このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いつでも美味しく!ねじれが特徴のツイストパスタの保存方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年4月30日

三つ編みのようにねじれた形が特徴的なショートパスタ、ツイスト。スープに入れたり、グラタンに使ったり、またはサラダにしたりと、活用の幅も広い。独特のねじれた形状にはソースも絡みやすく、箸やフォークですくいやすいというメリットもあるようだ。ツイストを美味しくいただくには調理法も大事だが、注意すべきはその保存方法。食感や風味をそこなわないために、最適な保存方法を知っておこう。

1. ツイストの保存は常温でも大丈夫?正しい保存方法とは

乾麺は賞味期限も長いことから、正しい保存方法までは意識していない、という人もいるかもしれない。パッケージの表記に従い、とりあえず「直射日光の当たらない冷暗所に保存」している家庭も多いことだろう。

ツイストをはじめとするショートパスタ、乾麺の状態では湿気対策をきちんとしておくことが正しい保存方法のポイントのひとつだ。乾麺パスタは湿気に弱く、結露によりひび割れてしまったりカビが生えてしまったりということも考えられる。開封後は袋を輪ゴムやクリップで留めるのではなく、きちんと密封できる容器やパスタケースに入れて保存することをおすすめしたい。

また、急激な温度変化もツイストを劣化させる原因となる。直射日光が当たる窓辺やガスコンロのそばなどは避けたほうがよいだろう。開封後はチャック付きの袋や密閉容器に入れて食品棚やパントリーに、という方法がツイストの正しい保存方法といえる。

2. ツイストを冷蔵保存するのはどんなケース?

ツイストを茹で過ぎてしまった場合は、1~2日程度であれば冷蔵保存も可能だ。その際、そのまま冷蔵庫に入れてしまうのではなく、ちょっとした手間を加えることで美味しさを維持できる。

まずひとつは、茹でたツイストはしっかりと水で洗うこと。茹であがったツイストをそのままにしておくとどんどん熱が伝わり、柔かくなってしまう。また、小麦のでんぷんでツイスト同士がくっつく原因にも。アルデンテ状態をキープするためにも、茹であがったらすぐに水にさらし冷ましておこう。水気をしっかりときったらオリーブオイルを全体に絡める。こうすることで、ツイストの水分が抜けず、モチモチの食感をキープできるようだ。これらの工程が済んだら、密閉容器などに入れて冷蔵保存しよう。

乾麺の状態でも、虫などが気になるようであれば冷蔵庫での保存をおすすめする。密閉容器やチャック付き保存袋に入れて冷蔵保存すれば、アレルギーの原因となるダニなどの侵入もより確実に防ぐことができるだろう。

3. ツイストを冷凍保存する際、気を付けるポイントとは

調理後の食品をより長期間保存するなら、やはり冷凍したほうがよいだろう。ツイストもその例外ではなく、冷凍保存が可能だ。時間に余裕のあるときに茹でて冷凍しておけば、その後の調理が簡単になり時短にもなる。

冷凍保存する際のポイントとして、茹で時間を標準より1分ほど短くしてほしい。というのも、解凍する際に出る水分によりツイストが柔かくなってしまうのだ。アルデンテよりも硬い状態に茹であげることを意識しておこう。

茹でたあとは冷蔵保存するときと同じ工程になる。しっかりと水で冷まし、水気をきってオリーブオイルを絡める。解凍後使いやすいように1食分ずつ小分けにし、チャック付きの保存袋に平らになるように入れ冷凍庫に保存しよう。美味しくいただくために、冷凍保存後は1ヶ月を目安に食べきるようにしてほしい。また、冷凍の際は金属製のバットなどにのせると急速冷凍でき、食品の劣化を防ぐことができる。

4. ツイストの解凍方法はソースの有無で変わる

冷凍保存したツイストだが、ソースのあるなしによって解凍方法が変わってくる。ソースに絡めて冷凍保存した場合の解凍方法は、耐熱性の器に移し電子レンジで加熱しよう。ツイストの太さや解凍する量にもよるが、電子レンジにかける時間は5分前後が目安となる。まんべんなく温まるように、途中で1〜2度混ぜるとよいだろう。調理も済んでいるので、解凍後すぐに食べられるのも嬉しい。

ツイストのみで冷凍保存した場合の解凍方法は、電子レンジでも解凍できるが熱湯で1分ほど茹でてもよい。全体が均一に温まるので、解凍具合に偏りがでることもないだろう。解凍時間も短くて済むので、すぐにその後の調理に移れる。

結論

乾麺状態のツイストは完全密封して冷暗所に、茹でたあとのツイストは冷水でしめてからオイルを絡めて冷蔵・冷凍保存がベストな保存方法といえるだろう。正しい保存方法を覚えて、ツイストをより手軽に、美味しくいただいてほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ