このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

栄養豊富なトマト缶!簡単スープレシピと必見アレンジレシピを紹介

投稿者:
ライター 安土慶彦(あづちよしひこ)

監修者:
管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年6月30日

生トマトよりもビタミンやミネラルといった良質の成分が豊富に含まれているトマト缶。様々な効果が期待できるリコピンは生トマトの約3倍も含まれている。生トマトよりも賞味期限が長く、料理への活用の幅が広いトマト缶だが、「栄養素や利用方法についてあまりわからない…」という人もいると思う。今回は、トマト缶に含まれている栄養と効果、トマト缶を使用した簡単スープレシピについて紹介していく。

1. トマト缶に含まれている栄養素とは

トマト缶には豊富な栄養素が多く含まれているが、とくに注目すべきはリコピン・13-oxo-ODAの2つだ。
リコピンはトマトの赤い色に含まれているリコピンはカロテノイドの一種で、アンチエイジングに役立つ抗酸化作用に優れているようだ。13-oxo-ODAはあまり聞いたことがないという人も多いと思うが、ここ数年で発見された新しい栄養素だ。脂肪燃焼に働くたんぱく質を作り出す作用があると言われている。このように、魅力的な栄養素が多く含まれているのもトマト缶の大きな特徴だ。肌荒れを感じている人や、ダイエット中の人はぜひ摂取することをおすすめする。
カロリーも100gあたり20kcalととても低カロリー。スープやパスタなどの時短料理にも活用できるため、時間がない人にもおすすめだ。

2. トマト缶を使用したミネストローネの作り方

トマト缶をうまく活用することで時短で絶品なトマトスープを作ることができる。ここでは野菜をふんだんに使用したミネストローネの作り方について紹介していく。

・食材をカットする

具材として使用するじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、ベーコンを1cmほどの大きさにカットしていく。野菜を大きめにカットするのもよいが、火が通るまで時間がかかってしまうため、時短でミネストローネを作りたい人は小さめにカットすることをおすすめする。

・食材を煮込む

鍋にオリーブオイルをひき、その中にカットした野菜、グリンピースを入れ、加熱していく。ある程度火が通ったところで、トマト缶と水を投入する。そのあとは15〜20分程度煮込んでいく。

・仕上げ

食材が柔らかくなったことを確認し、塩・こしょうで味を調えたところで完成だ。皿に盛り付け、細かく刻んだパセリなどをのせるとよりおしゃれに彩ることができる。

3. トマト缶で作ったスープを活用したアレンジレシピ

「トマト缶を利用して作ったスープが余った...」「作り過ぎてしまった...」という人はアレンジレシピとして活用するのがおすすめだ。ここではトマト缶スープを活用したアレンジレシピについて紹介していく。

・トマトスープカレー

トマトスープにカレー粉をプラスし、全く別のテイストに変えたスープカレー。トマトの風味に刺激的なカレーの味がプラスされ、なんともいえない絶品の味になる。味が大きく変化するため、トマトスープに飽きたという人にもおすすめ。ごはんがすすむ一品だ。

・洋風トマトうどん

茹でたうどんにトマトスープをかけ、粉チーズをトッピングした洋風トマトうどん。和のうどんと洋のトマトスープがマッチし、やみつきとなる一品だ。うどんと同時にスープに含まれている野菜も摂取できるため、一度に満腹感と栄養素を得ることができる。
時短で作れるため朝など時間がないときにでもおすすめだ。

・リゾット風トマトスープ

ごはんとトマトスープを混ぜ、オリーブオイルを少したらして食べるリゾット風トマトスープ。洋風のお茶漬けのようなイメージで食べることができる。朝の食欲がわかない時間帯でも手軽に作ることができ、ペロリと食べることができるだろう。その季節の旬の野菜をトッピングで追加するのもあり。いろいろな食材とマッチする万能ともいえる一品だ。

結論

生トマトの賞味期限は1週間程度に対し、トマト缶の賞味期限は2〜3年と長期間の保存が可能だ。栄養素によっては生トマトよりもトマト缶のほうが栄養価が優れているため、スープやカレーで使用する際は、トマト缶を使用するほうがよいだろう。買いだめしておくなどして、トマト缶をうまく活用してほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ