をする場合は具材に注意が必要だ。低カロリーでヘルシーな鍋にしたい場合には、具材も低カロリーなものを選ばなければいけない。肉は牛や豚ではなく鶏を選ぶ。きのこ類は食べごたえがあるうえ、カロリーも糖質もほとんどないため、ヘルシー鍋にぴったりの食材なので、野菜はきのこ類を多めに入れるのがおすすめだ。そのほか、ヘルシーな野菜かつ、かさ増しにもなる、もやしもおすすめしておこう。

結論

低カロリーでヘルシーだと言われるパイタンスープ(白湯)だが、実際に調べてみても、やはりカロリーが少なくヘルシーであることがわかった。パイタンスープ(白湯)はさまざまな形態で市販されているので、料理にも使いやすいのが特徴だ。ぜひパイタンスープ(白湯)を使って、ヘルシーな料理に挑戦してもらいたい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ