このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

貝柱の甘みがたまらない【ホタテフライ】の気になるカロリーは?

投稿者:ライター 田口忠臣(たぐちただおみ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年9月22日

食べごたえがある大きさで、独特の甘みと食感のホタテ。生のほか、冷凍やボイルしたものも流通しており、1年を通して手に入れることができる。刺身、バター焼き、煮物などさまざまな料理に活躍する食材である。今回は、ホタテを使った料理のなかでもカロリーが気になるホタテフライについて解説しよう。

1. ホタテの基礎知識

ホタテは食用の二枚貝で、寒い海に住み日本では千葉県より北の太平洋沿岸や、能登半島以北の日本海沿岸に生息している。農林水産省の「漁業・養殖業生産統計(2017年度)によると、都道府県別の漁獲量は北海道が1位で約23万3千tで、2位の青森県が約2千tと割合では北海道が99.2%を占める。ホタテは養殖も行われており、天然のものでは北海道が圧倒的なシェアを誇るが、養殖では青森県がシェア1位である。

ホタテの場合、天然ものといっても100%天然のものは少なく、ほとんどは「地撒き方式」といって、生まれてから1年間育てた稚貝を海に放して、2~4年ほど成長させたものを漁獲したものである。

ホタテはボイルや冷凍で流通しているので、ほぼ年間を通して手にいれることができるが漁獲が行われる時期は、地撒き方式では初夏から秋、養殖の垂下方式では冬から春にかけて水揚げされることが多い。貝柱が最も美味しい時期は、甘みとして感じるグリコーゲンが一番増える産卵後の5~7月にかけてといわれており、この時期が旬となる。

2. ホタテフライのカロリーや栄養素

ホタテは、脂質が少なく低カロリーのイメージがあるが、ホタテフライとして調理した時のカロリーはどのくらいになるのだろうか。生のホタテとホタテフライ1人前のカロリーを調べてみた。

生のホタテのカロリーと栄養成分

ホタテの貝柱の部分のカロリーは、文部科学省の食品成分データベースによると可食部100gあたり88kcalである。タンパク質は16.9gで低カロリー高タンパク質の食品だ。

タンパク質以外に注目される栄養素は、タウリンと葉酸、亜鉛である。タウリンは、血液中の脂質のバランスや血圧を正常に保つ効果などが期待されている。ホタテ100g中におよそ1000mgのタウリンが含まれるようだ。葉酸は、細胞内にある核酸の合成に重要な働きをするといわれている。亜鉛は、成長に必要なミネラルであり、細胞の形成や新陳代謝にかかわり、免疫力を維持する働きなどが期待できる。

ホタテフライ1人前のカロリーは?

ホタテフライの作り方は、ボイルホタテ(または生のホタテ)の水気をきり、塩コショウをし、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて、180℃に熱した油できつね色にカラッと揚げれば完成である。カロリーは、あるレシピサイトでは、マヨネーズを使ったソースと合わせて1人前(ホタテ4個)でおよそ323kcalとなっている。

3. カロリーを抑えてホタテフライをヘルシーに食べよう

ホタテフライは、衣をつけて油で揚げるためどうしてもカロリーは高くなりがちである。カロリーが気になる人は、揚げずにホタテフライを楽しむという方法もある。調理の仕方はホタテの表面の水気をきり、マヨネーズを薄く塗り、パン粉をつけてオーブントースターで5分ほど焼く方法である。ホタテに塗ったマヨネーズがオーブントースターの熱で分離し、その油が揚げ油の代わりになるので簡単に揚げ物風のホタテフライが作れ、しかも油で揚げるよりカロリーを抑えることができる。カロリーが気になる人は、ぜひ試してほしい。

また、ホタテフライに添えるマヨネーズソースやタルタルソースはカロリーが高いので、中濃ソースやしょうゆベースのタレなどで食べるとよいだろう。

結論

ホタテ本来の甘みを楽しめるホタテフライは、子どもからお年寄りまで人気のホタテ料理だ。高タンパク質で低脂肪のホタテであるがフライにすると、ちょっとカロリーが気になるかもしれない。副菜に野菜サラダをあわせたり、ソースなどをヘルシーなものにしたり工夫して、適量を食べるように心がけよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ