このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

手軽で簡単な作り方から本格レシピまで!トマトリゾットの作り方

投稿者:ライター 藤本龍(ふじもとりょう)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年6月20日

トマトとチーズが絡み合った上品な味わいが楽しめるトマトリゾット。お洒落な店で楽しめる料理という印象の強いトマトリゾットだが、実は家庭でも簡単に作れてしまうことはご存知だろうか。プロ顔負けの本格的なトマトリゾットから、炊飯器を使ったワンボタンの手軽なレシピまで。今回はトマトリゾットの作り方やポイントについて紹介していきたい。

1. トマトリゾットの基本の作り方

本格レシピや時短レシピに挑戦する前に、まずは基本のトマトリゾットの作り方をおさえておこう。最低限必要となる材料はごはん(生米でなくてOK)、トマトの缶詰、玉ねぎ、にんにくとチーズ、各種調味料といったところだろうか。

みじん切りにした玉ねぎとにんにくをバターで炒め、色が透けてきた頃合いでトマト缶とコンソメや塩コショウなどの調味料、水を加えていく。ケチャップも使えば味を調えるのに役立ってくれるので覚えておくとよいだろう。ふつふつと煮立ってきたらごはんを加えてさらに熱しながら混ぜていく。

あとは煮詰まるまで軽く混ぜ合わせながら加熱し、チーズを散りばめて溶けて混ぜたら塩コショウで味を調えればできあがりだ。もしパセリがあれば彩りがよくなるので添えるとよい。

本来は生米から火を通して作るリゾットだが、このように残り物のごはんからでもトマトリゾットを作ることは可能だ。余り物のごはんとチーズ、トマト缶と身近な食材があれば手軽に作れてしまうので、ぜひ試してみてほしい。

2. 生米から作る簡単トマトリゾット

残り物の白ごはんからでも作れてしまうトマトリゾットだが、本来は生の米を使って作るものだ。生米から作るトマトリゾットは、米を普通に炊飯するよりも早くできあがるため、ごはんを炊き忘れた日に作るのもアリである。作り方としては先ほどのごはんから作るリゾットと米を入れるタイミングが違うくらいで、難しいことはない。にんにくや玉ねぎを炒めて透き通ってきたタイミングで生の米を加え、米もうっすらと透き通るまで炒めていく。

あとは先ほどと同じくトマト缶と水、調味料を加えて弱火で煮詰めていき、米がほどよい固さになったら塩コショウなどで味を調えれば完成となる。

生米から炒める手間が増える分、炊いたごはんから作るより少々面倒だが、その代わりに米の固さを自分好みに調節できるのが生米から作るトマトリゾットの魅力だ。

一度ごはんで作ってみて、流れがつかめればそこに生米から炒める工程が増えるだけなので、まずは残り物のごはんからトマトリゾットを作るところから始めてみるというのもよいだろう。

3. こだわるならココ!本格トマトリゾットのポイント

簡単なトマトリゾットの作り方に慣れ、もっと本格的なレシピに挑戦してみたいと思うようになれば、米の火の通し方にこだわってみよう。

まず、米を炒める際はオリーブオイルが米ひと粒ひと粒を包み込んでいくようなつもりでなじませていく。そして、炒めると同時にコンソメや水を合わせたものを火にかけておき、温かいコンソメスープで米を炊くようにするのがポイントだ。

米に含まれるでんぷん質は温度に敏感で、温度が下がることで変質して粘り気が出てきてしまう。温めたコンソメであれば温度が下がることがないので、粘り気のないさらさらとしたリゾットに仕上げられるというわけだ。さらに、米を炊く際は最初からすべてのコンソメを投入するのではなく少しずつ加えて水気が少なくなった頃合いを見計らって継ぎ足していくのがポイント。トマトはコンソメの合間に加えるようにし、水気は煮詰めて飛ばしておくか、はじめから水気が少なくなっているトマトピューレを用意しておくとよい。

あとはこれまでと同様の手順で味を調えていけば本格トマトリゾットの完成だ。

ここまで丁寧に米を仕上げると、米のひと粒ひと粒がぱらぱらでアルデンテの食感が楽しめる極上のトマトリゾットが完成する。

4. スイッチを押すだけ?炊飯器でトマトリゾット

本格トマトリゾットもよいけれど、もっと手軽にトマトリゾットの味を楽しみたい!という人もいるだろう。そこでおすすめしたいのが、材料をそろえて炊飯器に投入してスイッチひとつでできてしまう炊飯器トマトリゾットだ。

トマト缶やコンソメ、オリーブオイルなどのこれまで紹介したような食材、調味料を研いだ米に加え、加えた食材に含まれる水分を加味して米を炊くための水の量を調節し、スイッチを入れるだけ。チーズは炊きあがりに加え、かき混ぜてから再度ふたをして蒸らせばほどよく溶けてよい仕上がりになる。

結論

トマトリゾットは簡単なものから本格的なレシピまで、さまざまな方法で作ることができる。食材も身の回りにあるものばかりなので、ぜひ気軽に挑戦してみるとよいだろう。今回は基本のレシピということで具材の紹介は省いたが、ソーセージやベーコンを一緒に炒めて加えたり、牛乳を混ぜることで濃厚な味わいにしたりと工夫次第でさらに美味しさを増すことも可能なので覚えておこう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ