このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

バーベキューソースの正しい保存方法を学ぶ!市販と自家製の違い

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年4月21日

簡単に深みのある味付けができることから、バーベキューソースは重宝する調味料だ。そんなバーベキューソースはたくさん用意しておきたいものだが、正しい保存方法がわからないという人もいるだろう。とくに自家製バーベキューソースは、どれくらい日持ちするのかも気になるところである。バーベキューソースの正しい保存方法や保存期間について、この記事で紹介していこう。

1. 未開封のバーベキューソースは常温保存が正しい保存方法

バーベキューソースを手作りしている人も少なくないとは思うが、市販のものを使う人のほうがおそらく多いだろう。市販のバーベキューソースは、どう保存するのが正しい保存方法なのだろうか。
市販のバーベキューソースは未開封であれば常温保存で良いだろう。これまで調味料の保存方法については過去にさまざまな議論があったが、常温が正しい保存方法だと一応の決着がついているようだ。バーベキューソースにはボトルタイプのものと缶タイプのものがあるが、どちらも常温で保存できる。冷暗所に置き、直射日光や高温多湿を避けるのが正しい保存方法だ。
すでに開封しているなら、冷蔵庫で保存しよう。冷蔵庫で保存できる期間は商品によっても異なるが、数ヶ月から半年程度は大丈夫だろう。とはいえ、長く置くほど劣化は進んでいくので、開封後はできるだけ早く使い切るようにするべきだ。開封日を付箋に書いて貼っておくなどすると、期間がわかりやすいだろう。

2. 自家製バーベキューソースは期間に注意して冷蔵保存しよう

上述したように、市販のバーベキューソースは未開封なら常温、開封済みなら冷蔵庫での保存となる。同様に考えると、完全な密閉のできない自家製のバーベキューソースは冷蔵保存するべきだろう。ただし市販のバーベキューソースと同じように冷蔵保存できると考えてはいけない。とりわけ保存期間には注意が必要だ。というのも、市販のバーベキューソースには保存料が使用されている。数ヶ月から半年ほど冷凍保存できるのはそのためだ。自家製のバーベキューソースには当然保存料は入っていないため、冷蔵保存でも1週間程度が目安となっている。できるだけ早く使い切ろう。

3. 冷凍保存すればバーベキューソースの長期保存も可能

自家製バーベキューソースは冷蔵庫に入れたとしても、1週間程度が保存の目安となっている。しかし、たくさん作った場合には1週間程度で消費しきるのは難しいだろう。そんなときは、冷凍保存がおすすめだ。ほかのさまざまなソース類と同様に、バーベキューソースも冷凍保存が可能なのだ。
バーベキューソースの冷凍保存には、フリーザーバッグなどの保存袋が活用できる。ソースを入れ、できるだけ空気を抜いて冷凍しよう。何度かに分けて使うなら、小袋で小分けにしておくと便利だ。また、ややスペースは取るが、コンテナタイプなどの保存容器でも冷凍保存が可能だ。

4. 場合によっては電子レンジもOKなバーベキューソースの解凍方法

冷凍保存が可能なバーベキューソースは、その解凍方法も気になるところだ。フリーザーバッグなどの保存袋で冷凍する方法とコンテナタイプの保存容器で冷凍する方法を紹介したが、この2種類では解凍方法も異なる。それぞれについて説明しよう。
フリーザーバッグなどの保存袋を使って冷凍した際の解凍方法は、自然解凍となる。急ぎの場合は、水道水を当てる流水解凍も可能だ。水の出しっぱなしは気になるかもしれないが、自然解凍に比べて早く解凍できるので時間がないときにおすすめだ。対してコンテナタイプなどの保存容器で冷凍した場合、レンジを使う解凍方法が利用できる。保存袋で冷凍した場合に比べて手早く解凍できるのはメリットだろう。ただし、保存容器の中にはレンジ解凍に対応していないものもあるので注意が必要だ。

結論

市販か自家製か、未開封か開封済みかなど、バーベキューソースの保存方法は種類や状態によっても変わる。同じだと思っているとせっかくのソースをダメにしてしまう可能性もあるので、ぜひ正しい保存方法を覚えてもらいたい。とくに自家製のバーベキューソースは思っている以上に早く消費する必要があるので要注意だ。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ