このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ガーリックシュリンプのアレンジ料理!相性バツグンの食材とは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年8月 7日

ハワイ料理の定番のひとつ、ガーリックシュリンプ。エビ好きな人にはもちろん、そうではない人にもエビの旨みを引き立てるにんにくが香るガーリックシュリンプは、ごはんを添えて食べられることが多く、日本人の口にも合う料理といえるだろう。今回は、1度食べたらクセになるガーリックシュリンプをさまざまな食べ方で楽しめる、アレンジ方法について紹介しよう。

1. 次なるブーム?ガーリックシュリンプってどんな料理?

まずはじめに、ガーリックシュリンプという料理をご存じだろうか。ガーリックシュリンプはたっぷりのにんにくと一緒にオリーブオイルでエビを炒めたハワイアン料理である。エビを殻付きのまま炒めるので、殻から染み出る旨みと香ばしさがたまらない料理だ。

シンプルな作り方ではあるが、ハワイのカフェなどでは定番でありごはんと一緒にワンプレートとして出てくることが多い。ごはんはもちろん、パンなどとの相性も抜群だ。また、酒のつまみやちょっとしたおかずとしてもおすすめの1品である。

ガーリックシュリンプは意外にもシンプルで、家にある材料で作ることができる。エビは殻付きのまま使用するので、背にキッチンバサミで切り込みを入れ、背ワタを取り除く。下味用の基本のソースは、みじん切りしたにんにく、オリーブオイル、塩こしょうのみ。

下処理したえびに、ソースを1時間ほど漬け込んでおく。しっかりソースがエビになじんだら、オリーブオイルをひいたフライパンでこんがりと焼いていき、漬け込んでおいた残りのソースとバターを絡め、最後にレモンをしぼって完成だ。思った以上に簡単にできるガーリックシュリンプをぜひ家でも楽しんでもらいたい。

2. ガーリックシュリンプはごはんとの相性が抜群!

ガーリックシュリンプは、ごはんとの相性も抜群でおかずとしても重宝されている。そんなガーリックシュリンプとごはんのおすすめアレンジを紹介しよう。

まず、おすすめしたいのは、シンプルに「ガーリックシュリンプ丼」だ。器にごはんを盛りつけてガーリックシュリンプをのせ、パセリやくし切りにしたレモンを添えて完成だ。丼にすることで、ガーリックシュリンプの旨味たっぷりのソースがごはんにからまって最後まで残さず食べることができる。

もう1つのおすすめはガーリックシュリンプにごはんを添えるワンプレートだが、ごはんをちょっとアレンジしてみよう。ガーリックシュリンプを炒めたフライパンに温かいごはんを加え、残ったソースと一緒に炒めてガーリックライスとして一緒に食べるのもおすすめだ。ぜひガーリックシュリンプとごはんの組み合わせを楽しんでもらいたい。

3. ガーリックシュリンプをバケットでおしゃれに楽しもう!

ガーリックシュリンプは、ごはんだけではなくパンとの相性も抜群だ。そこで、ガーリックシュリンプとパンを使ったアレンジメニューを紹介する。

バケットをカリカリに焼き、上にガーリックシュリンプとパセリをのせてブルスケッタ風にアレンジしてみよう。バケットにガーリックシュリンプのソースがしみこんでなんともいえない美味しさが広がる。パルメザンチーズなどを一緒にトッピングしても美味しい。

もうひとつのアレンジは、ガーリックシュリンプをオリーブオイルを多めに使用して、アヒージョ風にしたものだ。エビの旨みがたっぷりしみ込んだソースを、パンを浸して食べるのもまた美味しい。ガーリックシュリンプにパンをプラスした、ワインにも合うお手軽アレンジも試してもらいたい。

4. ガーリックシュリンプはサラダやおつまみにもOK!

ガーリックシュリンプはそのまま食べて頂いても美味しいが、ちょっとしたアレンジでサラダやおつまみとして、さらに美味しく食べることができる。

おすすめなのは、ガーリックシュリンプにもうひとつ食材をプラスする方法である。食材をプラスすることで味に奥行きが出て、風味のバリエーションが広がる。例えば、エビといっしょにじゃがいもを炒めることでボリューム感が増し、ホクホクとした食感が加わってより美味しく感じられるだろう。

そのままおつまみとして食べたり、レタスなどの上に盛りつければボリューム満点のサラダになるのだ。ほかにも、ブロッコリーやアスパラガス、トマトなど組み合わせなどアレンジは無限である。

結論

ハワイアンカフェなどで見かけるガーリックシュリンプを、ぜひ家でも楽しんでもらいたい。そのままはもちろんのこと、ごはんやパンと組み合わせてアレンジしたり、サラダやおつまみとして食べたりと、さまざまな食べ方を楽しめるガーリックシュリンプ。ぜひパーティ料理の一品として、みんなに披露してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ