このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

西洋梨で最もメジャーな品種【ラ・フランス】とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年7月21日

西洋梨の中で最もメジャーで人気のある品種のラ・フランス。知らないという人はいないかもしれないが、出荷されているほとんどが国産であることを知っている人は少ないだろう。今回はラ・フランスの熟した時期の見分け方や、保存方法について紹介したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 形がかわいい西洋梨、ラ・フランスとは?

日本で販売されている西洋梨でもっとも多く販売されており、人気の高いラ・フランス。まずはラ・フランスの特徴や名前の由来について紹介したい。

ラ・フランスとは?

ラ・フランスとは、数ある西洋梨の中の一種である。味は香りや甘みが強い。弾力に富んだ白い果肉ととろけるような口当たりが特徴だ。現在ラ・フランスの輸入品はほとんどなく、出回るものはすべて国産である。山形県、長野県、岩手県で生産されているが、山形県の生産の比率は全体の8割を超えており、山形県を代表する果物となっている。

ラ・フランスの名前の由来

ラ・フランスはフランスのクロード・ブランシュ氏が発見した。その美味しさに、「わが国を代表するふさわしい果物だ」と賞賛し、ラ・フランスという名前がついた。

2. 熟したラ・フランスの見分け方

ラ・フランスは通常熟す前に収穫し、追熟してから食べることが多い。見た目の色が変わらないため、完熟が分かりにくい果物である。美味しいラ・フランスの見分け方と食べごろのサインについて紹介したい。

美味しいラ・フランスの見分け方

形はさまざまあるが、ふっくらとした形のものがよい。また、手に持ち重量感を感じられるものがおすすめだ。ラ・フランスの見た目はさまざまなので、形の悪さや果皮の色などは気にする必要はない。一部茶色く変色し、柔らかくなりすぎているものやキズが付いているものは避けたほうがよい。

食べごろの見分け方

軸にシワがより、軸のまわりにかすかに柔らかさを感じたころが食べごろのサインである。熟すと香りも出てくるので、香りも確認するとよいだろう。

美味しい食べ方

ラ・フランスが熟したら、冷蔵庫で2~3時間冷やすことがおすすめだ。食べきれない場合はラップをして冷蔵庫に保存をする。完熟後、常温ではラ・フランスは傷みやすいので保存方法に気を付ける。

3. ラ・フランスの保存方法について

ラ・フランスは保存環境によって熟す早さが変わってくる。保存方法によって完熟する時期をコントロールすることができるので、購入した量や食べるスピードに合わせてコントロールしてみてはいかがだろうか。

保存方法

  • 1.通常の保存方法
完熟前のラ・フランスは新聞紙で包むか、ポリ袋に入れて直射日光を避け、室温で保存して追熟させる。理想の温度は15~20℃前後である。2日~1週間程度で食べごろになる。数が多い場合は冷蔵庫に入れておき、数個ずつ気温の高い場所に移動させ、少しずつ完熟させていくとよい。
  • 2.完熟をより早くしたい場合
ラ・フランスの熟期を早めるには、りんごと一緒にポリ袋に入れておくと追熟が早くなる。りんごの出すエチレンガスがラ・フランスの熟期を早める働きがある。完熟したラ・フランスは、ポリ袋に入れるかラップに包み冷蔵庫の野菜室に入れるとよい。
  • 3.完熟を遅くしたい
ラ・フランスは完熟する前にできるだけ早く湿気を保ち、冷蔵庫に入れることが大切だ。湿気を保つためには新聞紙に包むかポリ袋に入れるとよい。ラ・フランスの保存をよくするポイントは、水分を失わないように密閉状態を保つことである。
  • 4.完熟したラ・フランスの保存方法
完熟したラ・フランスは、乾燥を防ぐためポリ袋に入れるかラップに包み、冷蔵庫の野菜室に入れることがおすすめだ。

結論

西洋梨の一種、ラ・フランスは美味しいが、完熟が分かりにくい果物だ。いままでラ・フランスの完熟を見逃してしまい熟し過ぎてしまった経験はなかっただろうか?今後スーパーやデパートでラ・フランスを見かけたら、完熟を見極めて一番美味しいタイミングで食べてみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ