このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

魅惑のウインナーコーヒー!気になるカロリーと栄養を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年5月 7日

コーヒーにザラメや生クリームをたっぷりと加えたウインナーコーヒーは、疲れた時の糖分補給やティータイムに最適だ。しかし、甘くほっとする一方でカロリーが気になるところだろう。所詮飲み物だからと油断していると、糖分やカロリーの摂り過ぎになりかねない。どのくらいのカロリーがある飲み物なのかだけは知っておいたほうがよさそうだ。そこで今回は、ウインナーコーヒーのカロリーや栄養、糖質量について紹介しよう。

1. ウインナーコーヒーは高カロリー?

生クリームやザラメを多く使うウインナーコーヒーのカロリーは、これらのトッピングをどれだけ盛るかによって大きく変わる。

コーヒー自体のカロリーは100mlにつき4kcalと非常に少ないため、生クリームや砂糖を使用した量が実質的なカロリーに等しくなるといっても過言ではない。生クリームのカロリーは100gにつき433kcal。仮にたっぷりと50gの生クリームをのせたウインナーコーヒーであれば、約216kcalのカロリーが上乗せされる計算となる。

さらに、コーヒーに混ぜるザラメも100gあたり387kcalある調味料だ。仮に5gのザラメをウインナーコーヒーに加えたのであれば、約19kcalがさらに上乗せされる計算だ。約100ml、4kcal分のコーヒーにこれらのトッピングを加えた場合の総カロリーは239kcalとなる。

よくカロリーや糖分量に注意したい飲み物として挙げられるコーラは、100mlあたり45kcal。コップ1杯が200mlだとすると、砂糖の固まりというイメージの強いコーラでさえ90kcalしかないことになる。

このように、ウインナーコーヒーはかなり高カロリーな飲み物であり、飲む際はそのことをしっかり頭に入れておく必要がある。

2. ウインナーコーヒーに含まれる栄養はどのくらい?

カロリーの高さに注意したいウインナーコーヒーだが、栄養の観点から見るとどうなのだろうか。

カロリーの高さばかりに目が行きがちな生クリームではあるが、元となっているのは生乳から取り出される乳脂肪のみ。牛乳が子どもの成長に必要な栄養を補給できる飲み物として給食に欠かせないのと同様に、生クリームにもカルシウムやマグネシウム、ビタミンE、ビタミンB群といった栄養がたっぷりと含まれている。ビタミンB群は脂質や糖質の代謝を促進する働きを持っているので、生クリームに含まれる脂質や糖質もその恩恵に授かれる。

また、コーヒーに含まれる栄養素といえば眠気覚ましのカフェインが有名だが、カフェインは集中力や運動能力の向上、自律神経の働きを強める効果も持っている。つまり、仕事の合間のひといきにコーヒーを飲むことは非常に理にかなっており、併せて糖分を補給できるウインナーコーヒーもまた疲れた脳には最適といえるだろう。

3. ウインナーコーヒーの糖質量は思ったよりも低め?

生クリームにザラメと甘いものをふんだんに使っているウインナーコーヒーではあるが、ウインナーコーヒーに含まれる糖質量は、おそらく大半の人が思い描く糖質量よりも少ない。

というのも、一見糖分の固まりのように思える生クリームに含まれる糖質量は、100gあたり2.7g。生クリームのカロリーの大半は脂質由来なのだ。

ウインナーコーヒーの糖質量で気を付けたいのは、生クリームよりもザラメの量だ。ザラメは砂糖そのものなので、入れた量がそのまま糖質量となってしまう。糖質制限中にどうしてもウインナーコーヒーが飲みたいのであれば、生クリームよりもザラメの量を減らす工夫をして飲んだほうが効果的だ。

4. ウインナーコーヒーをカロリーオフする飲み方

ウインナーコーヒーをカロリーオフしたいのであれば、生クリームを別のものに置き換えたり、カロリーの少ない食材を混ぜたりという飲み方を考える必要がある。たとえば、生クリームを植物性のホイップに置き換えるだけでもカロリーオフにつながる。

動物性油脂であっても低脂肪タイプの生クリームであれば、その分カロリーは控えめになるのでそちらを用いるのもアリだ。また、生クリームを自分でホイップする際に牛乳やヨーグルトなどを混ぜてホイップし、生クリームをかさ増しするのもよいアイデアだ。

最近注目を浴びているのは豆乳から作られた豆乳クリームだ。豆乳クリームは生クリームと比べて半分以下のカロリーのため、かなり気楽に使うことができる。

こういった方法を駆使すれば、ウインナーコーヒーをカロリーオフすることが可能だが、ひとつ気を付けておかなければいけないことがある。それは、カロリーオフすると、やはり本物の生クリームと比べると風味やコクに違いが出てきてしまうということだ。生クリームの代替品でカロリーオフすることを考えるのであれば、コーヒー豆や淹れ方から工夫し、そのクリームにあった飲み方を模索する必要がある。飲み方の工夫をしながらカロリーオフを考えないと、物足りなさを感じてしまいかねない。

結論

ウインナーコーヒーのカロリーはほぼ生クリーム由来なので、生クリームの量や質を変えればカロリーをオフすることが可能だ。カロリーが気になるのであればさまざまな方法を試しながら、美味しいと思える飲み方を模索するとよいだろう。ちなみに、ウインナーコーヒーの「ウインナー」はウィーン風という意味で、現地では「アインシュペナー」といった呼称で親しまれている。もし現地に行く機会があれば覚えておくとよい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ