このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カヌレの賞味期限は?冷凍でどのくらい保存できるか知りたい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月23日

フランスの伝統的なおやつ「カヌレ」。「カヌレ・ド・ボルドー」が正式名称だ。外はカリッと香ばしく、中はモチッと甘く、不思議な食感が魅力的で熱々のコーヒーと最高に相性がよい。今回はそんなカヌレの賞味期限に注目して紹介する。買いすぎた、もらいすぎた、作りすぎた、そんなときに知っておくと便利だろう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 市販されているカヌレの賞味期限は?

日本で初めてカヌレが流行したのは1990年代。そこから再び時を経て、カヌレの人気は高まっている。東京や神戸などでは予約待ちの人気店があったり、ネットショッピングの台頭もあって通販で購入できる商品も豊富になったりしている。美味しさにはまってついつい買いすぎてしまった、なんていうこともあるだろう。そんなとき気になるのは賞味期限だ。
カヌレのメインとなる材料は、卵・小麦粉・バター・砂糖・牛乳・ラム酒。マドレーヌやマフィンの材料と似ている。
カヌレは焼き菓子なので、消費期限が当日、ということはないようだ。平均して2~3日、長くて5日といった商品もある。いずれにせよ、常温でそのまま保存する場合にはできるだけ早めに食べたほうがよさそうだ。
すでに冷凍された状態で販売されている商品には、2ヶ月近い賞味期限のものある。いつでも食べたいのでストックしておきたい、という人にはおすすめかもしれない。

2. 手作りのカヌレの賞味期限は?

カヌレは購入するだけのものではない。手作りする場合もあるだろう。カヌレの特徴であるあの波々の型。フランス語で「溝」ということから生まれたカヌレ。あのきれいな形に自分で焼きあげたカヌレは、一味違うかもしれない。
手作りした場合のカヌレの消費期限はどのくらいかというと、市販品と同じく2~3日では食べきりたい。保存料を使っていなかったり、うまく焼けず中が生焼けになってしまっていたりと、手作りの場合はさまざまな観点から早めに食べきることをおすすめする。とくに、クリームなどのトッピングをした場合はプレーンより日持ちが悪くなるので注意が必要だ。
ではたくさん作りすぎてしまったときや、買いすぎたときにはどうすればよいのだろうか。次項で紹介しよう。

3. カヌレの食感を失わないようにする保存方法とは?

カヌレの独特な食感は、食べられるロウ「蜜蝋(ミツロウ)」を型に塗って焼き上げることであのカリカリが生まれるそうだ。中の生地はしっとりモチモチの食感、つまり水分を多く含んでいる。そのカヌレの命といってもよい食感は湿度で大きく変化してしまう。とにかく湿気には注意が必要だ。春や夏、そしてとくに梅雨の時期は即座に食べれば間違いないが、そうはいかないのがビジネスマンだろう。そんなときは、湿度の低い冷蔵庫か冷凍庫で保存をしよう。冷蔵庫であれば数日、冷凍庫であれば2~3週間は賞味期限を引き延ばすことができる。手のひらサイズの美味しいお菓子だから、食べきれないなんてことはないであろう。が、万が一食べきれずに残してしまった場合は、風味が落ちてしまうことを覚悟でラップにくるんで冷蔵庫に保存しておけば、捨ててしまうようなもったいないことにはならない。

4. 余ったカヌレのアレンジ方法

最後におすすめのアレンジ方法を紹介しよう。そのままのカヌレに少し飽きてしまった場合や、保存期間が長引いて風味が落ちてしまったときなどに試してもらいたい。レシピというほどでもない、トースターとバニラアイスクリームさえあれば十分だ。まず、トースターでカヌレを3~5分程度好みの加減で焼く。そして熱々カリカリになったカヌレを皿に盛りつけ、バニラアイスクリームを添えて完成だ。
熱々なのに冷たくて甘い、癖になる美味しさだ。女子ウケも間違いなくよいだろう。

結論

カヌレを美味しくいただくためには、ラベルに記載されている賞味期限に関わらず、買ったその日のうちに食べるのがベストだろう。週末までお預けにしておきたい場合は、冷蔵または冷凍保存をしてカヌレの魅力「カリッ、モチッ」も一緒に預けておくことがおすすめだ。ちなみに、大切な人へのプレゼントであれば「なるべく今日中に召し上がってね」と一言添えると親切だろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ