このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豚丼の具の保存方法を解説!冷凍と冷蔵どっちがおすすめ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

ボリューム満点で食べごたえのある豚丼。無性に食べたくなるときもあるだろう。豚丼の具を保存しておけば、いつでも食べたいときに、ササッと作ることができる。さらに調理済みのものを保存しておけば、調理の手間も大幅に省くことができ、お弁当のおかずとしても重宝する。そこで今回は、豚丼の具を上手に保存する方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 調理前の豚丼の具を保存するコツ

調理前の豚丼の具を保存する方法は、密閉できる保存袋に、豚丼の具材と調味料をよく混ぜ合わせて、空気をしっかりと抜いた後、冷凍庫あるいは冷蔵庫に入れるだけと、いたって簡単だ。

あらかじめ具材と調味料を混ぜ合わせているので、あとは必要なときに取り出して加熱し、ごはんを盛った器にのせれば、あっという間に豚丼の出来上がりだ。冷凍保存する場合は、1食分ずつ小分けにして保存することを、コツとして押さえておこう。

加える調味料は、醤油:みりん:砂糖:酒 = 3:2:1:1の割合をベースに、あとは適宜好みで調整すればOKだ。酒には食品が傷む原因となる、雑菌などの増殖を防ぐ効果があるので、保存する場合は心持ち多めに加えてもよさそうだ。さらに具材には、抗菌作用のあるしょうがを加えるのも保存性を高めるのに効果的だ。

2. 調理済みの豚丼の具を保存する方法

すでに調理済みの豚丼の具を保存しておけば、あとは電子レンジや鍋で温めるだけと、調理の手間を大幅に省くことができる。調理済みの豚丼の具の美味しさを維持しつつ、保存性を高めるためには以下のポイントを押さえておこう。

1.具材にしっかりと火を通す

調理済みの豚丼の具を保存する際に、特に注意したいポイントになる。調理の際は、豚肉の中心部までしっかりと火を通す必要がある。

2. 味付けを濃い目にする

調味料の味付けを濃くすることで、それぞれの調味料の持つ保存性を高めることができる。

3.タレを煮詰めて汁気を飛ばす

水分が多いとその分傷みやすくなるので、可能な限りタレを煮詰めて汁気を飛ばしておこう。

4.保存する容器は密閉可能で清潔なものを使用する

密閉可能な保存袋を使用するのが最適といえる。容器を使用する場合も、密閉可能な容器を選び、使用前によく洗って十分に乾燥させておこう。できれば煮沸消毒をしておくことがベストだ。

3. 気になる豚丼の具の保存期間の目安とは?

豚丼の具を保存する場合、いったいどのくらい保存できるのかは、やはり気になるところだろう。

保存期間については、保存方法や具材の種類、保存状態などによって異なってくるが、冷蔵保存の場合は当日~2日以内、冷凍保存の場合は2~3週間を目安として把握しておこう。保存期間が長くなればなるほど、その分、食中毒などのリスクが高くなり、味が落ちてしまうということになりかねない。保存後もなるべく早めに食べるに越したことはないだろう。

また、気温や湿度が高くなる夏場は、冷蔵保存は避け、冷凍保存を選んだ方が安心だ。さらに冷凍保存する場合も、急速冷凍する、小分けにして平らにするなど、なるべく短時間で冷凍できる方法をとりいれよう。

結論

豚丼の具を上手に保存する方法を紹介したが、理解できただろうか。ぜひ、豚丼の具を上手に保存して、忙しいときの食事作りに大いに役立てていただきたい。ただ、冷蔵保存する場合も冷凍保存する場合も、食べる前に十分に再加熱することをお忘れなく!
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ