このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

甘い香りをいつまでも!バニラの正しい保存方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年8月18日

「バニラ」といってもアイスクリームやソフトクリームの種類の話ではない。ここで紹介するバニラとは、あの甘い風味と香りを放ってくれるバニラ香料のこと。いままで自宅で作る機会がなかった人も、一度本物の材料で作れば、その香りのよさを忘れられなくなるだろう。今回はバニラ香料の種類、そして正しい保存方法を紹介する。

1. バニラ香料の種類と保存方法について

バニラ香料の原料となるのは、バニラの花でも実でもなく、種子である「バニラビーンズ」。バニラの豆をキュアリングという非常に手間暇のかかる乾燥工程を経て作るのだ。

よく使われるバニラ香料は3種類。バニラビーンズをアルコールに漬けて香りや成分を抽出するバニラエクストラクト。バニラの香りや成分をアルコールに抽出したバニラエッセンス。バニラビーンズから取り出したバニラの香り成分をオイルに抽出したバニラオイルだ。

どの種類のオイルも、自然素材のみを使用して作られるものと、グリセリンやカラメル色素などの人工的な素材を使うものの両方がある。バニラエッセンスは、添加物や人工香料から作られるものが多く、バニラエクストラクトに比べると濃縮度は高い。日本では一番市場に出回っているので手に入りやすい。

バニラエッセンスやバニラオイルは、ふつうのスーパーや小売店などでも手に入るが、安価なものの多くはたいてい添加物が加えられている。バニラエクストラクトは一般的に天然の材料で作られたものが多く、添加物が入っているものはあまりない。スーパーなどではほとんど見かけないので、自然食品店やネット通販で手に入れるしかないだろう。

いずれの香料も、もともとはバニラビーンズから作られる。バニラビーンズは見かけによらず高価な材料だが、ナチュラルな材料で作ったものは本当に風味豊かで、一度本物を体感すると人工香料では物足りなくなるので、ぜひ試していただきたい。

一度に使う量はわずかなので、残ったバニラビーンズはしっかりと保存して、あの甘い香りをキープしよう。
開封前は、常温保存でOK。開封後は、乾燥を防ぐために密閉できる容器に入れよう。直射日光や高温多湿な場所は避け、冷暗所に保存するのがおすすめだ。

2. バニラ香料の冷蔵保存

バニラ香料は、開封後も冷蔵庫で保存することが可能。乾燥を防ぐために、プラスティック保存容器やファスナー付保存袋などに入れ、密閉状態にしておくことをおすすめする。3ヶ月ほどは、風味も香りもほぼ変わらないが、それ以上になるとやはり香りが揮発して、少しずつ飛んでいってしまう。

せっかくのいい香りを揮発させてしまうのはもったいないので、グラニュー糖などの砂糖の中にバニラビーンズを入れておくのもひとつの方法だ。砂糖に香りが移り、コーヒーに入れたり、スイーツを作ったりするときに使えば、甘いバニラの風味が楽しめる。

賞味期限内でも、バニラビーンズのさやに、白っぽいカビのようなものが付着してくることがあるが、これはバニリンというバニラの香りの主要な成分となっているもの。食べる際にももちろん問題はないので、カビと勘違いして取り除いたりしないでおこう。

3. バニラ香料の冷凍保存と解凍

バニラビーンズは、一度に大量に使うものではないので、どうしても余りがち。長期間保存をしたい場合は冷凍庫がおすすめだ。賞味期限内であれば、半年~1年ほどは風味も香りも損ねることなく保存できる。風味や香りの揮発を防ぐため、面倒でも1本ずつラップをして、ファスナー付保存袋に入れておくのがベスト。

解凍の際は、自然解凍がおすすめだ。気温にもよるが、使う1時間ほど前に出しておけば、十分使うことができる。

バニラビーンズの賞味期限がせまっているときは、グラニュー糖などの砂糖と混ぜると、香りと風味が楽しめるバニラシュガーができる。バニラビーンズ1本につき、グラニュー糖15~20g程度が目安だ。砂糖に混ぜることで、保存期間を延ばすこともできるので、一石二鳥だ。

また、種を使って残ったサヤも、流水で洗ったあとよく乾燥させてからグラニュー糖に入れると、バニラシュガーを作ることができる。

バニラビーンズではなく、市販されているバニラエッセンスやバニラオイルも、香りはやや劣るものの、十分に風味を楽しむことができる。開封前は常温保存が可能。開封後は冷蔵庫でOKだが、賞味期限に気を付けよう。風味はあっても、香りが格段に落ちてくるので、できれば賞味期限前に使いきりたい。

結論

独特の甘い香りと風味を楽しむことができるバニラ。材料のバニラビーンズは長期保存が可能だが、香りが損なわれないよう、しっかりと個別に密閉して冷凍庫へ。期限内に使いきれない場合は、香りが飛んでしまう前にバニラシュガーなどにしておこう。飲み物に入れたり、菓子作りの材料にしたりと、幅広く楽しめる。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ