このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

満腹感を感じるおしゃれ料理!カレーリゾットのカロリーとは?

投稿者:ライター 安土慶彦(あづちよしひこ)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月23日

消化がよく、食べやすさと独特な舌触りが人気のリゾット。チーズリゾットやトマトリゾットのほかにカレーリゾットなどもあり、幅広い年齢層から愛されているイタリアン料理だ。カレーリゾットはスパイシーな辛さが絶品でやみつきになると人気があるが、カロリーを気にしている人も多いと思う。この記事では、意外と知られていないカレーリゾットのカロリーや栄養素について紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 気になるカレーリゾットのカロリーは?

カレーリゾットのカロリーは100gあたり、約135kcal。1食あたり約
550kcalになる。リゾットの主原料はごはんなので、必然的にカロリーが高くなってしまうのだ。また、チーズやバターをふんだんに使用するレシピの場合、よりカロリーアップに拍車がかかる。

逆に材料に野菜をあまり使っていないレシピの場合、カレーリゾットだけでは食物繊維やカルシウムなどの栄養が摂取しにくい。そのため、野菜やきのこなどをふんだんに使用したサラダを合わせるのがおすすめだ。

2. カレーリゾットに含まれる栄養素

カレーリゾットだけでは食物繊維やカルシウムが不足しがちだが、豊富に含まれている栄養素もある。ここでは、カレーリゾットを摂取したことにより得ることができる栄養素について紹介していく。

たんぱく質

たんぱく質は身体を構成する主要な栄養素であり、筋肉を生成する働きもある。炭水化物と脂質と合わせて3大栄養素といわれている。たんぱく質が不足すると、体たんぱく質の合成がうまくいかず、肌や髪の新陳代謝が悪くなる。カレーリゾットには約20gのタンパク質が含まれている。成人男性の1日あたりのたんぱく質摂取推奨量が60gなので、ちょうどよい量ということになる。

モリブデン

モリブデンは酵素の働きを助ける作用がある。聞き馴染みがないミネラルだが、糖質などの代謝をサポートし、健康を維持するために働いている。普段の食生活で摂取不足になる心配はない栄養素だが、好んで食べる人が多いカレーリゾットから摂取できるのはありがたい。

ビタミン12

正常な赤血球の生成に役立ち、脂質やたんぱく質の代謝にも関わる栄養素。日常で一般的な食事を摂っていれば、不足することはないだろう。だが、野菜ばかりを食べるベジタリアンは不足になりがちなため、注意が必要だ。

3. カレーリゾットの糖質には注意が必要!

健康な身体を築きあげるのに必要な栄養素を豊富に含んでいるカレーリゾットだが、糖質には気を付けたい。カレーリゾットに含まれる糖質は、1人前(約410g)あたり約45g。ごはんを使用した料理であることに加えて、調味料や香辛料も多く使用しているため、糖質の摂取量は高くなってしまうのだ。

糖質を過剰に摂取すると、すべてがエネルギーとして利用されず、余った糖質は脂肪として体内に蓄積されてしまうので注意しよう。

4. カロリーオフで美味しく!カレーリゾットのおすすめの食べ方

カレーリゾットは、飛び抜けてカロリーが高いわけではないが、健康への意識が高まっている中、できる限りカロリーを抑えたいと考える人も多いのではないだろうか。そこで、ここではカレーリゾットのカロリーを抑える方法を2つ紹介していく。

牛肉を入れない

一般的にカレーリゾットに使用される牛肉のカロリーは100gあたり約240kcalだ。そのため牛肉を抜けば大幅にカロリーを抑えることが可能だ。「牛肉なしでは物足りない...」という人は、牛肉の代わりに食感があるアスパラガスを入れることで、満腹感を得ることができるだろう。

ごはんの量を減らしカサ増し

カレーリゾットの高カロリーの元凶ともいえるごはんの量を少なくする方法。ただ少なくするだけでは満腹感を得ることができないため、木綿豆腐を加えてカサ増ししよう。木綿豆腐なら食感もあって満腹感も期待できる。食感に少し違和感はあるが、大幅にカロリーを抑えることができるため、おすすめだ。

結論

カレーリゾットはおしゃれ度が高く、作るのが難しい印象があるが、自宅でも簡単に作ることが可能だ。自宅に友人が遊びに来たときなどにふるまうと、「できる男」を演出することができるだろう。ただし、カレーリゾットだけでは摂取できる栄養素に偏りができてしまう。献立をうまく立て、カレーリゾットを堪能してほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ