このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

どちらも名前に【夏】が入っている【夏みかん】と【甘夏】の違いとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年6月 4日

柑橘類には、驚くほど多くの種類がある。柑橘類を栽培しているエリアの道の駅などに入れば、「きよみ」「はるみ」「はるか」といったような、人名のような似た名前のものが多い。それぞれの特徴をマスターするのは簡単ではない。ところで、夏みかん、甘夏の違いは分かるだろうか。両方とも名前に「夏」が入ってくるので、混同しがちだ。それぞれの特徴を知ったうえで、違いを確認しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 夏みかんの特徴は?

特徴

夏みかんは、正式には「ナツダイダイ」と言う。ミカン科の植物で、3mほどに育つ。明治の中期に、山口県長門市で見つかった品種である。
オレンジがかった黄色をしていて、皮が厚く凸凹のあることが特徴だ。切ってみると、果肉は粒が立った黄色である。ジューシーで、酸味と苦味が強く感じられる。そのため、生食よりもジュースやマーマレードなどに加工されて消費者に届く場合が多い。

はじまりはゆずの代わり?

当初はゆずの代わりに使われていたが、実が黄色くなる夏に食べてみたところ美味しかったため、「ダイダイ」から「ナツダイダイ」と呼ばれるようになった。それが、名前に「夏」がつく由来である。ちなみにダイダイは「代々」と書いていた。実を収穫せずに置いておくと、翌年新しい実と共存することになる。代々続く縁起のよいものという意味だ。

しかし、大阪の仲買商人の提案で「夏蜜柑(なつみかん)」という商品名で全国に広がることになる。これは、「代々」がダイダイだけでなく「ヨヨ」とも読めることから。大阪近辺では、中風(脳卒中の発作の後遺症として半身不随などの症状)のことをヨイヨイと呼んでいたため、「夏代々を食べると中風になる」と誤解されることを避けるためだと言われる。

2. 甘夏の特徴は?

夏みかんが変異したものが甘夏

次は甘夏について見てみよう。結論から言うと、甘夏は、同じ柑橘類ということ以上に夏みかんと大いに関係がある。甘夏は、夏みかんが変異した品種なのだ。夏みかんよりも酸味が少なく、甘みを強く感じられることから、名付けられたニックネームである。

特徴

甘夏の正式名称は、「川野夏橙(かわのなつだいだい)」と言う。甘夏が大分県津久見市の川野さんの農園で発見されたので、この名称が登録された。
甘夏も夏みかん同様、皮は厚く、表面に凸凹が見られる。酸味と苦味が強い夏みかんよりも食べやすいので、現在では甘夏の方が多く生産されている。

ちなみに甘夏と言っても、「新甘夏」など品種改良したものがいくつも出てきていて、さらに枝分かれしているイメージだ。

3. 夏みかんと甘夏、どう見分けるのが正解?

それぞれの特徴は分かったが、2つが並んだときに、見分けることができるのだろうか。

見た目は非常に似ている

夏みかんも甘夏も、大きさはほとんどかわらない。どちらも直径が10~11センチほどであり、重さは300~500gほど。そしてどちらも、皮の表面が凸凹している。また、色に関しては、固体差があるものであるし、見た目で判断できるとは考えないほうがよいだろう。

見分ける方法は?

夏みかんと甘夏は、どちらも収穫後にしばらく低温の場所で寝かせて、酸を減らしてから出荷する。甘夏は、酸が減るのが早いという特徴がある。

もっとも分かりやすい違いは、出荷の時期だろう。甘夏は2月から6月下旬が食べごろで、一年のなかで比較的長く楽しめる品種である。夏みかんが出回るのは、4月から7月にかけてである。
そのことから、食べられる状態として手に入ったものが2月、3月であれば甘夏で、7月であれば夏みかんである可能性は高いだろう。

結論

夏みかん、甘夏の違いはいかがだっただろうか?見分けることは、ほとんど難しいにせよ、甘夏はもともと夏みかんから生まれた品種であるということが確認できた。今では後出の甘夏の方がメジャーになってしまったというのも寂しい気がするが、共に同時期に存在する「ダイダイ」と考えれば、縁起がよいものである。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ