このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【さばの味噌煮】が意外なものに変身!簡単リメイク料理

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

さば料理の定番「さばの味噌煮」。濃い味付けはごはんのおともだけでなく、酒の肴にもぴったりだ。コクと旨みの詰まったさばの味噌煮はそのままでももちろん美味しいが、じつはさまざまな料理にアレンジすることができる。今回はさばの味噌煮の意外な食べ方について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. さばの味噌煮の特徴

青魚の代表ともいえるさばを味噌などの調味料で煮込むのがさばの味噌煮である。濃いめの味で煮込むことによって魚臭さが消えるため、魚料理が苦手な人でも食べやすい。
さばは数ある魚種の中でも漁獲量トップの魚で、全国各地の家庭料理によく使われる。塩さばや竜田揚げなどさまざまな調理方法があるが、なかでも味噌煮は人気の食べ方だ。
家庭で簡単に作ることのできるさばの味噌煮だが、スーパーやコンビニの惣菜やレトルト食品、缶詰でも販売されているので、料理をしない人でも手軽に食べられる。

2. さばの味噌煮の作り方

まずはさばの味噌煮の基本的な作り方を紹介しよう。難しい行程はないので、ポイントさえおさえれば簡単に作ることができる。

さばの味噌煮の作り方

  • さばの切り身の表裏両面に熱湯をかけ、霜降りする。この処理を行うことで生臭さが抑えられる。生姜を千切りにする。
  • フライパンに味噌、水、酒、砂糖、みりん、醤油を入れてひと煮立ちさせ、さばと生姜を加える。
  • 落としぶたをして中火で10分ほど煮る。
  • 落としぶたをとり、とろみがつくまで煮詰める。
煮詰めると水分が飛んで味が濃くなるので、2の段階ではやや薄く感じる程度がよい。
焦げ付きやすいので、煮詰める際は目を離さないようにしよう。

3. そのままだけじゃない!さばの味噌煮のリメイク

さばの味噌煮はそのままで食べるのがもちろん美味しいが、作りすぎた場合にはリメイクするのもよいだろう。意外なものに変身するので要チェックだ。

サラダ

濃い味のさばの味噌煮を使えば、ドレッシングいらずのサラダになる。一般的なレタスやきゅうりのサラダにほぐしたさばの味噌煮を混ぜるだけの簡単リメイク。マヨネーズをかけても美味しい。

ふりかけ・チャーハン

さばの味噌煮を汁気がなくなり、パサパサになるまで煮詰め、白ごまを和えると手作りふりかけができる。また、細かくほぐしてチャーハンの具材にしても美味しい。

グラタン

リメイク料理の定番といえばグラタンだ。さばの味噌煮も例にもれずグラタンにすることができる。コクのある味噌の旨みがホワイトソースとマッチし、深い味わいとなる。お好みでしめじや玉ねぎなどを加えてもよいだろう。

トースト

こちらもリメイクの定番。ごはんのおかずのイメージのあるさばだが、トルコには昔からさばサンドなるものがあり、パンとの相性も悪くない。食パンにほぐしたさばの味噌煮をのせ、好みでネギやマヨネーズをトッピングし、チーズをのせて焼く。

4. 糖質制限中の人におすすめなさばの味噌煮の食べ方

さばそのものに含まれる糖質の量は0.3gとごくわずかである。調味料にも砂糖などの糖質が含まれているが、多量に使うわけではないので気にしすぎる必要はないだろう。ただし、市販のレトルトや缶詰には砂糖などが多く使われている可能性もあるので、よくチェックしよう。

糖質制限中の人におすすめな食べ方

さばには良質なたんぱく質や脂質、ビタミンB2など豊富な栄養が含まれているため、積極的に摂取したい。
しかし、さばの味噌煮を食べるときにはごはんの量に注意が必要である。味が濃いためついつい白ごはんがほしくなるのだ。とはいえ、さばの味噌煮だけで食べるのもなかなか辛い。そんなときは、ごはんの量を半分にして、豆腐を副菜にしてみるとよいだろう。

結論

さばの味噌煮の作り方、食べ方について紹介した。さばの味噌煮はそのままでも美味しいが、リメイク料理も絶品。余ったときに限らず、あえて缶詰やレトルトを購入してまで作る人もいるほどだ。一見合わなさそうに思える食材とも絶妙にマッチするので、だまされたと思って、ぜひ一度試してみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ