このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

牡蠣入りオイスター炒めを美味しく作るコツ!重視すべきは食感?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2019年10月23日

オイスター炒めに使える食材はさまざまだが、定番のひとつに牡蠣がある。牡蠣を炒め物に使うというのは珍しく感じるかもしれないが、じつは美味しい料理なのだ。ただ単に炒めてもよい味が出るが、ポイントをおさえればさらに美味しく仕上げることができる。本記事では、牡蠣のオイスター炒めの味をワンランクアップするためのポイントを紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 牡蠣のオイスター炒めの味わいは、とにかく牡蠣づくし!

そもそもの話として、オイスターソースとは牡蠣のエキスを使ったソースを指す。つまり、牡蠣のオイスター炒めは、牡蠣の旨みを存分に味わう料理であるといって間違いない。そのうえ、野菜や牡蠣由来の栄養をたっぷり摂れる料理でもあり、牡蠣が好きな人には非常に嬉しい料理だろう。

2. オイスター炒めに野菜をたっぷり使って、しっかり栄養も摂りたい!

牡蠣のオイスター炒めの具材は、ひとことでいえば牡蠣と好きな野菜だ。ただ、もちろんおすすめの野菜はある。

・牡蠣と一緒に歯ごたえを楽しめる野菜

牡蠣はプリプリとした食感が魅力で、オイスター炒めの美味しさのひとつでもある。その牡蠣と合わせるのなら、同じく食感がしっかりしている野菜がおすすめだ。たとえばシャキシャキとした青菜や玉ねぎ、あるいはブロッコリーなどがよいだろう。また、しめじなどのきのこを使い、食感をより多彩にするのも面白い。火の通し方でも食感は変わってくるが、基本的には歯ごたえのあるものを選べば間違いないだろう。

・緑黄色野菜で栄養をしっかり摂りたい

牡蠣は栄養満点の食材だ。せっかく使うなら、同じく栄養豊富な野菜を合わせて、一品で幅広い栄養をしっかり摂れるような料理にしたい。たとえばにんじんやピーマン、先述のブロッコリーなどがよいだろう。緑黄色野菜は歯ごたえも強めの傾向があるため、なおさら牡蠣と相性がよさそうだ。

3. 牡蠣のプリプリ食感の鍵は、片栗粉!

牡蠣のオイスター炒めは、牡蠣と野菜を一緒に炒めるというシンプルな料理だ。しかし、重要なポイントがある。それは、牡蠣の食感をしっかりと残すことだ。牡蠣はそのまま炒めると硬くなりやすく、食感を損なってしまう。片栗粉を使ったひと手間で、牡蠣の旨みや食感がグンとアップする。

・片栗粉を使った下処理

片栗粉は、牡蠣の汚れを取るだけでなく、さらにぬめりや臭みも取ってくれる。そのうえ、仕上がりがふっくらするのだ。方法は簡単だ。ボウルに入れた牡蠣に、塩と片栗粉をまぶしたところへ水を注ぎ、やさしくかき混ぜる。汚れた水を捨て、2~3回すすぐ。キッチンペーパーで丁寧に水気を拭き取れば、完成だ。

・片栗粉をまぶして炒める

牡蠣に片栗粉をまぶしてから炒めると、水分が流出しにくくなるため、旨みを閉じ込めておくことができる。そのうえ牡蠣をプリプリの状態に保つことができる。ただし、付け過ぎるともったりとしてしまうので、注意したい。しっかりと水分を拭き取っておくことで付き過ぎを防ぐことができる。

牡蠣の食感を保つことができれば、オイスター炒めは大成功だ。牡蠣と野菜の食感や、オイスターソースの旨みを存分に楽しもう。

結論

牡蠣のオイスター炒めの最大の魅力は、牡蠣の食感であるといってもよい。合わせる具材を選ぶことにより、牡蠣との食感の組み合わせを存分に楽しむことができる。また、牡蠣を炒める前にひと手間かければ、食感と旨みも存分に楽しめる仕上がりになる。プリプリの牡蠣と、その食感に合う野菜をいろいろ試し、自分好みのオイスター炒めを探求してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ