このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

東北では給食に登場する!?もうかさめの美味しい食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2019年9月 7日

今回は、もうかさめの食べ方について紹介したい。サメといっても食べる食材としては、なじみがないという人もいるだろう。全国のサメの水揚げ量の9割を占める気仙沼市をはじめ、宮城県の県北ではよく食べられており、学校給食のメニューとして登場することもあるという。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. もうかさめの選び方

まず、新鮮なもうかさめの選び方をレクチャーしよう。東北でスーパーの店頭に並べてあるもうかさめは、ほとんどが切り身をパック詰めした状態で販売されている。もうかさめに限らずパック詰めの魚を購入する場合のポイント1つめは、底に敷いてあるシートに血や水分が出ていないものを選ぶこと。2つめは、表面につやがあり透明感のあるものを選ぶとよい。鮮度がダウンしたものは、白く濁りがちだ。とくに新鮮なもうかさめは、刺身でも味わえるほどなので、選び方のポイントをおさえて、美味しく味わってもらいたい。

ちなみに、自分たちで調理することはないかもしれないが、もうかさめは切り身のほかに、ヒレの部分も味わうことができる。オンラインショップを調べてみると、フカヒレの姿煮として販売されている。見るからにゼラチン質で肉厚なのに、金糸は細めで繊細だ。価格はなかなか強気だが、機会があれば味わってみてはいかがだろうか。

2. もうかさめの美味しい食べ方

もうかさめの美味しい食べ方を紹介しよう。もうかさめの味の特徴は、クセがなく上品な味わいだ。食べ方は刺身・フライ・煮付け・ムニエル・煮こごりなど、いろいろな料理に向いている。おすすめの食べ方のひとつが、油でサクッと揚げたもうかさめのフライだ。外はサクッ、中はふんわりとした美味しさを楽しめる。茹で卵・玉ねぎ・マヨネーズ・塩こしょう・レモン汁・パセリで手作りのタルタルソースを作り、フライにかけて味わってもらいたい。

切り身を食べやすい大きさにカットし、しょうゆやみりんで下味を付け、片栗粉をまぶして竜田揚げにするのもおすすめの食べ方だ。カレーやスパイスをきかせた味付けにすると、アルコールのおともにピッタリである。年上の人をおもてなしするなら、もうかさめの煮付けがおすすめだ。湯通しをして丁寧にぬめりをとっておくと、独特の生臭さを消すことができるだろう。

時間がなくパパッと調理したいときは、もうかさめのステーキがおすすめだ。表面に塩こしょうをし、オリーブオイルを入れたフライパンで焼くだけでOK。好みで刻みねぎをのせると、より美味しく味わえるだろう。

3. もうかさめのアレンジ料理

最後に、もうかさめのアレンジ料理を紹介しよう。フライやソテーが定番だが、くずして食べても美味しい。たとえば、もうかさめを細かく刻んでミンチ状にし、さらに調味料を加えて丸め、つみれ汁にする調理方法だ。洋食で味わうなら、もうかさめを小さく切り、にんにくや玉ねぎ、トマト缶と合わせてソースにし、パスタにかけて食べても美味しい。

暑い日におすすめなアレンジ料理が、もうかさめを熱湯で茹でて細切りにし、きゅうりやハムと一緒に混ぜてサッパリとした味に仕上げる酢の物だ。和食や洋食のほかに、蒸し餃子などの中華料理にしても合う。もうかさめを包丁で細かく叩いてすり身状にし、調味料で味を付け餃子の皮に包んで蒸し器で蒸して完成だ。

酒のアテにおすすめなのが、白味噌・酒・みりん・砂糖を混ぜた中にもうかさめを半日ほど漬け込んでから、オーブンなどで焼く西京焼き風にアレンジした料理だ。ほかにも、メンチカツや香草焼き、カレーの具にしても美味しい。

結論

もうかさめの美味しい食べ方について紹介したが、作ってみたいと思ってもらえただろうか。多くの人がサメのことは知っているだろうが、食べられる魚だと認識している人は東北地方以外では少数だろう。もし、スーパーや魚屋で見かける機会があれば、ぜひ購入して紹介した食べ方で味わってもらいたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ