このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

れんこんきんぴらに合う献立とは?何にでも合わせやすいから便利!

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

れんこんきんぴらといえば、和食の定番料理。おふくろの味として親しまれている家庭も多いだろう。れんこんは栄養豊富で、シャキシャキとした食感が魅力の野菜だ。今回は、れんこんきんぴらに合う献立や、ちょっと変わったアレンジ方法まで幅広く紹介する。見た目や栄養バランスを考えた献立を紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. れんこんきんぴらは副菜にするのがおすすめ

れんこんきんぴらは、基本的には献立の中の副菜にあたるだろう。主菜にできないわけではないが、一般的なれんこんきんぴらは野菜のみで作られているので、副菜にするのが無難だ。その場合、主菜は肉や魚などのタンパク質をたっぷりとれるものがおすすめ。シンプルに焼き魚と卵焼きでも相性がよいし、チキンソテーやポークソテーもよいだろう。牛肉も相性がよい食材の1つだ。れんこんきんぴらは「炒める」という調理法で作られているので、「焼く」「煮る」など違った調理法で作る主菜にするとバランスがよくなる。

・色のバランスをチェック

れんこんきんぴらは全体的に茶色っぽい色をしているため、主菜まで茶色一色になってしまうと色のバランスが悪くなる。卵焼きなどの黄色を添えたり、トマトソースを使って赤をプラスするとキレイにまとまるだろう。色がまとまらないときは、サラダなどを作ってトマトやパプリカなどのカラフルな野菜を飾るのがおすすめだ。

2. れんこんきんぴらに合うスープは?

れんこんきんぴらは和食なので、やはり一番おすすめなのは味噌汁だ。豆腐とわかめの味噌汁ならタンパク質やミネラルを補えるし、主菜が魚なら野菜たっぷりの豚汁もおすすめ。主菜が肉の場合は、つみれ汁などにするのもよいだろう。主菜に卵を使っていないなら、わかめと卵のスープやかきたま汁も相性がよい。
スープはできるだけ主菜や副菜と食材が被らないようにすると考えやすい。スープのバリエーションが思い浮かばないなら、自宅にある余った食材などを使ってシンプルな味噌汁にするのが一番手軽でおすすめだ。

3. れんこんきんぴらはアレンジ次第で楽しみ方いろいろ!

れんこんきんぴらを作ったけどちょっと余ってしまった、いつもとはちょっと違うれんこんきんぴらを作りたいというときはないだろうか。ここでは、変わったリメイク方法やアレンジ方法を紹介する。いつもの味に飽きてしまった人は、ぜひチャレンジしてみてほしい。

・肉を加えて主菜にする

れんこんきんぴらに牛肉を加えると、主菜としても使える料理に仕上がる。牛肉の旨みが野菜にしみ込んで美味しくなるだけでなく、ボリュームも増す。牛肉入りのれんこんきんぴらで献立を作るなら、副菜はほうれん草のお浸し、スープは味噌汁かすまし汁などがよいだろう。

・余ったれんこんきんぴらでスープ

余ったれんこんきんぴらをリメイクして、スープを作ることができる。豚肉やキノコ類など好みの食材と、水や醤油などを加えて作れば簡単に具だくさんのスープが完成する。ショウガを加えればさっぱりとした味わいになり、七味をかければまた一味違ったスープになるだろう。また、細かく刻んでハンバーグの種に加えれば、れんこんの食感がよいアクセントになる。

・パンとの相性もバツグン

れんこんきんぴらはごはんに合わせるイメージが強いが、じつはパンとの相性もバツグン。サンドイッチの具材にしたり、ピザにトッピングしたりしても美味しく食べられる。

結論

今回はれんこんきんぴらと相性のよい献立を紹介した。毎日の献立を考えるのは大変だが、同じ料理でもちょっとしたアレンジを加えるだけで味やイメージがガラッと変わる。れんこんきんぴらがごはんだけでなく、パンとも合うことに驚いた人も多いのではないだろうか。ちなみに、れんこんきんぴらを使ってパスタを作っても美味しい。ぜひ試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ