このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

美味しいカプレーゼの作り方には食材選びや下ごしらえにコツがあった

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月23日

酒のつまみやサラダ代わりとして人気が高いカプレーゼ。自宅でも簡単に作れるメニューなうえに見栄えもよい料理なので、女性にも好評な一品だ。しかし、自宅では店のような味が出せないことはないだろうか?簡単そうで意外と奥が深いカプレーゼの作り方を紹介しよう。コツを掴めば誰でも美味しいカプレーゼが作れるようになるので、参考にしてもらいたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カプレーゼをより美味しくする食材の選び方

カプレーゼに使用するトマトは、普通のトマトよりフルーツトマトがおすすめ。とくに熟しているフルーツトマトはモッツァレラチーズとの相性もバツグンだ。熟しているトマトを選ぶコツは、しっかりとトマトを観察すること。基本的にトマトは専用の容器に入れられて販売されていることが多いため、見た目だけで判断することになる。そこで注目したいのが艶とハリ、色むらだ。パッと見ただけで違いが分かるようになるには時間がかかるが、時間をかけて見比べることで美味しいトマトを選び抜くことは可能だろう。また、手に取って見ることができる場合は、併せて硬さや全体的な丸みを見るとより熟した美味しいフルーツトマトを選ぶことができるはずだ。
カプレーゼのもうひとつの主役であるモッツァレラチーズも、最近ではスーパーで手軽に手に入る食材だ。本格的なものから調理の手間が省けるタイプまでその種類はさまざま。その中でカプレーゼに向いているモッツァレラチーズを選ぶのにもポイントがある。チーズの中でもフレッシュさが売りのモッツァレラチーズは、できるだけ鮮度のよいものを選びたい。その点で、外国産のものより国産のもののほうが生産から消費までのルートが短く、より鮮度の高いチーズが手に入るだろう。鮮度がよいと歯ごたえがあり、口の中で押し返してくるような弾力を楽しむことができる。食べる直前にカットすることでよりフレッシュさを強く感じることができるはずだ。

2. 侮るなかれ!カプレーゼのできは下ごしらえで変わる

カプレーゼを美味しく作るためには下ごしらえも重要なポイントだ。カプレーゼはサラダ感覚で食べる一品のため、常温よりも冷たい状態で食べるほうがより食材の味や食感を楽しむことができる。そこで気をつけたいのが、調理をする前にトマトとモッツァレラチーズを冷蔵庫でしっかりと冷やしておくこと。トマトは大きさやカットする厚みにもよるが、皮が気になる場合は湯むきしてから冷やしておくとよいだろう。モッツァレラチーズは保存液に漬け込まれた状態で売られていることが多いので、調理する直前まで開封せずに冷やしておくのがおすすめだ。また、カプレーゼに欠かせないオイルドレッシングは調理前に作っておくことで、提供までの時間を最短にできる。使用するオリーブオイルもエクストラバージンオリーブオイルにすることで、雑味の少ないフレッシュな味を演出できるだろう。

3. 脱マンネリ!カプレーゼを自分好みの味や見た目にするコツを紹介

カプレーゼ用にトマトとモッツァレラチーズをカットする場合、一般的には輪切りや半月切りにすることが多い。しかし、トマトやチーズの切り方を変えると食感を変えることができる。トマトの食感を楽しみたい場合は、厚めやくし形にカットするとトマトの味をダイレクトに楽しめるだろう。また、モッツァレラチーズも同様に厚めにカットすることで歯ごたえを感じられる。ほかにも、トマトとチーズを交互に置くスタイルが定番だが、小さくカットしたトマトとちぎったモッツァレラチーズを和えるように盛り付けてもカラフルで美味しそうに仕上がるだろう。
生で食べるイメージが強いカプレーゼだが、モッツァレラチーズは焼いても美味しくいただけるチーズだ。そこで、カプレーゼを焼いて一風変わった「焼きカプレーゼ」も楽しんでもらいたい。作り方はとても単純で、できあがったカプレーゼをモッツァレラチーズが溶けるまでトースターで焼くだけだ。これだけで、少し凝った店のようなオシャレなカプレーゼに仕上がるだろう。いつものカプレーゼをワンランク上の高見え料理にする簡単テクを駆使して、自分好みのカプレーゼを見つけてもらいたい。

結論

少ない食材で簡単に作れるカプレーゼだが、使用する食材や調理過程で見た目や味が変わってくる繊細な料理だ。食材選びや下ごしらえなど作り方にひと手間加えるだけで、よりフレッシュなカプレーゼを作ることができるだろう。これまでのカプレーゼに満足していない人は、ぜひ食材選びからこだわってみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ