このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

チキンライスの斬新なリメイク法とは?美味しい食べ方も紹介

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年9月24日

子どもから大人まで大人気のチキンライス。チキンライスを使った料理といえばオムライスが定番中の定番だが、じつはほかにも美味しい食べ方がたくさんあるのだ。今回は、チキンライスのアレンジや、変わったリメイク方法を紹介する。オムライス以外の食べ方にも、ぜひチャレンジしてみてほしい。

1. チキンライスの特徴とは?

チキンライスは洋食だが、発祥は日本国内といわれている。最初に作られたのは鎌倉で、それが全国へと広まった。味付けの基本はケチャップだが、ソースなどを入れてコクをプラスする人も多いだろう。また、肉や野菜を炒めるときにバターやオリーブオイルを使うとちょっと違った味わいに仕上がる。チキンライスといえばオムライスの中身を想像するが、卵をのせずにそのまま食べても美味しい。チーズとの相性もよいので、粉チーズをかけて食べるのもおすすめだ。
ちなみに、チキンライスに使われるケチャップが日本でメジャーになったのは大正の終わりから昭和に入ったころ。その前はケチャップを使っていない、シンプルなチキンライスが作られていたそうだ。

2. チキンライスを作るときは肉を大きめに切る

チキンライスにはみじん切りの野菜を加えることが多いが、鶏肉は大きめに切るのがおすすめ。大きめに切ることで食べごたえがあり、肉の旨みも感じられるチキンライスに仕上がる。胸肉ならあっさりと、もも肉ならジューシーな仕上がりになるだろう。好みで使い分けて作ることができるが、やはりおすすめはもも肉。ごろごろと鶏肉の入ったチキンライスは、見栄えもよい。

3. チキンライスのさらに美味しい食べ方

微妙に残ったチキンライスの消費に困った経験はないだろうか。ここでは、チキンライスを美味しく変身させる方法をいくつか紹介する。

・ライスコロッケ

余ったチキンライスにチーズを混ぜて丸め、パン粉を付けて揚げれば美味しいライスコロッケができあがる。簡単に作れて美味しいのでおすすめだ。子どもも食べやすい味で、トマトソースやバジルソースをかければさらに味を変えることもできる。

・リゾット

コンソメスープなどで軽く煮れば、手軽なリゾットが作れる。チキンライスはもともと味がしっかり付いているので、コンソメとチーズで軽く味を調えるだけで味が決まる。ブラックペッパーをふりかければ、ちょっぴり大人の味わいに。酒を飲んだあとのシメにもおすすめだ。

4. 糖質制限中でも食べたいチキンライス

糖質制限中は炭水化物を避けがちになるが、やはり我慢しすぎるとストレスが溜まってしまう。どうしてもごはんを食べたいときは、白米ではなく発芽玄米や雑穀米を使用するのがおすすめだ。発芽玄米や雑穀米は食物繊維が多く含まれていて、白米よりも糖質がやや少ない。そのため、糖質制限中でも食べやすいのだ。玄米や雑穀米を使ってチキンライスを作れば、白米を使うよりもカロリーや糖質が少し低くなる。
また、こんにゃく米や炒った木綿豆腐などを使うのもおすすめだ。炒った木綿豆腐だけでは物足りない場合は、半分を玄米に置き換えるなどして工夫しながら好みの味を探してみよう。ケチャップも糖質が高めの調味料なので、使い過ぎには注意したい。

結論

今回はチキンライスの特徴や歴史、美味しいリメイク法などを紹介した。チキンライスはとても美味しいが、カロリーや糖質が高いのも事実。糖質制限中は避けてしまいがちな料理だが、工夫次第で美味しくてカロリーの低いチキンライスを作ることができる。また、残ったチキンライスもリメイクすれば最後まで美味しく食べられるだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ